02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

『誰かが私にキスをした』-映画感想-

2010/03/31
darekagawatasini.jpg
監督:ハンス・カノーザ  脚本:ガブリエル・ゼヴィン
原作:ガブリエル・ゼヴィン  配給:東映

「恋に落ちた次の日、私は記憶を失くした…」このキャッチコピーに心を鷲掴みにされ、劇場へ!

転落で頭を強打し、最新4年間の記憶を失くした少女と、彼女を取り巻く三人の少年との恋模様。

まず、舞台の学校がインターナショナルスクールなので、堀北真希ちゃんや松山ケンイチ君がペラペラと英語を喋ります。流暢に!(この映画は邦画じゃなくて洋画なんだと言うファンの声もありました。原作も洋物でした。)

彼女達は学校生活の中で良く写真を撮るのですが、シャッターの音と一緒に、撮った写真がコラージュのように背景を埋めて行く演出がとても美しかったです。

それと、キス。恋人同士が日常的にするキス。キスだけ。
その先のアレやコレは無しで。青春!で良かったです。

でもでもでも!原作を読んでいないと良くわからない箇所、多々有りでした!
私は帰宅してネットグリグリしてようやく解かった流れとかたっくさんありました。

ので、昨日観たダレン・シャンに比べると(そう、連チャンで映画館。贅沢です)もう不完全燃焼この上ない。
そもそも「記憶を失くしたヒロインが、誰かとキスしたぼんやりとした記憶があって、
それを辿りながら、恋に落ちたばかりのはずの相手を探す」…ってなお話なのかと思ってたの、勝手に。
私の、いまだ発表に至らないン十年越しの漫画にそーゆー展開があるので、それはもうすごく期待して観に行ってしまったのでした。
続きはネタバレになるので畳みます。

拍手・コメント、本当にありがとうございます。





>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
22:44 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ダレン・シャン』-映画感想-

2010/03/30
darrenshan.jpg
監督・脚本:ポール・ワイツ/ブライアン・ヘルゲランド 配給:東宝東和
原作:ダレン・シャン 『ダレン・シャン』

私は判り易いイケメン・スキーで、良さが複雑なおっさんは苦手で、好物ではありません。
が!この映画に出て来るおっさんは…人じゃなくてバンパイアですが、
このバンパイア、ラーテン・クレスプリーは! 黙々とカッコ良く、イケメンの主人公を教育し、助け、
すごい美人の恋人も大事にし、もうもう本当に「えええーーーおっさんなのにーーー!
しかもあんな頭爆発のー、顔もダルダルのーーー!」なのに、
観終わってパンフレットを買いに走らせるに充分な魅力溢れるおっさんだったのです!
 

原作の翻訳者の方がパンフレットに寄せられているコメントによると
「初めて登場した1巻では<奇怪>という言葉が似合う不気味な存在だったのが巻を重ねるごとにどんどん渋みを増して」とあり、
この映画の彼も「最初はフツーのおじさんだったのが、だんだんかっこよく見えてきて、最後には応援していた」と!
そう、そうなんです!
最初、フリークショーの本番に登場した彼は、本当にブサイクなおっさんで、ピエロっぽくにも見えました。予備知識ゼロで観ていたので、まさかこのおっさんがメインキャラとはチラとも思いませんでした。


主人公の彼はイケメンの新人さん、日本で好かれそうな甘いマスクでした。
しかし主人公ダレンの親友で敵役を演じているのが、『テラビシアにかける橋』の主役の子だったとは…!
ずいぶん大きくなって…と思うのと同時に、でもあんまり顔とか覚えてなくて、
あの映画は如何に女の子(アンナソフィア・ロブ)の方が印象的だったかと!
余談ですが、ぜひ彼女で赤毛のアンの実写化をして欲しかったです。
もう大きくなっちゃって無理だし、他の女優さんですでに映画もあるけど…


あぁ、とにかくですね、『ダレン・シャン』、好き嫌い分かれそうですが、私は大好きです。
原作を読もうと思います。でもやっぱり図書館の本は全て貸し出し中でした。
ホトボリ冷めたら読めそう。その前に原稿も始まるしなぁ。


もう一つ脱線、今まで惚れてしまったブサイク系おっさんは、もう一人いました。かの有名な鈴木光司大先生のリングシリーズの高山竜司教授です。…このシリーズは語ったら止まらないので、またの機会に…。

拍手・コメント、いつもいつもありがとうございます!

