123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-12-06 (Sat)
ミッション完了 JAXA
「はやぶさ2という本番機が航海を始め、ようやく初号機のミッションが完了した」
毎日新聞に掲載されていた、川口先生のこのお言葉を拝読しまして……

ああ、そうか、はやぶさは色々な機能(イオンエンジンとか!)を試験する実証機だったっけね………としみじみ思ったのと同時に、まさに今ミッションコンプリートだったのか…と、とても胸が熱くなりました。
おめでとうございます、本当にお疲れ様でした。はやぶさチームの方々。

はやぶさの60億キロ7年間の旅のすべてを貰ったはやぶさ2、
頭のアンテナも二つに増えて、ミネルバも3基連れて、前途洋々たる出航に成功。
これから1年間は地球のそばで、あちこち正常に動くかチェックしたり、サンプル採取に向けての練習をするそうです。


はやぶさは、飛び立つ前はMUSES-Cという名前でしたが、
はやぶさ2は、最初からHayabusa2みたいですね。
はやぶさという言葉がすでに一つのカテゴリだなんて。


はやぶさ。あなたの遺した全ての事は、着実に生きているよ。



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2014-12-05 (Fri)
LOVE
日の丸を付けたずんぐりむっくりの可愛いロケットキーホルダーの中に入っている物は、
H-2Bロケット 22号機のフェアリング部分の欠片です。本物です。

2011年1月22日に種子島宇宙センターから打ち上げられました。
ロケットブースターが4本付いている力持ちで、今現在日本で最大級。
大きなペイロードを宇宙へ届ける時の頼もしいロケットです。

大気圏を出て、宇宙空間を飛行しながら、ぱかっと開いて、
ISSへの物資を積んだ「こうのとり」2号機を送り出した後、海へ落下した物です。

それを回収して、シリアルナンバーを打ち、証明書を付けて商品にしてくれています。
ちゃんとJAXA公式です。
ネットで見つけた時は、脈拍が急上昇、速攻ポチりましたとも。(ポチっというかボチって勢いで)
もったいなくて使えません。化粧箱の中にしまってあります。


一昨日はやぶさ2達を打ち上げたH-2A 26号機のフェアリングは、
海から回収したら、種子島まで見学に行かれた方々にプレゼントなんですってね?!
その申込用紙は、現地でしか配られなかったとか…!!!!!

うぎゃああ~~~いいなぁぁぁぁぁ!!!!欲しいなぁ~~~~!!!
たくさん回収できて、一般販売もしてくれないかなぁ!!!

(私が購入したお店は「宇宙の店」さんです。
amazonではとんでもない値段になっていました…)

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございました;;;;



web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2014-12-04 (Thu)
H2A 26号機に、はやぶさ2と相乗りした3基の可愛いペイロードも、計画通りの星の海へ飛び出し、順調に働いているようで何よりです。

主役のはやぶさ2の足元に、控えめに身を寄せるペイロードの姿は、全くもって微笑ましいです。
相乗り、よろしいですか? JAXA
これは、ロケットのとんがり頭の部分を被せているところです。
はやぶさ2はもう見えなくなっていて、3基のペイロードが手前と左右奥に見えます。ちっちゃい。

手前の、太陽光パネルを畳んでいるサイコロ型は、PROCYON(プロキオン)。
東京大学&JAXA開発。
このサイズでも探査機として機能することを実証しに旅立ったそうです。
はやぶさ2とは違う天体に向かい、着陸はしないで、そばを通り過ぎながら色々な実験をするんだそうです。
凄い、こんなにミニなのに!
名前は、言わずと知れた、こいぬ座の1等星プロキオン。頑張ってほしいです~~!!!

向かって右奥にいる、多角形は 九州工業大学開発の「しんえん2」。
アマチュア無線の送信機を乗っけていて、宇宙から電波を発射するから、皆で受信しようぜ!と、
アマチュア無線マニアの方々の間で賑わっているようです。
無線は全く無知だけど『月より遠い深宇宙からの電波』を、自分の受信機で受け取れるなんてすっごいロマンだ!


そして、向かって左奥、作業の方に隠れてしまってますが、黄色い物がちらりと見えます……
多摩美術大学と東大のコラボ「ARTSAT2-DESPATCH」。
芸術衛星だそうです。そんな名前の宇宙機がいたなんてびっくり。
とにかくその形が奇抜です。クレヨンしんちゃんがコレを見たら、目をキラキラ輝かせながら「うわ~キレイなウ〇〇~!」と言うに違いない。
でもこれは彫刻作品だそうで、それが深宇宙に存在していることに意味があるようで。
で、この子もまた、宇宙から詩を電波にして送信、皆で受信して!というミッションもあるそうです。
この子は太陽電池を載せないことで、芸術度を高めることが出来たそうな。
でも、寿命が短いの。美人薄命ね。

詳細は検索してみてくだされ~。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2014-12-03 (Wed)
GO! JAXA
天候にも恵まれた今日、予定通りに打ちあがりました。
私は仕事だったので、ライブで応援できませんでした(TT)

おめでとう、H2A26!お疲れ様でした。
帰宅して何度も勇姿をTVで観たよ。
二本のロケットブースターが分離して行くのを、下から観るなんて初めてで興奮したよ。

無事に衛星たちを宇宙へ届けられて本当に良かった。
ロマンをありがとう、ロケット。大好き。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2014-09-09 (Tue)

携帯カメラで撮ってもスーパーさは残せませんね;;;
でも、今夜のこのスーパーっぷりは次回は20年後だとか。
お義母さんと娘の、女三代で眺めました。娘は「兎の耳が見える」と言ってました。

今年の夏は自然災害に日本列島が襲われました。
「全ての人に幸せな日々を」
スーパーな月だから、きっと力もスーパー。

今年は3回もスーパームーンを見ることが出来ましたが、来年からは年1回になるようです。

まだ見ていない方は、夜空を仰いで見て下さい~。


拍手、メッセージ、お立ち寄り、ありがとうございます。

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-09-19 (Thu)
中秋の名月、真ん丸になる満丸時刻は20時13分。
今夜は晴天でしたので、よく見えました!
毎年ある十五夜ですが、完全にまんまるになるのは、毎年ではないそうです。
次回の真ん丸満月は八年後ですって。
その夜も晴れて、見られると良いなぁ。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-09-16 (Mon)
9月14日(土)14時、イプシロンロケット試験機は内之浦宇宙空間観測所から見事に打ち上がりました。
20130914e.jpg
私はスポ少のお茶当番(T.T) iphoneのフリーズしがちな画面で何とかその瞬間を見届けることが出来ました。お茶当番相棒と一緒にグラウンドで。嬉しかったです。
上の発射シーンを、ロケットに付いてるカメラ目線で見ると↓
201309162.jpg

201309163.jpgこの迫力ある動画が、抜粋されて
動画サイトにありました。
ほんの数分です。
http://youtu.be/Zz-jZFILLrI


イプシロンは空を駆け抜けること1時間1分39秒、託されていた人工衛星を、約束した軌道へ届けました。


その48分後、衛星SPRINT-A の翼・太陽電池パドル(SAP)が正常に開かれた事が受信データで確認できると、いよいよ一人前の衛星として『ひさき』と命名されました。


名前の由来(JAXA公式発表)
①内之浦の地名である「火崎」(津代半島の先端部の岬)
★内之浦で最初に朝日が当たる場所であり、内之浦の新しい夜明けの象徴
★内之浦の漁師が漁の安全を祈願する場所であり、
               内之浦を旅立つ船の安全な航行の象徴
★突端であり、衛星形状のイメージとも合致

②観測対象が、太陽(ひ)の先(さき)

「ひ」の先ときいて「“ふ”か」と言うようなアホはうちの夫(怒)



「ひさき」は、宇宙望遠鏡だそうです!
両隣の金星や火星、ちょっと遠くの木星などを、地球を回りながら遠隔観測する人工衛星だそうですよ。
s_a1.jpg






















この直立不動の姿勢でイプシロンの頭に乗ってました。
両脇には翼が畳まれていて可愛いですね! それが宇宙空間で
展開すると、
s_a2.jpg
惑星分光観測衛星『ひさき』の誕生です。
任務は一年間(設計寿命)、来年には大仕事が待ってます。

頑張ってね、ひさき!

そしてイプシロン1号機…今は海の中、どうぞ安らかに。お疲れ様。

全画像JAXAより

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(1) | TB(0) |
2013-09-13 (Fri)
某2199で、雪がさらわれて、立場とか責任とかで動けなかった古代君が「自分にできることをするしかない、それは君を守ることだ」とやっと吹っ切れて、救出に向かう愛機コスモゼロのコクピットで「飛べ!ゼロ!」と言ったシーンがとっても素敵だったもんですから引用。説明長っ。

イプシロンの打ち上げが決まりました。明日、14日土曜日、時刻は前回と同じ13:45。
んが!私はスポ少野球の試合のお茶当番で、パブリックビューイングどころか、PCにかじりつくこともできません!!!うまいこといけたら、iphoneで動画を…難しいけど……

応援の気持ちを込めて、前回、地球観測センターで頂いてきた、イプシロンのペーパークラフトを作成。



曲面なので、あんがい糊付けが難しかったです。やっと完成。
我が家に新型ロケットが3機も!豪華~~~☆

201309132.jpg

 向かって左から わたし 次男  娘。
次男のは姿勢が目視で分かるほど傾いている!これでは打ち上がらん!
手前の赤い筒が、ま、赤ですから、発射炎だそうです。炎の筒を、本体底部のノズルに突っ込んで、イプシロンへの応援の気持ちを乗せて思い切り吹きます!

201309033.jpg

iphone、連写機能ないもんで、飛んだ瞬間は撮れませんでしたorz
明日もこんな風に、真っ青な空へ飛んでいくんだもんね!
頑張ってね、イプシロン! 任務達成の時がお別れの時で切ないけれど、それでもしっかり応援してるよ!


そして…関東地方は、いえ、埼玉県は……私のいるところは、曇りでありますように…。
もう日差しはいらな~い;;; 真っ黒だよ、シミだらけだよ~~~(><)

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(5) | TB(0) |
2013-09-03 (Tue)

8月27日は、真っ青な夏空で本当に最高の打ち上げ日和でした。
私は、実母とチビどもを連れて、隣町の地球観測センターのパブリックビューイングで打ち上げを観ようと、お弁当持参でるんるん出かけました。
見慣れたH-2の打ち上げだと、10秒前にはものすごい炎がお尻から出て、白煙もブワ~ッと出るのですが、イプシロンはし~んとしてて「まぁ、新型は静かなのね…?」と見てました。この時すでに、自動停止していたんですね。
「ドキドキする!」と言って、私の手を握りながらカウントしていた次男が、ゼロ!と言っても不動のイプシロンを見て、きょとんと私を振り返りました。



8月30日のJAXA公式発表によりますと……

地上の「ロケットを見張る監視装置」は、いろいろな数値を厳しく設定。

で、今回、何がひっかかかってしまったかと言うと、

<ロケット側>自分の姿勢の計算開始時刻 より

<地上の監視装置側>データを受ける時刻 の設定が早かった。

その差0.07秒。

でも監視装置はその0.07秒の間に「ロケットからデータが来ないぞ? 異常発生だ!」と判断、「自動停止!」実施。という事らしいのです。



というわけで、原因は二つ、

①【異常データ→即座に自動停止】を厳しく設定していた。

②【ロケット→地上】の、時間のズレに配慮できていなかった。

さて、①に関しては、見事に合格ですよね!素晴らしいです!
なので、今後は②を修正すれば良いのです。




ただ、タイミングがとても残念でした。
夏休み、せっかく集まった大勢の子供たちに打ち上げを見せてあげたかった。
ロケットの爆音や白煙や地響きや、それらから受け取るはずだった様々な感動を味わわせてあげたかった。
「ロケットが打ち上がる」、非日常的な光景を、ドーンと見せてあげたかった。

初めての時には色々ある。大人は分る。待てる。

宇宙開発の未来を背負う子供たちに、見せてあげたかったなぁ…、しかし!
しかし子らよ、宇宙開発とは、こーゆーものなのだ!

頑張ってJAXA!応援してます!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-08-05 (Mon)
ブログ内に、大好きなロケットの、打ち上げカウントダウンを設けました。

昨日の明け方、日本で最大のロケット・H-2Bの4号機が、国際宇宙ステーションへ補給船「こうのとり」を送り出すべく、種子島宇宙センターから打ち上がりました。
午前4時48分46秒。ごめん、起きれなかった…;;;
(前々日、スポ少の夏レクで一日動いてね、前日は浅草とスカイツリー見学に参加してきたもんだから、もうぐったりだったのよ;;;)

さて、私的・胸熱くなるシーンをご紹介します!
地上にいる最初から燃焼して、ロケットを持ち上げて、
打ち上がってから、二分で命を完全燃焼する、4本のロケットブースターです。
ロケット本体を高みへ到達させると、遥か彼方の海上へダイブするみたいに剥がれて行く。
役目は終わった、あとは頑張れよ、お先に……。みたいな…?(泣)

ロケット本体に付いているカメラより…
h2b4_srba_1.jpg SRB燃焼終了

h2b4_srba_2.jpg 第1ペアが分離開始

h2b4_srba_3.jpg 見えないが対角のSRBも分離

h2b4_srba_4.jpg

h2b4_srba_5.jpg 第2ペアも分離開始

h2b4_srba_6.jpg

地上からのカメラより…
h2b4_srba_7.jpg

h2b4_srba_8.jpg 第1ペアの分離の炎

h2b4_srba_9.jpg 中央では第2ペアの分離開始

h2b4_srba_10.jpg 離れて行く第1ペア

h2b4_srba_11.jpg 第2ペアも分離
画像はすべてJAXAより。今回の特設サイト「FUN!FUN!JAXA!」

お疲れ様、H-2B 4号機。ロケットチーム、打ち上げ成功、おめでとうございます。

次は、今月22日、新型ロケット・イプシロンの初登場です!午後1時なので観やすいです!
都合がつけば、地球観測センターで観たいと思っています!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-07-10 (Wed)

はやぶさ2に名前を乗せて、一緒に冒険の旅へ行こうよ! っていう無料キャンペーンです。

来年、はやぶさ2が、新たな小惑星探査の旅に出ます。

小惑星に降りる際に、着地の目印として投下する10cm大の↓ボール『ターゲットマーカー』
hauaybusa2tm.jpg
はやぶさ2が大事に↑抱えて行くこのボールの中に、たくさんの方々と一緒に自分の名前も書いてあるシートを入れてくれるんです!
ボールは、はやぶさ2が地球へ帰った後も、小惑星の表面にずっといます。
宇宙に浮かぶ小惑星に思いを馳せる時、そこに自分の名前もいるんだな…というロマンを味わえます。
実際に、今もイトカワ表面には、はやぶさの投下したターゲットマーカーがいます。


もう一つは、小惑星から採取したサンプルを入れて地球へ届けるカプセル。
hayabusa2rec.jpg
カプセルには、名前の他に、応援メッセージやイラストなども預ける事ができます。もちろん名前だけでも!
これらのデータをメモリチップに埋め込み、カプセルに搭載するので、長期間(予定:6年程)宇宙放射線などにさらされるため、記録したデータに欠損等が生じる可能性があるそうです。
でも、無事に帰った暁には、各地を展示して回るであろうカプセルに、一緒に宇宙を旅した自分の名前が乗ってるんだ!…という誇らしい気持ちを味わえます。


どれでも無料です。両方でも申し込めます。締切は7月16日火曜日です。
お一人さま、五名まで一度に申し込めます。ぜひ、家族中で!
リンクを一番上の画像に貼りましたので、詳しい事はサイトでお確かめ下さい。


ちなみに…はやぶさ2の活動に寄付をすると、手続きなしでターゲットマーカーとカプセル両方に名前が乗ります。私はそちら経由で申し込み済みになっていたので、夫や子供たちの名前を改めて申し込みました。


ああ、この記事を七夕の夜にUPすれば素敵だったわね;;;

ではでは…
拙いヤマト2199絵に拍手いっぱいありがとうございます~、てへへ。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-03-21 (Thu)
元気です。息抜きに自慢します。シャーペンです。

上から これから活躍予定の新型ロケット「イプシロン」
<小型でお安い期待の新人です>

真ん中 一番大型・ロケットブースター4本の力持ち「H-ⅡB」
<大きな「こうのとり」も飛ばす、主力ロケット。*RBSが2本なのはH-ⅡAです>

下のが 今は引退・小型で重宝していた「M-V」
<はるか、のぞみ、はやぶさ、すざく、あかり、ひのでを飛ばしました。飛ばす衛星に合わせてオーダーメイドしたM-Vは、小型だけれど割高でした…>

M-Vシリーズが後継機の確立のないまま引退させられ、
「そんな大きくなくていいの、小さくて安いので」という打ち上げが出来なくなっていたそうですが、新型イプシロンで問題解消、打ち上げもバンバン活気づいてくれるでしょう!


更新がないのは、原稿で潜ってるんだと思って、温かく見守っていて下さいね(TT)
明日も(あ、もう今日だ)仕事だぜ!くぅ~~~!

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★




web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-03-05 (Tue)
アメリカの民間企業スペースX社のロケット。ファルコン9ロケット。
falcon9.jpg
はやぶさを飛ばしたM-Vロケットと同じくロケットブースターのないシルエットは、シンプルでスマートね。
純白もいいけど、でもやっぱり紅白カラーのM-Vの方が、ダントツ可愛い。


ファルコン9の名前の由来はスター・ウオーズに登場する『ミレニアム・ファルコン号』。
ハン・ソロの愛機っすよ。イオンエンジンでカッ飛ぶ<銀河系最速のガラクタ>。
きっと、スター・ウオーズに夢中になった世代がすでにX社の社員たちで、
俺達のロケットにはこれしかないぜ!ってなノリで会議したに違いないのよ。
で、本当に名前にしちゃうのが、アメリカの良いところよね!(民間だけど)

さて、そのファルコン9が先日、飛ばしたのがこちら、国際宇宙ステーションへの補給船ドラゴンです。

このドラゴン、すでにファルコン9ロケットの頭部だったんです!
包まれたりしてなくて、むき出し! ひょ~~~びっくり。
さらに日本の補給船・こうのとりと違うのは、翼があるところ。衛星みたいね。

この翼が広がらないとか、いろいろ不具合があって心配されてましたが、克服、一日遅れで無事にISSへドッキングしたそうです。今月いっぱい、くっついてるそうですよ。


ドラゴンの凄いところは、使い捨てではないところです! 耐熱問題、クリアしてるのね。
実験結果とか色々持ち帰るそうです。
アイスのピノみたいな形の部分が海に落ちて、回収するんだって。
他にも、出来るだけ再利用の物を使って、コストを下げているそうです。さすが民間。

こうのとりもいつか必ず、往復機に……! 頑張って JAXA!



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2013-02-19 (Tue)



日曜日のツイッタで呟いた、
というか叫んだ、
空の天辺に浮かんだ虹です。
雨が降ったわけでもないのに、
突如現れた虹。

こんな状態の虹を見たのは、
生まれて初めてでした。


この写真は
ツイッタにもUPしてますが、
もう一枚、
消えそうですが撮りましたので
UPしておきます。

強風に雲も引きちぎられて流れていく。この強風で、神様が遊んでいたブーメランが、流れて来ちゃった、とか。
20130217_nizi2.jpg
幻想的☆ 寒い中、お茶当番したご褒美ってことで。うふ (*´ω`*)

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
拍手レス、畳みました。

>> ReadMore
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(3) | TB(0) |
2013-02-17 (Sun)

ぐっふふふ。可愛いでしょう? 通販で見つけてしまいまして。ちょっと太目ですがご愛嬌。手触りGOOD。なでなでしたり抱っこしたりしています♪

14日の木曜日、ここを覗きに来て下さった方がとても多かったので、いらしたお目当ては何だったのだろう…この日は何があった日だっけ?と考え、思い当たったのは「あかつき&イカロス・宇宙へ出て1000日目」。……違うかな?
検索キーワード解析とかできないので「お祝い記事ではしゃいでるかと寄って下さったのかな」なんて思ったりしてみます。

ええと、この日はバレンタインで、朝から仕事中から帰宅してから夜中までずーっとバレンタインがらみで忙しく、ツイッタも出来ず見られず、彼らのつぶやきも見ずにいたので、1000日目なんてすごい日だったとは知らずにいました。

彼らは上の写真のロケットH-2A の17号機に一緒に乗って出発した、仲良し組。
あかつきは金星に会いに、イカロスは特殊な翼↓太陽帆の実験に。
ikaros_0217.jpg
ギリシャ神話に出てくるイカロスは、人間でありながら鳥の翼を集めて背につけ、空を飛んだ少年です。
父親の忠告を忘れ、調子に乗って高く飛び過ぎ、太陽の熱で翼の溶接が溶け、海に落下してしまいます。
悲劇というか、お馬鹿さんというか。

でも、JAXA のイカロスはお利口です。
名前の由来は「太陽熱で加速して進む宇宙ヨット(惑星間凧)」。

Interplanetary Kite-craft Accelerated by Radiation Of the Sun = IKAROS
(  惑星間        加速された      太陽の放射   )

彼の実験はとっくに完遂、今は太陽の熱が十分に届かなくて、去年の秋から想定内の冬眠中だそうです。

あかつきは、毎日地上と会話して、出された宿題もこなして元気です。

余談ですが、先日は、はやぶさ2の予算が大幅アップの嬉しいニュースがありました。
打ち上げ予定は来年!

ますます活気付いて頂きたい、JAXAです。
そしてやっぱりロケットが好きだ~~~~!



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆






web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-10-21 (Sun)
せっかく、ふらっと行ける距離に住んでいるのだから、と、JAXA地球観測センターagain!
10月初めに大々的なイベントがあった(行けなかった;)ばかりなのと、閉館間近に入ったため、ほぼ貸し切り!
人がたくさんいた前回は、床にこんな写真があったとは気付けなかった。
20121021daichitizu.jpg
地球を見守る仕事の「だいち」が撮った写真をつなげて。なんと埼玉県の1/4はあったんじゃないの?ってほど。
自宅を捜索中。点でしたがしっかり映ってました!すげーよ、だいち!
daiti_j.jpg
↑だいち:2006年1月24日~2011年5月12日・設計寿命3年を大きく超えて活躍。
最後は関東・東北大震災の写真を一生懸命残してから眠りにつきました。
 
床の写真はそんな彼が、地上690kmの宇宙から2009年3月23日に撮ってくれたもの。
じ~ん……。


前回行けなかったアンテナの足もと!敷地内にある第3受信アンテナ。直径11.5m。
20121021b.jpg
お皿が横向きから上向きに動いたのを弟は見ていたそうな!マジか!
なぜお姉ちゃんを呼んでくれなかったの!!!結局そのあとは動かず(T-T)
このパラボラアンテナは「みどり(ADEOS)」の打ち上げに合わせて1994年に設置、「ADEOS(アディオス)アンテナ」とも呼ばれているそうです。
midori2.jpg
環境観測技術衛星
「みどりII」(ADEOS-II)

地球観測プラットフォーム技術衛星
「みどり」(ADEOS)の後継機。

姉によく似た妹機。

みどり&みどりⅡとも亡き今、誰からのデータを受けているの?
来春のイベントで訊いてみようと思います。絶対に行くぜ!


えと、私と姪と娘です。この施設最大の第4受信アンテナ。直径13m。
「だいち」→「こだま」→このアンテナ。
だいち亡き今、こだまはISSの他には誰のデータを送って来ているのかしら?やはり今度訊いてみよう。
kodama.jpg
こだま:先月10日に、
打ち上げられて10年経った
「データ中継技術衛星」。

受け取ったデータを
そのまま地上へ送る彼女の名前、
ぴったりよね、こだま。




空いていると、じっくり気の済むまで見て回れて、本当に楽しいです。
ツイッタでイベントや中継の情報が入って来るので便利ですが、参加できないと悶絶。
あちこちの施設でいろんなイベントやってるんだよ。ぐふふ。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-07-22 (Sun)
超微笑ましい! ロケット最先端の「フェアリング分離」の想像図です。
@JAXA
打ちあがって、3分40秒経った頃だそうです。ペイロード丸見えです。
今回のペイロードは HTV3号機。

国際宇宙ステーション『ISS』へ、食料から実験機械に至るまでを届ける『こうのとり』。
上の絵とは上下が逆になってますが…。
htv_zukai400.jpg @JAXA
どのくらいの大きさかと申しますと、これほどです。筑波宇宙センターにて♪
htv.jpg

htv3_logo_l.jpg


 ロケットから巣立ったこうのとりは、
 自動的にNASAのデータ中継衛星と通信を開始。
 約3日間かけてISSへ近づいて、
 ISSと直接通信も開始して
 下方10mまで近づいたところで、
 ISSのロボットアームに捕まえて貰います。

 この接近技術は、今から10年前に、
 技術試験衛星「きく7号」の
 「織姫」と「彦星」が実験してくれた
 宇宙ランデブーの技術。

ISSでロボットアームがあるのは、日本の実験棟「きぼう」だけなんだぜい!
ISSにドッキング予定は28日の土曜日になるらしいです。
星出宇宙飛行士もきっと操作するロボットアーム、頑張れ!

今回、放出実験する小型衛星を5個もお届けしていますし、こうのとりの帰路でも、実施予定の実験がありますので、そこら辺をまた後日、しつこくUPします。  



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-07-21 (Sat)
一週間、仕事びっちりのへとへとで更新できませんでしたが、生きてます。
さて、なんだか宇宙日記みたいになってますが、たまたまです。
今日、11時6分、種子島宇宙センターから無事に打ち上がりました。
h2b3.jpg
日本の所有するロケットの中で
一番大きいH-ⅡBです。
今回のペイロード(搭載物)、
補給船「こうのとり」は
大きくて重たいので、
この子じゃないと
飛べなかったんだそうです。
力持ちなんですね~!

今回はロケットも補給船も3号機。

このロケット3号機、
2号機に引き続き
丁度この左部分、
第2段エンジンのある機体を
太平洋上に
制御落下させる実験を
担っていましたが、
それも無事に成功させたそうです。

この子は大きいので、
重いし加速も悪く、
つまりは飛行高度も低いという事で、
地球を周回する軌道に乗るのに必要な
秒速7.9km(第一宇宙速度)には届かず、
その手前の秒速7.7kmで、
「ここまでが限界だ!
あとは自力で昇ってくれ!」と
先端の衛星部分を切り離します。

で、自分は、速度不足のため、
地上に向かって落下し始めます。
その後、定められたポイントで
逆噴射をかけたりして
安全なポイントへ落下します。
太平洋だよ。今はもう海の中。
偉かったね。


その他に架せられた実験は電子機器のお試しです。
H-IIBロケットに搭載されているアビオニクス(電子機器)は設計が古くなってしまい、
使用部品も枯渇したため、今も手に入る部品を代用して同等の性能を持つ機器を改めて開発、
それが今回、搭載されているそうです。「ある物で補う。」エコだよね?

もう一つは、打ち上げる時にしていた極低温環境下での確認をやめたらしいの。しなくても大丈夫じゃんってデータが揃ったとかで。これを止めて、約7億円のコスト減になったそうですぜ。ますますエコ。

今日の種子島はあいにくのお天気。飛び立ったロケットもすぐ見えなくなってしまった。

hasshadai.jpg
ロケットを飛び立たせる大役を果たし終えた発射台は、あの炎をまともに受けたため、焦げて黒ずむほど。
一生懸命冷やします。次のために。ああ、凛々しい発射台。かっこいいぜ。

H-ⅡB3の飛行計画ざんす。こうのとり分離まで。
h2b3_fs.jpg
ロケットブースターがたったの2分の寿命とは!!!!
(改めてその太く短い立派な人生を思う。涙。)
それだけ最初に力が必要ってことですね。あの巨体が浮いて、更には上昇するんだもんねぇ。
15分も経てば、こうのとりも自力で進み出すんですね。

今回もライブを観られて幸せでした♪
しかし、いつか、打ち上げのその場で見たいです。
こうのとりの事を明日またしつこくUPします。
*写真・イラストともにJAXA提供物です。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★



web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-07-15 (Sun)
無事に打ちあがりました。
打ち上げ前からライブを観ながら、これを書いていたのに、
まあ、雑事が押し寄せて、UPは夕方になったしまいました。
マヌケ感は否めませんが、このままUPします;;




いよいよ星出宇宙飛行士がソユーズでISSへ向かいますね!

飛行士達が乗り込んだ宇宙船・ソユーズTMA-05M(31S)を、ソユーズ-FGロケットが宇宙へ連れて行きます。同じ名前なんですね。
でも、ロシアのロケットなんだから、ちゃんとロシア語でサユース(Союз)と呼んであげたい。と思うのは私だけ?
意味は「団結・結合」だそうです。他に「同盟・連邦・組合」という意味も。
先日、ニュースで披露されたロケットの足の裏、たくさんの赤い噴射口が可愛かったですね!
ソユーズ足裏ニコ動より


ロケットブースターのとんがり具合が『ロシア』って感じがします。
soyuz.gif
この絵はエンジン部分だけです。宇宙船部分はさらにこの上にくっつきます。 
打ち上げの最初は、第1段の4本のとんがりロケットブースターと真ん中の第2段が一緒に頑張ります。
約2分間 燃焼し切った4本が、本体から分離されて使命を終わります。
第2段だけの踏ん張りが、このあと約3分半続いて、
第3段が燃焼開始すると、第2段はようやく使命を終えて切り離されます。
この間に、緊急脱出用ロケットがもう不要と判断されて捨てられるそうです。
あ、打ち上げ5分前になったので、ライブ鑑賞します!!!

*******************

無事に軌道に乗りました!おめでとうございます~!
ロケットの中の三人の宇宙飛行士、とても上昇しているロケットの中にいるとは思えない静かな状態でしたね!
ちっとも体が揺れてない!!!!すっごーーーーい!
思えば、スペースシャトルじゃない有人打ち上げを見たのは、初めてだ。
宇宙服も、見慣れたNASAのじゃないのも新鮮だった。
しょせん私もにわかファンなんだな、てへぺろ。


soyuz2.jpg
快晴の昼間の打ち上げだったので、
いつまでも勇姿が見られました!
なんてきれいな光でしょう!
H-ⅡA 達とは違って、
煙がもくもくしないんですねぇ。
どちらも燃料は液体だしね…
どこがどう違うからなのか
私にはさっぱり分かりませんが…。
(7/21追記 ロケットブースターのみ
H-ⅡA は固体燃料でした;)


soyuzU.jpg


ちなみにこれは
2009年10月15日に打ち上げられた 
ソユーズUロケットによる、補給船
プログレスM-03M(35P)の打ち上げ。
快晴の夜だと更にこんなに
輝きがはっきりしてて美しい!!!!

soyuz3.jpg

さて、今日のソユーズさん。
いよいよ雲に突入です!

soyuz4.jpg

その瞬間は、
ひときわカッと煌めいたよ!

soyuz5.jpg
黒っぽい箇所は、
まさにソユーズロケットが
雲に開けた穴です。
ここから入ったんですね!
暫くは、雲の中を上昇する
光だけが透けて見えてたけど


soyuz6.jpg
とうとうそれすら見えないほど、
上昇して行ってしまいました。
ロケットに突っ切られた雲が
もやもやと薄くなってますね。
本当にあそこから行ったんだ…!
って説得力あります。


無重力検出マスコット(女の子だった)が、無重力でふわりとなる瞬間を心待ちにしていたのに、その瞬間は画像が乱れ、復活したらすでに書類が浮いていて、マスコットはいなかった…
いや~ん、見たかったのに~~~しくしく。

何はともあれ、すらりと美しいソユーズロケット、お疲れ様でした。



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆



web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-21 (Mon)
厚紙にキリでぶっすりと丸く開けた穴を通した日食の木漏れ日。

2012年5月21日 AM 7:31 日食は金環日食になる二分前。
三日月みたいな形だなんて不思議。

そして金環日食後の AM 7:38 太陽は先ほどとは反対側が太り始め…
20120521komorebi2.jpg
するとやっぱり、光も反対向きになるのね。

埼玉県の北部で日食を向かえた我が家は、雲がかかって焦った時もありましたが、
金環のあいだはずっと晴れていて、見事なゴールドリングを拝めました。
ああ、空に浮かんだ金ピカのリング!キレイでした。
金環の時は、いよいよ室内が薄暗くなって、まるで夕方のようになりました!
それでも真っ暗にはならなかったので「あんなに細い金の環になってしまったのに、まだまだこんなに明るいなんて、太陽の光は強いんだなぁ!」と感心しました。

窓から見上げたり、庭に出てみたり、ジーバーも連れ出したりと、ドタバタ賑やかに金環日食を体験しました。
夫も通勤途中で停車して、同じような車達と並んで金環日食を無事に観れたようで、良かったね。


しか~し、先日、しずくの打ち上げでは難なく観れていたネット配信、今日の金環日食はアクセス集中で結局私は負けてしまい、観れませんでした。
ま。本物観たからいいんだけどさ。
しずくの打ち上げも、コレぐらい世間の関心あればなぁ…。と、ちょっといじけたりして。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆






web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-20 (Sun)

日食グラスが品薄のようですが、小学校でたったの100円でしっかりした物(写真:オレンジ枠と青枠)を斡旋してくれたのでゲット、その前に長男の眼鏡を作ったら粗品で紙枠ですがとりあえずゲットしてましたので、我が家は準備万端。
明日は私は普通に仕事なのに、チビどもは運動会の振り替え休日で休みなので、学童へ預けます。
ので弁当が子供各一つずつ必要!こんな日に限って!
もう、適当に作って日食を鑑賞するのだ!
幸い、クライマックスはばっちり家にいる時間なので堪能できそうです♪
晴れてればね!
晴れてよね!!!
せめてその数分だけは、雲よ、切れて~~~~!

日食中に地面に落ちた木漏れ日を見ると、面白い形をしてるそうですよ。
んで、それを「写真に撮って送ろう」みたいな企画がJAXAのサイト内にありますので、
よろしかったらご参加を。詳しくは↓
みんなで木漏れ日を撮ろうキャンペーン

他にも、いろんなところがライブ中継をしてくれるようなので、もし曇ってどうしても無理なときは、それらで気分を満たすのも良いかと思います。

金環日食の観られるゾーンの皆さん、せっかくなので観ちゃおうぜい!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-18 (Fri)
抱えて来た衛星たちを、いよいよ宇宙へ送り出す瞬間の映像をご覧下さい!
カメラマンは、力を出し切って役目を終える瞬間のロケットです。切ない (TT)

順番通りに。
まず、役目を終えたロケットブースターが、本体から剥がれて落下して行く映像。



ロケットの頭から出て来る韓国の多目的衛星KOMPSAT3 アリラン3号



第一期水循環変動観測衛星しずく!

しずくの大事な仕事道具・高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)が正常に展開されたそうです!
amsr2.jpg
この丸い皿で水の観測を絶え間なくしてくれるんだね!


下部フェアリングに腰掛のように乗っていたSDS-4



九州工業大学の衛星 鳳龍弐号 
その、ひよひよとした飛び方に、思わず微笑んでしまいました、ちゃんと軌道へ辿り着けるの??と。(もちろん何の異常もありませんが)



大成功でしたね、打ち上げ。
さて、私は明日は小学校の運動会ざんす。
PTA役員なので7時半集合です。その前に弁当作っておかなくちゃなので、起床はいつもよりめちゃめちゃ早いです。くうう、日焼けに気をつけねば…!!!
でも、パラソルもテーブルセットも禁止なんだよ。固いよ、学校~;;;くっそ~~~;;;


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます!







web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-18 (Fri)
いよいよ、10分ちょっとになりましたが、今、ごろごろと雷すごいのよ~~~。
でも、種子島は晴天ということで、良かったです。

ライブ中継も始まりましたが、暗闇の中に浮かび上がるように立つH-ⅡA-21が凛々しいです。

ああ、とうとうカウントダウンに音声が切り替わりました。
打ち上げ実行に向かって、あらゆる事が始まり出したんだね!今、1:32です。

いつか、打ち上げを見学に行きたいな~~~~、遠いけど行きたいな~~~。

1:35 「全システムの電源が外部から内部に切り替わりました」と言われてもようわからん。

1:38  リフトオフ1分前!!!

1:39 「ウォーターカーテン散水開始、メインエンジンスタート、SRBへ点火、リフトオフ!!!」
     H-ⅡA頑張って! しずく行ってらっしゃーい!

1:40 「ロケットは正常に飛行中です」 

1:41 「SRB燃焼終了、分離」
     うわ~~~ん、ありがとう~~~ロケットブースター!!!
    「すでにロケットは宇宙空間に達しています」
      おおお~。

1:43 「上部衛星フェアリング分離」
     韓国衛星が入ってる部分ですな。
     ああ、ロケットブースターの分離画像が!!!お疲れ様ね、本当に本当にお疲れ様。
     あなたのパワーのおかげだよ、ありがとう!

1:46 「第2段エンジン燃焼開始」
     第1段エンジン、お疲れ様~

1:54 「第2段エンジン燃焼停止」
     ああ、お疲れ様~~

1:55  韓国の多目的衛星「KOMPSAT-3」分離確認。
     良かったっす、お客様の衛星、無事に宇宙へお届けできました。
     またのご利用をお待ちしています!活気付いてほしいです、日本の宇宙開発。


これはね、ロケットに描かれていたしずくプロジェクトのマーク。
sizuku_m1.jpg
“子供から大人まで、誰からも愛される衛星に”との願いからひらがな明記。
毛書体=“日本の人工衛星”であることを強調。
背景のグラデーションは観測対象である“水の循環”を表現。

さらにこちらはミッションマーク。
sizuku_p1.gif
雨・海・氷山。水の七変化。

地表や海面から立ち上るマイクロ波をしずくのアンテナが捉えて、
雨が降っている場所と雨量・海面水温・空気中の水蒸気量・土壌水分 などが測定でき、
ぶっちゃけ、砂漠は広がっていないか、北極海の氷が減っていないか、台風はどこへ行くか、魚がどの辺にいるのかまで!わかるという、宇宙から地球を健康診断するのが仕事だそうです。
彼は高度700キロ(東京-函館と同じ)上空で、地球を100分で一周しながら、これから5年以上、無休で観測します。
……、そう、どうやらしずくは男の子らしいんだよね。
しずくなんて可愛い名前だから女の子だと思ってたのに;(超個人的ワガママ)


2:02 おおお!司令棟で拍手が!「下部衛星フェアリング分離・しずく分離確認」だって!
     良かった……おめでとうしずく、これから頑張ってね。

この後、12分にSDS-4が、29分に鳳龍弐号が分離予定なんだけど、ライブ中継は終わってしまった;
明日、JAXAのサイトで確認する事にして、私も寝ようっと。

立派だったな、H-ⅡA-21……。そして、着実に飛ばすJAXA、誇らしいよ、本当に素晴らしいよ。
あ、もうSDS-4、宇宙に飛び出したかなぁ…。

ではでは、おやすみなさい~~~。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆


 
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-17 (Thu)

地球の水を見張る衛星「しずく」の打ち上げ、二時間を切りました!
今頃、H-ⅡA21号機の中で、その時を待ってるのでしょうね。

今回、相乗りで宇宙へ行く衛星が3機もいます。
注文を受けて飛ばす事になった↓韓国の「KOMPSAT-3」と、
kompsat3.jpg

JAXAの小型実証衛星↓「SDS-4」と、九州工業大学の↓「鳳龍弐号」。
overview_co-payload-1.jpg
ロケットの頭に賑やかに乗り込んでるようです。
overview_fairing_j.jpg

楽しそうですな。全体から見たらこの部分です↓
overview_h2af21_j.jpg
ああ、ついうっとりとH-ⅡAに見とれてしまった;;;えへへ。

打ち上げライブ、1時半ごろからあちこちで流しますので、起きてたら応援しようぜ~!

ツイッタじゃないけど、ライブで記事書いてUPするよ^^



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪




web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-06 (Sun)
こうして楽しませて頂いて来た地名での災害報道に驚きました。
今日、お昼に起きた竜巻や突風で被害に合われた方々、心よりお悔やみ申し上げます。




宇宙センターでゲットしてきた宝物を 自慢 ご紹介します。

JAXA 日本の歴代ロケット マグカップ
rm_b.jpg
まず、これですね! 見つけた時はとっても嬉しかったです!宝物です。裏表。


tshatu.jpg uchumo.jpg
胸にH-ⅡAをデザインされたTシャツ!キュート!
右は「宇宙を旅した藻で作ったキャンディ」です。
「宇宙を旅した藻が1粒に1億2千万個」とあります。天文学的数字です。
「2006年に国際宇宙ステーションで10日間を過ごしたイシクラゲを種株とする原料を使用」して、「岐阜の老舗飴屋さんに作って頂いた」そうです。アセロラ味。地球をイメージした青いソーダキャンディ1粒入り。
10日間も宇宙にいたなんて、羨ましいぞ、イシクラゲ!


akatuki_s.jpg h2a_s.jpg
あかつきが中で動きます。金星の周りを飛んでいるみたいで可愛いの。
右のH-ⅡAペアストラップ、ロケットがピンクに見えますが、光の加減です、シルバーです。


そして、これは下敷き。JAXAの星たち。
jaxanohosi.jpg
日本が打ち上げて来た衛星達(スター)が、打ち上げ順に並んでます!
コードネームも記されているので、系図も一目瞭然で便利です。
のぞみとはやぶさは運用時期も重なってるし形も良く似てるので、つい姉弟と言いがちだけど(私は;)、
のぞみは「PLANET」なので、兄ちゃんは「ハレー彗星探査機すいせい」で、弟は「金星探査機あかつき」。
はやぶさは「MUSES」なので、兄ちゃんは「工学実験衛星ひてん」、姉ちゃんは「電波天文衛星はるか」。


この下敷きの最後の衛星は右下、「第一期水循環変動観測衛星しずく」です!
shizuku.jpg sizuku_j.jpgJAXA
↑確か1/4スケールだった。太陽光電池パネルも畳まれてます。広げるとこんな感じ↑。
今月18日午前1時39分頃に、H-ⅡAロケット21号機で打ち上げ予定です!
打ち上げ成功を祈ろうぜ~!


前の長文レポート記事にも拍手を頂きまして、本当にありがとうございます。
同じ宇宙スキーの方々なのでしょうか?お仲間ですね?嬉しいです、うふふ。



web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-05-05 (Sat)
長いです。宇宙話に興味の無い方は我慢大会になっちゃうのでスルーしてね。

5月2日(水)雨時々曇り。関越・外環・常磐と乗り継いで1時間半程で到着しました。

正門を入るといきなりお出迎えのロケットはH-Ⅱの実機です。
h2.jpg
何よりロケットスキーな私(ちっこい方)は一気に興奮!
スリムでロングなロケットブースターが美しい!

筑波宇宙センターでは、ガイドさん付きの見学ツアーが3種類あります(要電話予約)

①宇宙飛行士養成エリアを見学できる「宇宙飛行士コース」(平日)
②国際宇宙ステーション・日本実験棟「きぼう」運用管制室を見学できる「宇宙ステーションコース」(平日)
③ロケット打ち上げ時の音も体験できる「ロケットコース」(土・日・祝)

私たちが電話した4月中頃では、すでに①の11時からのコースしか入れませんでした。
どのコースも共通ですが、最初に宇宙センターの仕事を紹介したビデオ(15分)を観ます。


その後、宇宙飛行士養成エリアの別棟へバスで移動。

建物に入るとすぐに宇宙遊泳気分の高まる船外活動服(EMU)が展示されていて説明を受けます。
ガイドさんは「宇宙兄弟のCMでも良く見ますが、」と。(ああ、映画今日封切りだ!)
emu.jpg
ここでショッキングな事実が判明しました。
例え脳ミソが腫れ上がるほど猛勉強しても、私は決して宇宙飛行士にはなれない!
身長が158cm以上ないと宇宙飛行士にはなれない(さらに船外活動は、165cm)から!!!
(まぁ、私の場合、脳ミソ腫れても、よけいにシワが無くなるだけだけどね)

素早く立ち直り、奥の部屋へ移動すると、そこは宇宙飛行士養成エリア!
宇宙へ行くと必ず襲われる宇宙酔いは乗り物酔いより酷いそうで、それを疑似体験して訓練する前庭機能試験設備です。
uchuyoi.jpg
この椅子やらベッドやらに固定され、ぐるぐる回され、揺らされ、目を閉じたり開けたりすると、5分程で酔える(ガイドさんの真面目な説明に笑ってしまった)。それはまるで拷問のような装置。
結局、宇宙酔いには個人差があり、たいてい4~5日で治まるようなので、現在は特別に訓練はしていないという事です。


こちらは、閉鎖環境適応訓練設備の小部屋と、その内部の模型です。
testhouse.jpgtesutohousemokei.jpg
宇宙での閉鎖生活を再現して、この中で真っ白な小さいジグソーパズル(売店で売ってたぞ)や単純計算をさせられながら、宇宙飛行士に最も必要な「仲間との協調性」を試されるそうです。
この小さなスペースに数人で一ヶ月(あれ、三ヶ月だったっけ?)もちろん一歩も出られない!窓もな~い!(星の瞬く宇宙空間の写真でも貼った窓くらいあってもいいのにね)
実際のISSでの生活の方がまだ広いよね;


この後、宇宙へ行ったエリートめだか(無重力空間でも安定して泳げる)の子孫とか、
宇宙食や生活服の展示を見ました。この靴は若田宇宙飛行士が実際に使用した靴。
wakatasankutu.jpgkutuup.jpg
持ち物には名前を。踏ん張りやすいように、靴先が足袋みたいに分かれてます。


さて、またバスに乗って、スペースドームという展示館へ移動しま~す。
ここは、見学は自由にできます。予約不要です。のっけから宇宙気分が急上昇!
仮面ライダーフォーゼのオープニング映像でもお馴染みの場所でもあるということで、同じ構図で。
fourze.jpg


衛星のボディに貼られている金ピカの耐熱シートは……
tainetusito.jpg
マジックテープで、本体に貼ってあるそうです。ガイドのお姉さん、ぺりぺりと剥がしてみてくれます。
ちなみに、めくられているこの衛星は技術試験衛星VII型「きく7号」。
1997年11月に打ち上げられて、翌年7月7日に世界でも初めての自動ランデブー・ドッキングしました。
kiku7.jpg
その日付が七夕だったので、このような名前が…ロマンチックだぜ NASDA!(打ち上げ当時)
この実験が、宇宙ステーションへの補給船こうのとりへ活かされたって!
kiku7_.jpg JAXA
2002年10月30日 運用終了。お疲れ様。


奥へと歩いて、その巨体にびっくりしたのが弟の「きく8号」8番目の技術試験衛星。
kiku8.jpg hatizou.jpg
折りたたまれている側面のパネルが開くとまるで蜂の巣みたいな面白い形。
調べたら、マスコットの名前が「はちぞう」。やっぱりね!
模型中央の小さな黒い箱が、実はこんなに巨大(3.8m)だとは!
こんなでっかいのがロケットの先端に入っちゃうのね???
携帯電話やモバイル機器など通信環境の向上のために今も活躍中だそうです。


その奥でまたびっくり!さらに巨大な人工衛星!
alos.jpg
世界最大級の地球観測衛星「だいち」(本体 高さ4m)
2006年1月に打ち上げられた彼は、設計寿命3年でしたが、地震や津波、台風などの災害状況の観測や森林監視などに大活躍して目標寿命5年を超えた3ヵ月後、とうとう電力異常により交信不能となって、翌月5月12日に搭載の送信機とバッテリーを停止するコマンドを送られ、眠りにつきました。
その名の通り、大地の監視役。本当にお疲れ様でした。
daiti_j.jpg JAXA
地元にある地球観測センターに吊るされていた模型は小さかったので、この実物サイズには言葉も無かったです。


上空400km にいる国際宇宙ステーションISS。
iss.jpg

日本実験棟「きぼう」ミニ模型と実物大模型。
kibou.jpg
「ソフトバンクのCMで古川宇宙飛行士が「予想外です」と言っていたのはここです」とガイドさん。
ここをふわふわ移動してみたい!


これまた巨大な宇宙機!宇宙ステーション補給機HTV「こうのとり」
補給船だから大きいだろうとは思っていたけど、直径4m・高さ10mだって!
さすがに打ち上げロケットも最大のH-ⅡB。すごいよ~!
htv.jpg
右上部は内部が見られる様に開けてあります。
今年の7月21日土曜日に、3号機が打ち上げられます!見ようぜ!応援しようぜ!


さて!大興奮コーナー!歴代ロケット模型!
rocket.jpg
でも1/20スケール中心の展開なので、M-Vはいなかった。残念!!!


でも、向かいにはロケットの命、エンジンが!燃焼試験で使われた本物でっせ!
test_engine.jpg
構造はまったく理解できません(当然ですが)。でも大好きなロケットの心臓。ドキドキ。


真っ黒なこちらは、月周回衛星「かぐや」(SELENE)
kaguya.jpg
畳まれたパネルに展示用ライトが映りこんで、何が何だかよく分かりません。
そもそも、かぐやなんて美しい名前(知った時はあまりの乙女チックさに興奮しました!)なのに地黒な彼女。
彼女の断熱シールドが金色ではなく黒色だからだそうです。彼女の場合、仕事上このタイプが最適なんだって。
↓同じ角度からの出発前の彼女。頭上にじじばばを乗せているのも良く分かります。
kaguya_j2.jpg
「かぐや」は2機の副衛星「おきな」「おうな」を連れてました。
「おきな」(かぐや姫のおじいさん)は、地上局とかぐやとの間の通信中継係り。
「おうな」(おばあさん)は、月の周りの重力場を測って送信する係り。
かぐやは、2007年9月に打ち上げられてから月のいろいろな情報収集をし、2009年6月に月の表側に制御落下させられ一生を終えました。
この、制御落下をさせたのは何故なのか?の答えは、
「軌道高度を上げ半永久的に月を周回させたり、地球の大気圏に突入させて燃焼させる案を実践するには、倍以上の燃料が必要で、それを積むと実験が半分もできなくなってしまうため」だそうです。
kaguya_j.jpg JAXA
おきなとおうなを分離するかぐや。のイメージ図。


あらまあ、ななんてかわいい「はやぶさ」
hayabusa.jpg
この展示館の中でも極小なはやぶさ。さらに、他のは実物大なのに、彼は1/2。
本当にコンパクトだったんだね、はやぶさ。


1/1000000スケールの地球。青くてキレイ。
tikyuu.jpg
タイマーで撮影。カメラマンだったK子、間に合わずにボケちゃって;


お昼は施設内の職員食堂の利用申請をして、キレイな食堂でとりました。
shokudou.jpg lunch.jpg
五目粥定食。お腹いっぱい。後ろの席に、ガイドのお姉さんが御同僚と座ってました。


ド素人が学んで来たので、間違えたりしているトコもあるかもしれません。許してね。
ゲットしたお土産は、また後日、しつこくUPします。
新記録の長い記事にお付き合いくださり、ありがとうございました!

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-04-04 (Wed)
保管ケースに入った状態で、生みの親の掌にいる予備ミネルバ
minerva_.jpg JAXA
昨日の記事でミネルバのお名前を書きましたが、その意味をお尋ね頂きまして。(コメありがとです)
『Micro/Nano Experimental Robot Vehicle for Asteroid』
私的直訳で申しますと、『極小・小惑星用実験移動ロボット』ではないかと…。
『Micro/Nano(極小) Experimental(実験) Robot Vehicle(ロボット車両) for Asteroid(小惑星のために)』

彼女は、写真撮影はもちろん、撮った写真の選別も出来て、イトカワの表面調査は多種に渡り、地表温度の他に自分の温度や健康状態もちゃんと観察できて、はやぶさにデータ送信してたんだよ、超お利口さん。

アメリカのNASAがね、予算足りないからって下りちゃったので、研究途中だった彼女が、急遽代役に決まったそうです。
予算無い、時間無い、重量の余裕無い、大きさの余裕も無いの、無い無い尽くしの中で、完璧に作り上げられたミネルバでしたのよ、すごいすごいすごいよーーー!

ミネルバ担当でいらしたJAXAの吉光徹雄准教授が詳しくお話してくれている動画をどうぞ♪


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-04-03 (Tue)

見て見て見て~~~!!!!!!
まず、ストラップの高ポイントは、はやぶさを宇宙へ送り出したロケット、M-V(ミューファイブ)5号機が一緒にいることです!ロケットあっての探査機の旅だもん!
↓ロゴがまるで笑顔みたいに見えるのも愛おしいぜ!
mv5_s150.jpg
お宝だ。こりゃもう使えません。普段使用用にもう一個買っとくべきだったorz

右の、イトカワラッコ達はマグネットですが、こちらのポイントはもちろんミネルバ!
ミネルバ(中央)だよ~~~!ミネルバのグッズなんて初めてだよ~~~感激!
あ、せっかくだから、ミネルバの正式名を。
MIcro/Nano Experimental Robot Vehicle for Asteroid』
頭文字を取って、MINERVA です、可愛いでろでろ~ん。

それから、これ!!! コットンバッグなんですが、はやぶさのイオンエンジンっす!
hayabusa_bag.jpg
進路をイトカワへ向けた頃にはすでに故障していたA基は光ってません。
イトカワへの旅と言えば、この3基の光。リアルです!!!さらにですね~……
hayabusa_bag_2.jpg
分かりづらいですが、エンジンの光が畜光素材なので暗いところで光るの!!!
きゃ~~~~!光ってる、いや、輝いてる~~~~!!!!
洗濯不可だそうなので、これも使えん。お宝じゃ。

映画館ではグッズを扱ってなくてね、パンフレットに載ってた映画グッズ専門サイトでがっつりゲットしましたん♪
他に、JAXAの学習ノートっつう、中は普通のノートを買いました、えへ。

「はやぶさ2への研究費寄付は、どなたもできるんですよ」とういう記事を見ました。
より気軽にできるようにと、ネットからも出来るようになったそうです。
しかも、はやぶさ2に限らず、JAXAの研究の中から、寄付の対象を選べるそうです。
1000円単位で寄付できるそうです。1000円で参加者の気分を味わえちゃうんですね、ぐふふ。
受領書が出るので、所得税控除を受けられますってよん♪
詳しくは こちらで☆


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2012-03-23 (Fri)

はやぶさ映画・第三弾も、とっくに公開されていますが、なかなか行けません。
母と行こうと、前売りを二枚買っておいたところへ、
夫がラジオのプレゼントに当たって、更に4枚やって来ました!
きゃ~~、2回、いや3回、行けちゃうかも!!!
背景のファイルは前売り券の特典・3Dファイルで、中央のはやぶさが本当に浮いてるYO!

先日、某TV番組で三浦友和さんが映画の話をちょっとしていて、
彼の役どころが、のぞみのプロジェクトマネジャーだったんですね!!!

のぞみを語るぜ!(あくまで素人話の域です;)
火星探査機「のぞみ」は、日本初の惑星探査機。
そして、はやぶさのお姉さん的存在です。ロケットも同じMVロケットだったしね♪
のぞみで試された色々な技術が、弟のはやぶさにも活かされてたそうです。

火星の軌道に乗れなかった彼女の運用が停止される話は、先のはやぶさ映画二本ともにありました。
はやぶさのプロジェクトマネジャーが、のぞみにも係わっていらしたからです。

のぞみは火星の回りを飛びながら、火星を観測する衛星でした。
はやぶさ同様いくつかのアクシデントを乗り越えましたが、どうしても火星周回軌道に乗れず、さらには火星に落下してしまう可能性も残ってしまいました。
のぞみは地球の大気に汚染されていますし、科学燃料も抱えています。
火星の生態系を変えてしまうかもしれないので、万が一にも火星に落下してはいけません。


のぞみチームは苦渋の決断をし、火星から遠ざかる指令を彼女に送ります。
はやぶさが打ち上げられた年のその年末・12月9日の夜でした。
そして五日後の12月14日に、のぞみは火星の表面からわずか1000km上空にいながら通過し、
さらに二日後の12月16日には火星の重力圏を脱出して行きました。

こうしてのぞみは、火星の軌道に近い太陽を中心とする軌道上を永久に飛び続ける人工惑星となりました。

のぞみの残した若干の科学的成果と、惑星探査技術の成果が、はやぶさに受け継がれたわけですが、
火星探査という彼女本来の目的では成功することが出来なかった不憫な子です。

重力のある星の周回軌道投入は、のぞみ、あかつき、両者ともいまだ成功していない、本当に難しいミッションだそうです。


はやぶさ映画だけれども、のぞみのコトたくさん触れられる映画のようですね。
早く観に行かなくちゃ!!!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★


3/24追記:↓のぞみ。ちょっとずんぐりでキュート。
nozomi.jpg JAXA




web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2011-10-08 (Sat)
チビ共がお世話になっている学童クラブの親子遠足で、地元でありながら行った事のなかった「地球観測センター」へ行って来ました。

敷地内に入った途端に、巨大なアンテナ!ワクワク感急上昇です。

他にも真上を向いたアンテナが2基ありました。遥か上空から送られてくるデータをキャッチしてるんですね、これで。ここで!ピンポイントで!(当たり前ですが…)すっげ~~~!

施設内の展示室には衛星達がたくさん吊るされてました。
日本の自主技術だけで開発された初の地球観測衛星(海洋観測衛星)『もも1号』
momo1.jpg
片翼のももっぴぃ。名前の由来は岡山特産・桃。1987(昭和62)年2月に打ち上げられ、1995年11月使命全う。

同じく片翼の世界最大級の地球観測衛星(陸域観測技術衛星)『だいち』
daiti.jpg
2006年に打ち上げられて、今年の5月に使命全う。

で、私が愛してやまないロケット!『だいち』も打ち上げた『H-ⅡA』が!
with_h2a.jpg
子供そっちのけで、学童の先生にカメラを依頼!嬉しい~~~!かっこいい~~!
(私のTシャツは、そう、C.C.Tシャツです)

『地球観測戦隊 運用レンジャー』の記念写真……(観光地によくある顔はめ込みパネル)
2011108_2.jpg
運用レンジャーって……JAXAのこーゆーセンス、好きです。

入館無料で、SFチックな気分に浸れて、大満足の地球観測センター。
お土産売り場がないので余計なお金がかかりませんが、私的には何か欲しかったよ~。
今度は個人的に行って、パラボラアンテナの真下まで行ったりしたい。
「地球観測センター」HPへGO!

三ヶ月ぶりに土日休みに戻って、久しぶりに子供と過ごした休日でした。
漫画もやんなきゃなぁ~。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆

鍵コメレスを畳みました。


>> ReadMore
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2011-09-22 (Thu)

TVでもバンバン予告始めましたね。私も前売りゲットしてあります!
だって、この前売り特典が! イトカワのリストレスト!
これね~、中身のジェルの中を、はやぶさのモチーフがゆたゆたと漂うんですよ!
動くんです!イトカワの上空をゆっくりと旋回しているみたいに!!!
印刷だと思っていたので、実物を手にしてはやぶさが移動した時には胸ズッキュンでちょっと泣いてしまった;

公開前のレビューで「機械が喋るのは違和感が」というのをちらほら見ます。
確かに予告を観る限りでは主演の竹内結子さんの声で「ぼくはここにいるよ」って言ってます。
が、多分これは彼女の演じる“広報兼はやぶさ運用スタッフの水沢恵”が、はやぶさの気持ちを代弁して呟いてるってシチュエーションじゃないかなと思うんですが…。違うかな。

私もこの日記で、機械である宇宙機を「彼」「彼女」「あの子」と呼んでます。でも、私の脳内で彼らは人語を話したりはしないなぁ。無声映画みたいな感じ。彼らが何も喋らなくても、こちらが読み取ってあげる。みたいな。
もちろん、目とか口とかわざわざなくてOK。彼らの目や口はレーダーやらデータ通信装置やらなんだし。
……こんな事、力説もないね;
でも、気持ちを代弁して文字表現とかは好きだよ(夫へ向け私信;)

何はともあれ、映画、楽しみです!私は10月中頃にならないと行けないけれど、映画はもうすぐ、10月1日公開です!CGもすごく綺麗だし、史実にとても忠実なようなので、どうか皆さん、はやぶさプロジェクトに触れてみて下さい~!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(3) | TB(0) |
2011-09-19 (Mon)
PLANET-C。 あかつきのコードネームですね。
惑星探査機グループ『プラネット』で、3番目のプロジェクトの子なので『C』です。
kinsei-chan_kao_convert_20110919003443.gif
JAXAの公式マスコットキャラ・あかつきくん&きんせいちゃん

昨年、金星の軌道投入に失敗してしまったあかつきの、数年後の再投入に向けてのテストが先日行われましたが、残念な結果に終わって…(TT)

弁が開かないので燃料が流れず、逆噴射をかけられないので減速できない。という事態が今回も変わらないようで。

燃料はたっぷりあるのに。あかつきの頭脳も正常なのに。
弁さえ、弁さえ動いてくれれば……!

このままだと彼は、金星に充分近寄ることが出来ず、予定より遥か遠く、しかも楕円軌道しか描けずに、観測量も激減してしまうそうです。(減速手段は、姿勢制御用の噴射だって;そんな小っちゃな力で;;;)

JAXAの公式発表が出た日には、もう二度と減速できずに猛スピードで宇宙空間を飛び続けるしかないあかつきを思い、胸が詰まりました(TT)

この弁がね…日本製じゃないから…みたいな記事を、最初に失敗した直後に新聞で目にしたんだけどね…。いろいろと大人の世界のしがらみがあって、今回も仕方なく、みたいなね。
今回もってことはさ、じゃ前回の『PLANET-B・のぞみ』も、なの……?
よくわからないけれど、私はJAXAを誇りに思ってます!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2011-06-13 (Mon)
はやぶさが地球に還って来て一年だね。7年に及ぶ管制が終わって一年経ったよ。あと5分もしたら、はやぶさの体がなくなってから一年だ。

はやぶさ関係の映画が二本も作られているそうですね。
一つは川口教授を渡辺兼さんが演じる「小惑星探査機 はやぶさ-遥かなる帰還-(仮題)」
もう一つは竹内結子さん主演の「はやぶさ HAYABUSA」

竹内結子さん主演の方は、他の出演者の方々が、ご本人によく似てらして!
佐野史郎さんの川口教授とか、西田敏行さんの的川教授とか!
こちらは今秋10/1公開だそうで。
楽しみです、純粋に楽しみです、はやぶさの雄姿が見れるので。

ただ、はやぶさの偉業を語られる時、ミネルバミッションがスルーされちゃうのが悲しい。
はやぶさの妹みたいな子なのにな。
はやぶさと違って、今も彼女は存在してるんだよ、イトカワの上空に。



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆





web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(3) | TB(0) |
2011-03-30 (Wed)
出勤日の変動で、すっかり曜日の感覚が狂い、こうのとり2号機が国際宇宙ステーションから離脱するライブを、うっかり見損ねてしまいました;;;
今朝方、ISSとHTV2が北の空を横切るのを見たいと思っていたのですが、3:56まで起きていられなかったのと、コンタクトじゃないと視力が出ないのに可視状態も良くなさそうだったので、諦めてしまいました。残念~。

いや~、でも本当に、NASAのスペースシャトル、FSAのプログレス、ESAのATV、そしてJAXAのHTV2がISSのあちこちにドッキングしている様子はもうひたすら圧巻!宇宙時代なんだ!って実感できてワクワク大興奮しました。本当に国際宇宙ステーションなんだ!

htv2.jpg
もうすぐHTV2が大気圏再突入して仕事を終えます。
1/22の打ち上げからそっと応援してましたが、無事に任務完了できそうで嬉しいです、誇らしいです。
管制室のライブ映像を観ているんですが、HTV2へのコマンドはもう全て終了していて、管制室の方々もにこやか、良かった。

大気圏再突入したそうです。12:10
まだ正常データが送られて来てるそう。
冷え切っている機体が、徐々に温まって行くそうです。

12:14
機体温度220度……HTV2からのデータ送信がとうとう止まって……
管制室で拍手が起こりました、成功したんだね。
あ~、JAXAおめでとう、お疲れ様、夢をありがとう。
HTV2おやすみなさい。

ISSクルーズが折ってくれた折鶴も、こうのとり2号機と一緒に地球の大気になったね。
ISSの無重力の中でふわりくるりと舞う折鶴が、ものすごく胸に沁みました。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2011-01-22 (Sat)
今、こうのとり2号機(HTV-2)が、ロケット(H-ⅡB2号機)に載って、種子島宇宙センターから打ち上がりました!
悪天候で(飛行経路に雷雲がいたんだって。雷怖いもんね)打ち上げ延期されたけれど、たった二日の遅れで、こんな快晴の中を無事に飛び立てて良かったです!

 10秒前ジャストに「全システム準備完了」とアナウンスされた瞬間は、膨大な手順の全てが、もうやる事ない状態になったのか…!と鳥肌ぞわぞわ。
 3秒前に第1段エンジンから炎が吐き出され始めて、直後にすぅーーーっと浮上して行った。
その場にいたらばりばりと空気が揺れて、地響きもすごいんだろうけど、PCのモニタではすぅーーーだった^^;

 あぁ、ロケットの足元にあった固体ロケットブースター(SRB-A)が、切り離されたよ。
真っ青な海に(種子島が見える!)落下して行く…。
この光景は、いつ見ても胸が熱くなる…ううう、ありがとう、お疲れ様。

今! HTV-2が無事に切り離されたって!!!!
と同時に、H-ⅡB2号機の管制終了だって。お疲れさま、H-ⅡB2号機。
使い切ったブースターやエンジンを切り離しながら、全ての力を抱えている宇宙機のために。
ロケットなくして人工衛星も探査機も航海を始められません。
一発勝負の、たった数分の命のロケット。
自分がこければ、託された宇宙機も道連れにしてしまうプレッシャーのロケット。

語り続けそうなので自粛しますが、とにかく私はロケットが大好き。
おめでとう! ロケットチーム。成功をありがとう! H-ⅡB 2号機。
真っ青な空に龍のように残る白い煙は力の限りの軌跡。
使命まっとうの証。 お疲れ様でした、おやすみ。
h_2b_2.jpg産経新聞
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2011-01-06 (Thu)

夕暮れの街角 覗いた喫茶店♪ じゃないです、
あかつきの金星軌道再投入の新作戦です。

再投入を「6年後」から一年前倒しの「5年後」に検討中だそうです。

現「6年後」案は、金星が太陽を10周する間にあかつきが11周して、
金星が周回遅れになる6年後に再投入。

新「5年後」案は、あかつきをゆっくりと減速し太陽を8周させて、9週回った金星に追い付かせる、あかつきが周回遅れになる「待ち伏せ作戦」。

この方が、頑張って飛ばなくてもいいし、一年減るので太陽からの放射能の影響も減るし、機器の寿命面からしても、良い事尽くめ。
年間1億と言われている維持費も減るじゃん!

あかつきの目的地・金星は、はやぶさのイトカワと違って引力が在る。
今、飛んでいる速さでは金星の引力と釣り合えないので、減速は必至。
今回は充分に減速できずに、金星の引力に引き込んでもらえなかった。

「待ち伏せ作戦」なら、すでにある程度の減速も済んでいるので、
逆噴射のための燃料が満タンじゃなくても、
出力が弱かったとしても、何とかなるんじゃなかろうか。
超素人考えですが、JAXAのプロ達がそう考えてるらしいよって記事を読んだので。

あかつき再投入毎日新聞 

 親族内で唯一このジャンルの話で盛り上がれる義兄が、「大気は高温の二酸化炭素で、硫酸の雲が浮かぶ、煮ても焼いてもどうにも出来なさそうな金星より、移住できそうな火星の方に、もっと(探査機を)飛ばした方がいいんじゃないか」と言ってました。
お兄、おかし~。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます~★


web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-28 (Tue)
ちょっと大きい写真ですが、これは、1/2000のイトカワの模型。先月行ったJAXA講演会でぱちり。決して変色した茄子orきゅうりではありません。
イトカワ1_2000
右側に小さく、これまた1/2000のはやぶさもいます。この上↑あたりに、青い太陽光電池パドルが見えるんだけど…

はやぶさがイトカワに着地した場所は「ミューゼスの海」と名付けられてます。
でこぼこした地表の、なるべく平らな場所。

はやぶさの本名は「MUSES-C」[ミューゼス・シー]。「海」は英語で[シー]。
「ミューゼス・シー」が着地する場所だから「ミューゼスのシー」!
あぁ、こーゆー遊び、ツボです。の割には気付くの遅いって;

はやぶさ2の来年度予算が満額確保だそうで!
20014~20015年内・打ち上げ→2018年・小惑星到着→2020年・地球帰還
に向けて、動き出せるんですね!良かった!
来年度にもらえず打ち上げが間に合わなかったら、小惑星と地球との位置関係のため10年も先送りになるところだったので、本当に良かったです。
 
 余談ですが、先日バースディプレゼントで貰ったはやぶさのガラスの置物。
価格高騰で10倍以上になってると夫がびっくりしてました。
数日前は、送料の方が高かったらしいです…^^; 何があったっけ?
「B室からも微粒子100個発見」?……「はやぶさ2予算確保」…?


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆


 
 
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-24 (Fri)
私がはやぶさに興味を持ったきっかけは、ミネルバミッションでした。
mnrv.jpg
ミネルバは、はやぶさが地球から抱えて行った小型の探査ロボットです。
見た目はまるで青い小太鼓。直径たった12cm・高さ10cm・重量591gの小ささ。
そのスペースと重量しか、はやぶさに余裕が残っていなかったためです。
はやぶさのターゲットマーカーとほぼ同じ大きさなのに惑星探査ロボット!すごい!

イトカワに到着したはやぶさは、ミネルバをイトカワへ向けて投下。
地表へ降りたミネルバは、自律モードでジャンプしながら地表を移動し、
写真を撮ったり色々なデータを集めて、上空にいるはやぶさへ送る。
それらのデータは、はやぶさから地球へ。

これがミネルバの仕事でした。

イトカワ上空にいるはやぶさへ、地球からの命令が届くのに15分。
はやぶさは自分で状況判断して行動できる自律ロボットなので、
その15分の間に、何かを判断して、イトカワから上昇してしまっていたのです。

上空55mから放出するはずだったミネルバは、上空200mの高さで放出されてしまいました。

イトカワには重力がほとんどありません。
ミネルバは、地表へ落ちることができなかったのです。

自律モードでホップが始まって、宇宙空間で回転・静止を繰り返すミネルバ。
たくさん写真を撮りました。でも真っ暗な宇宙空間の写真ばかり。
何かが写った写真だけを送るようプログラムされていた彼女が、
たった一枚だけはやぶさに送った写真には、
2年半の間、-60度の宇宙空間を一緒に旅して来た、
はやぶさの羽・太陽光電池パドルの端っこが写っていました。

ミネルバや、ミネルバの撮った写真など、詳しくはこちらでどうぞ。
JAXA ミネルバ のページ

ミネルバはイトカワの人工衛星になって、今もイトカワの周りをゆっくりと飛んでいるそうです。
イトカワは地球接近小惑星なので、イトカワと一緒に何万年後かには地球へ着くかもしれません。
その時は、はやぶさが落したターゲットマーカーも一緒に、はやぶさと同じように流れ星になって帰って来るんだね。
――地球には人類が残ってるかな。地球は青いかな。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

>> ReadMore
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-08 (Wed)
あかつき! しっかり!

はやぶさより高機能・高性能だろうあかつきの挑戦を見守りながら思うのは、
はやぶさの科学を超えた不思議な力。

のぞみ、あかつきを守ってね。

しかしNHK…またか…
確かに歌舞伎は日本の誇る伝統文芸だけどさ…

あぁ、本当に独り言ですみません…。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます…



追記 pm19:54
 
 燃料の6割以上を消費してしまうはずだった逆噴射。
 不十分に終わっていたため、軌道に乗れなかったけれど、
 不幸中の幸いは、おかげで再挑戦の分の燃料が充分残っていた事ね。
 耐年数を越えた先での再挑戦になるけれど、
 その日を待って、6年間、頑張ってほしい。
 
 あかつきの維持費が年間1億かかるそうですが、
 あかつきを見限って、新しい衛星を打ち上げるとなると、
 100億だそうです。

 あかつきの温存費用が仕分けで削られないよう、せめて応援していくよ!
 頑張れ、あかつき。頑張って、JAXA!
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-06 (Mon)
看板 
一週間前になりますが、県内ながら市を4つ程南下して行って来ました!
入間市産業文化センター!
講演は予定をオーバーして1時間強。

はやぶさが帰還する折の、はやぶさとの思い出を各関係者が綴ったページに、
JAXAのはやぶさプロジェクトチームの吉川真准教授ももちろん寄稿されていて、
私も拝見していてお名前を覚えていました。
その内容が、とても親しみやすかったので…
吉川教授のメッセージページへ

そんな吉川准教授のお話は、ちっとも堅苦しくなく!
JAXA制作のスライドや動画は、随所に遊びが施されていて観ていてとても面白く!
――例えば、イトカワの大きさ比較で、東京タワーの横に
    イトカワが落ちて来てボンボンと跳ねる。とか。
――イトカワがここにあったら、コレぐらい…と、
    グーグルの地図の上にイトカワを重ねてみる。とか。
笑ったり感心したり驚いたりうっかり泣いたりと、
もう本当にあっという間の1時間でした。

吉川准教授は、たくさん肩書きを持ってらっしゃいますが、
はやぶさでは軌道計算の責任者でいらして、
はやぶさ2では、プロジェクトマネージャー(一番の統括者)です!
…プロジェクトが発足すれば…ですが…。予算、お願い!

講演の後、児童館のプラネタリウムで、はやぶさのDVD「祈り」の上映会もあったので、観て来ました。
これは、プラネタリウム作品と違って、DVDなので四角い画面でしたが、大きかったので迫力ありました。
全編・はやぶさのために作られたジャズが流れ、ナレーションがなく僅かなテロップだけで、
宇宙機の紹介映像としては、とても珍しい作品だそうです。
カプセルの帰還はあったけど、はやぶさの最期はなかったので泣かずにすんだぜ。

微粒子発見で、今だ衰えない人気。
プラネタリウムも延長決定した場所がいくつもあります。
もっかい観たいな。だって本当にはやぶさはすごかったんだもの。
その天才振りを、努力の数々を褒めに行きたい。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆



web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-11-17 (Wed)
はやぶさが持ち帰ったカプセルから、イトカワの微粒子が1500個も確認できたと、
昨日の朝 発表されて、もう昨日は一日中、喜んだり、泣けちゃったり。

今まで研究して来た技術を、試験・実証するために生まれたのが、はやぶさ。
探査機グループなら「PLANET」と付くコードネームが、彼は実証機グループの「MUSES」。

探査機ではなく、工学技術実証機、しかも自律航法を持つロボットだった彼ですが、
「小惑星への往復可能なイオンエンジンの試験・実証が目的だけれど、
それだけじゃ予算が付かないから、もちっと華やかなミッションを追加しよう」という経緯で、
行った先のイトカワの試料の持ち帰りをする事になったらしい…
と、聞いたことがあります。

とにかく、カプセルの中が空っぽじゃなくて、はやぶさのために嬉しい。
はやぶさが自分の存在と引き換えにしても地球に送ったカプセルだもん。

はやぶさ、空っぽじゃなかったよ、入ってたよ。

なんかね、7年間も真っ暗で極寒の宇宙を仕事しながら飛んでさ、奇跡的に地球へ帰って来たのに、その姿をデータでしか確認してあげられないまま、永遠に別れてしまったのがね、どうも悲しくて。
打ち上げられた時の金ぴかのボディは、そのままだったろうか、傷んじゃってただろうか、とか、
太陽光電池パドルは、アンテナは、…あげたら切無いんだけど…。
もう、どこにもいないんだよなぁ、はやぶさの本体は…

目に見える物に執着するヘタレ発言でした、すみませんorz

拍手・メッセージ・お立ち寄り、いつも本当にありがとうございます。

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-09-11 (Sat)
(C) JAXA
今夜、20時17分、予定通りに 準天頂衛星初号機「みちびき」 が、種子島宇宙センターから打ち上げられました!
打ち上げライブで見送ることが出来て嬉しかったです。
みちびきを宇宙に連れて行ってくれたのは、私もボールペンで持っている「H-ⅡAロケット」の18号機。立派に夜空へ飛んで行きました。任務遂行おめでとう。お疲れ様でした18号機。(18号という語感には、ちょっと胸が苦しくなる…王子をぼっこぼこにしてくれた美人と同じ名前…))
18号機の機体に、プロジェクト名でもある「みちびき」という名前と、作ったメーカーの三菱重工のロゴが描いてあったのが印象的でした。なんか可愛かった。ふふふ。

8月2日の打ち上げが延期になってちょっと心配してましたが、問題もクリアし、無事に打ち上がって本当に良かったです。

みちびきは、GPSをより正確にする衛星だそうで、この間ベジブルの別館でupした漫画に出したナビ衛星と同じようなお仕事するってことだよなぁ…。なんか身近に感じちゃいます。

拍手・コメント、ありがとうございます!
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-08-13 (Fri)
小惑星探査機はやぶさが地球に帰還して2ヶ月目の今日、やっとプラネタリウム番組を観る事が出来ました。
今日までなるべくはやぶさの話は表立ってしないようにして来たけれど今日は解禁だ!
思いっきりはやぶさのコトを語り、見、思いを沿わせて来ました!
府中の森博物館の中にあるプラネタリウムまで遠出しましたが、素晴らしい施設でした。
プラネタリウムの中には、JAXAから貸し出されているという、はやぶさの模型が展示されてました。

はやぶさは1/5スケール。驚いたのはターゲットマーカーが実物大で、手の平サイズだった事。数字で知っていても、見るとびっくり!(写真、はやぶさが全部入りきれてなくて無念です)

『BACK TO THE EARTH』は…本当に素晴らしい作品でした。はやぶさが宇宙でして来た事を撮影してたみたい。
M-Vロケットでの打ち上げシーンからして「こうしてはやぶさの旅が始まったんだ」と思うと胸が一杯になってしまいました。
地球スウィングバイ・イトカワへのアタック・リアクションホイールの使えない状態での姿勢制御・etc…の、とてつもない難易度!さらりとやってのけていたはやぶさでしたが、どれをとってもものすごく高度な事だったんだなと、改めて知りました。

はやぶさの宇宙を飛ぶ速度、秒速30kmにはびっくり!広大な宇宙の中なのでのほほんと見えがちですが、秒速30kmって東京→大阪を15秒だって!
はやぶさは、本当に本当に、高い性能と知能を兼ね備えてたんだね。

地球に戻って来たはやぶさが…多分そうだったろうな…とうっすら想像していた大気圏再突入後の姿、ちらりと最後にありました…。少し前を光り輝きながら飛ぶカプセル。その後ろで、がたがたと揺れながら太陽光パネルがとんで分解が始まるはやぶさ。
CGなんだから…と思いながら、でも、こうだったよね、と涙が止まらなかったです。

後ろの席でしゃくりあげている子供がいました。あっちでもこっちでも、大人も泣いてました。

プラネタリウムで観ると、自分達が回っているような錯覚に何度も陥ります。はやぶさと一緒に旋回しながら宇宙空間を進んでいるような。素敵です、絶対に一度はプラネタリウムのドーム型スクリーンで鑑賞する事をお薦めします!

演出とかも素晴らしかったんだと思います。はやぶさが二度目のイトカワ着陸を決めたシーンは、上昇して行くはやぶさを地表からのアオリで下から見送る感じで、もう、はやぶさが立派で、堂々と見えて、予想外な程、大感動してしまって涙腺決壊でした。

宇宙機を宇宙へ飛ばし自分は力尽きて地球へ落ちていくロケット達に、改めて感謝と敬意を込めて、H-ⅡAロケットのボールペンをお土産にゲット。月周回衛星かぐやとか、この子で飛び立ってました。
h_2a.jpg

拍手・コメント、ありがとうございます…!

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-06-17 (Thu)
 (C) JAXA
すみません、ずっとはやぶさのコトでグズグズしてました。

はやぶさが地球の周りに存在しなくなって丸3日過ぎ。『地球に帰還』は大成功で喜ばしい限りですが、はやぶさのあの立派過ぎる壮絶な最後の輝きを思い出すたびに切なくて寂しくて仕方無いです。

カプセル無事放出で、7年に及ぶ全ての仕事を完了したはやぶさに、スタッフの方々は地球を撮影するよう本当に最後の指令を送りました。(乙女チックに言えば「最後にはやぶさに地球を見せてあげたい」)

姿勢制御装置がほぼ全滅しているはやぶさは、本来の使い方ではない動作を利用して、帰路の道中、姿勢をコントロールして来ました。

なので、カプセル放出の衝撃で止まりかけのコマみたいにゆらゆらくるくる回っていたはやぶさが、地球を撮影できるタイミングに合うなんて、ほとんど奇跡だったと思います。

さらに、カメラは3年間使っていなかったので、無事に電源が入るかも心配。

撮影したデータを地上に送るのも、唯一生きている一番小さなアンテナ。
データ送信にも時間がかかり、全部のデータを送る前に、はやぶさは地球の影に入ってしまって、このような下1/4が欠けた画像になってしまっています。

はやぶさはね、世界初、人類初、一番最初 をたくさんしました!
月より遠くの天体に行って、帰って来た」のも
通信が途絶えて宇宙迷子になった探査機が、 再び見つかった」のも
地球の大気に汚染されていない天体の一部を、持ち帰った」のも
その他、システムやら技術面やら、私ではとうてい解からない理工学分野での数々、
すごくたくさんの事、一番に成し遂げたんだよ!

なのに、後継機への予算、3000万て! 3000万てどこぞのお偉いさんの何かより安いよね、絶対!
2番でも良い事と、1番じゃなきゃダメな事の、判断できないですか?

NHK、あなただけは生中継するべきだったよね! たった5分でも良かったのに、日本が戦ってたならまだしも、どこかの国のサッカー選手のサクセスストーリーだったよね? はやぶさより放送したかったなんて理解できない。
日本の誇る高技術のはやぶさが人類史上初の帰還をするってのに、全TV局生中継無しって…。

何だか心底呆れてしまいました…。
次世代を担う子供達に、興味を持ってもらえる絶好の歴史的事件を、もっともっと取り上げて欲しい。興味を持たないと前進はないんだから。


ベジブル69Fesへの作品発表が著しく遅れていて、更新していないサイトへ来て下さる皆様には本当に申し訳ないことをしています。すみません。お祭り終了まで後1週間、イラスト2枚とショート漫画1本、頑張ります!

拍手・コメント、いつもいつもありがとうございます☆



web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(2) | TB(0) |
2010-06-13 (Sun)
はやぶさ、おかえり。

おやすみなさい。

いろんな事を ありがとうね。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(2) | TB(0) |
2010-06-13 (Sun)
先程、午後7時51分頃、はやぶさが無事にカプセルを分離させたと発表がありました。
電池やエンジンが劣化しているので、ちゃんと計算通りに出来るのか、素人ながら私もドキドキしていたので、本当に良かったです。

この後、はやぶさは、

午後10時10分頃:地上局から見えなくなり、ここでとうとうはやぶさの追跡管制は終わるそうです。
親の手を離れたって感じでしょうか…

午後10時41分頃:その約30分後には、地球の影に入ってしまい、太陽光が届かず発電不能となり、はやぶさの機能は停止するそうです。知りませんでした。大気圏に入る前に、彼は眠ってしまうんですね、、、。そっかぁ、緊急事態も何も、もうはやぶさには伝わらないんだね、、、驚きと安堵感、複雑です、、、

午後10時51分頃:その約10分後、いよいよカプセルが大気圏再突入。ほぼ同時に、はやぶさも再突入。

再突入して60秒後:カプセルとはやぶさ、ほとんど一緒に輝き出す。

90秒後:はやぶさは、爆発しながら分解、溶解消滅。

もうすぐ、地上局から見えなくなるんだね。
はやぶさは、ちゃんと最後の仕事をやり遂げた。おめでとう、はやぶさ。おめでとう。

*ロケットとか人工衛星とかにものすごくお詳しい同人作家「teardrop」様のブログより引用させて頂きました。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-06-09 (Wed)
69Fesが明日に迫りました!
今年は開催期間が二週間と長いので、すっかりのんびり構えてしまってます(いつものコトか)。
開催前に数点用意しておけば期間中も楽だったろうに!
昨年は、ベジブル二次サイトマスター歴ほやほやだった事もあり、作品も二点で終了だったけど、今年はもう少し行きたい。構想はイラスト2点とショート漫画1本(…言っちゃったな)全部これからガンバリマス!

ところで、前出のはやぶさへの嘆きにお付き合い下さった心優しい方々、本当にありがとうございます。
サイト・ブログマスター様で拍手コメで下さった方には直接お伺いしてますが、皆様のお言葉で、ものすごく救われました。月面に落下させられたかぐやの時も凹んだんですが、事後に知ったのに比べて、はやぶさは今まだ生きてる…生きてるのに数日後にはいなくなる…と言うのがかなり辛くて、ずっとずっとめそめそしてました。
でも、皆様のコメント、全部何度も読み返して、何と言うか、心強かったと言うか、上手く言えないのですが、気持ちが前向きになれました。本当にありがとうございます。

それと、JAXAサイトではやぶさのプロジェクトマネージャの先生の書かれたメッセージを見つけて拝読しましたら、すでにはやぶさは頭脳や感覚(ソフトウエア面)にも老化が現れているとありました。
彼の部品の中には消耗期日をとっくに過ぎてしまっている物もある、ともどこかで読みました。だってもう計画を三年も延長してるんですものね。
疲れてるでしょうね、老化かぁ…ボケ始めたおじいちゃんと同じなのかぁ……
そう思ったら、本当に、眠らせてあげるのが一番良いんだなぁと納得できました。
本当はね、本当は、生まれた場所、地上に迎えて、眠らせてあげたい。
でもそれが叶わないなら、地球の大気の中で。ですよね!

願わくば、彼の体が高温になる時に、彼が苦しみませんように。(緊急事態を立て直そうと色々考えたり行動したりしませんように)
JAXAのサイトTOPの左メニュー、運用中カテゴリにはやぶさの名前を確かめちゃう。まだいる。

なんてぐしぐししてたら、日付が変わってしまった!
69Fes 始まりだーーー!
vege_kutusita.jpg
夏用にメッシュ素材で、改シリーズなのに、何故か安売りされてた王子…180円也。
ちょっと首細いし、どことなくデビルマンの不動明くん(声はやっぱり堀川さんでしたっけね)に似てるのが気になるが、まぁいいさ。王子は王子。

拍手、コメント、いつも本当に本当にありがとうございます!

web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2010-06-04 (Fri)

一昨日、国際宇宙ステーションから5ヵ月半ぶりに、地上に降りられた野口宇宙飛行士。無事の御帰還、本当におめでとうございます!
しかしその帰還映像を観てびっくりしました! 着陸と言うより落下。中継の電波がおかしくて早送りになってるのかと思ったほど、ヒューーーー、ドガッ!…… 我が目を疑いましたよ。

漠然と山崎宇宙飛行士のようにシャトルでスル~と帰還するのだと思っていました…;;;
この、ロシアの宇宙船ソユーズの帰還モジュールとやらで帰還すると、かかるGが4~5倍(シャトルなら3G)だそうです。ありえない…。5Gって…私の場合、むにゃむにゃ…キャー! 私の愛車の1/3弱!
さらに、トラブルで姿勢制御不能になって、垂直に近い角度で落下する「弾道モード」という降下法になると(私には充分この降下法に見えたよ!)最大13Gだって!…もう限りなく愛車の重量に近い…
それでも怪我で済むらしい。この13Gや「着陸失敗?」と血の気が引いた強烈な着地から宇宙飛行士を守っていたのが、各人に合わせて石膏で型取って作った専用椅子なのだそうです。椅子…尊敬。

着地地点がざっくりとずれるために、救援隊を待つ間の食料なんかも積み込んでるそうです。
リンゴを食べる慣例は、重力を感じ、ニュートンに敬意を表してのコトなのかしら?
文字通り「宇宙から落ちて来た」んですね…お疲れ様でした、野口さん。 

ソユーズの帰還モジュール。ちっちゃかったですよね、あれに三人も乗ってたなんて。ベジータやナッパが乗って来た一人乗り用の小型宇宙船に酷似した着陸でした。

ところで、もうすぐ小惑星探査機はやぶさが、幾多のトラブルを乗り越えて地球に帰還します。
当初の予定を3年超過の帰還です。やっと懐かしの地球の重力圏に入れながら、でも大地に降りる事無く溶けて消滅するプログラムです。採取した小惑星の試料入りカプセルがはやぶさから分離されてオーストラリアのウーメラ砂漠に落ちるのが 6/13 23時頃だそうで、そのはるか上空ではやぶさ本体は流れ星になる。…シャトルで回収とか、沢山の人が色々考えてくれたけれど、どうしても無理だそうで…やりきれない。
bnr_hayabusakun.jpg ←子供向けなので簡単に良く分かります。

更に詳しくお知りになりたい方はJAXA 宇宙航空研究開発機構をどうぞ。


拍手、コメント、いつもありがとうございます☆
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(5) | TB(0) |
2010-05-27 (Thu)

夕方、北東の空。夏はまだまだ先なのに、あんまりすごい雲だったのでパチリ。
これが霧状の物体とは、とても信じられない程の盛り盛りっぷり。
綿だよ、綿! 手が届いたなら、しっかり手ごたえありそうな質感。
乗れるぜハイジ! と思いました。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(0) | TB(0) |
2009-06-26 (Fri)
『かぐや』なんて夢いっぱいの名前を付けられた衛星が、月に向けて打ち上げられたのはついこの間のような気がするのに、今月11日にミッションを全て終えて月面に落下させられていたんですね…。
昨夜、TVで観て知り、その最後を思い、泣けてしまいました。いや、機械ですし、計画通りの大成功で喜ばしい事ですし、仕事先の理系男子には「宇宙のゴミにならなくて良かったじゃないですか」と言われましたが…。自ら逆噴射をかけ、速度を落とし、徐々に落下して行くなんて、どうしても切ないです。かぐやが落下しながら1分置きに送り続けた写真、最後の最後まで忠実に仕事をこなしていたんだね。自分があと少しで月面で砕ける事、知ってたの?いや、機械ですからそんなコトはないんですが…。脳内一生、夢見る乙女なので見逃して下さい。どうしてもかぐやの事を書いておきたくて。一緒に行ったおきなはとっくに落下していて、おうなだけがまだ数年、月の周りを回るらしいですが…。母は強しって事なのかしら…;;; かぐやが落下しながら送り続けた最後の映像が、写真と動画で観られます。よろしければどうぞ。
さよならかぐや

鍵コメ☆レス
6/23 「その件で話したいことあるぜ!」
ひいい、お手やわらかにお願いします。でも、いろいろありがとうね。

拍手、いつもありがとうございます。
web拍手 | 無限に広がる大宇宙 | COM(3) | TB(0) |