関連記事
web拍手 by FC2
19:23 映画感想 | コメント(3) | トラックバック(0)

苺のケーキ 第2号

2010/03/29

ケーキ写真が続きますが、これは一ヶ月以上も前に焼いた娘のバースディケーキです。今更ですが記録としてup。昨年に続き苺たっぷりデコの上、今年は三段にしたのでものすごい高さ…というか、ボリュームのケーキになってしまいました。切った写真を取り忘れてますが、中も苺がギュウギュウです。
昨年の第1号よりは、生クリームの波の形とか、クリームの均し具合とか、若干の進歩が感じられ嬉しいです。むふ。
苺の板チョコを溶かして形成させるハート型のプレートも、今年はずいぶん上手くできたじゃーん。自画自賛~。やはり、道具なのですね、道具。大事です。
「仕上がりは柔らかめです」と言う植物性の生クリームをサンド用に買いましたが、どんなにホイップしてもダラダラ状態で、サンド用としてもかなりきつかったです。なので普通のデコ用には絶対使えないですが、チーズケーキなら大丈夫(試し済み)、お値段もカロリーも低いのでなるべく愛用したいところです。

この後、ただの子供の話なので畳みます。

>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
13:15 手作りの記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

ピンクマーブル・チーズケーキ

2010/03/28
km_birthday_cake.jpg
義母のお誕生日にケーキを焼きました。あ、レアチーズケーキだから、焼いちゃない、作りました、です。二世帯住宅で廊下が繋がっているので楽チン。
ちょっとだけ食紅を使って模様を描きました。サイケデリックな模様、ということで。
km_birthday_cake_mini.jpg
もっと中の方にもピンク色を混ぜたかったんだけど、あまり混ぜるとピンクの筋ではなく薄ピンクのチーズケーキになってしまうので断念。ちょっと心残りです。
生クリームは敢て柔らか仕上がりの豆乳クリーム。お砂糖&ゼラチンの代わりにマシュマロを溶かした液を代用するので切り口が綺麗でプルンとしたケーキです。

二世帯同居を始めて早半年。この間、いろんなスペシャルディにケーキを作っては、儀父母にも食べてもらっていました。持って行くと必ず「うわぁ~」と喜んでくれたお姑さん。これからもたくさんケーキ貰って下さい、何回も、何年も。と、心から思います。ホント私しゃ恵まれた嫁です。

拍手・コメント、本当にいつもありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2
22:48 手作りの記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

『LIAR GAME』-映画感想-

2010/03/27
liargame2.jpg
監督:松山博昭  脚本:黒岩勉・岡田道尚  原作:甲斐谷忍
製作:フジテレビジョン・集英社  配給:東宝


先日、初めてレイトショーなんて時間に映画館で観ました。
どうしても昼間の時間で都合付かなくて、夫の協力の元、大人な時間に一人映画館に立つ。
こんな時間にこんな娯楽施設にいるなんて何年ぶりなんだー!とかなり興奮状態でした。

さてさて、肝心の映画ですが!良かったです!
直ちゃんは可愛く、秋山さんはカッコよく!音楽もいつも通りで豪華!
「ゲームのからくりは簡単で私でも解かった」と、先に観ていた友人が言っていましたが、
私にはちっとも先が読めず、ちゃんと製作者の意図通りにワクワクハラハラ進みました(爆)

それにしても、もうこれであの二人を観れなくなるとは残念です。もっともっと観て行きたい。
ゲームの謎解き90%ラブ10%のジャンルですが、このわずか10%を味わいたくてしがみついてます。
予告映像では、なんだかラブ度が高そうなシーンを使っていましたが…この辺は…ネタバレになってしまうので続きは伏せます。


>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
17:07 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

ツタンカーメン・カラー

2010/03/26

私は古代エジプト・ダイスキーです。
かの有名なツタンカーメンの黄金のマスクから、現代には無い色が発見された!というTV番組を見ました。
このマスクはほぼ純金と言う豪華な黄金で作られていますが、顔の部分だけは、わざと銀と銅を混ぜて白っぽくしてあるそうです。ここは肌だよ。と言う事でしょうか。そして、頭を包む布の縞模様の青い部分。この二色とも、現代には登録のない成分配合の色なので新色とみなされ、それぞれを「ツタンカーメン・ゴールド」と「ツタンカーメン・ブルー」と名付けられました。ツタンカーメン・ゴールドに置いては、2万分の1ミリと言う薄さの金箔にして貼られているそうです。今ようやく浸透してきたナノテクノロジーの領域です。日本の金箔の老舗の職人さん方がこの金箔作りに挑み、文明の利器を駆使しても、品質を保ったままの薄さには届きませんでした。職人さんの一言にロマンスを掻き立てられました。「古代エジプトには物凄い職人がいたんだなぁ」。
ツタンカーメンのお父さんの時代にも、現代にはない水色がありました。当時の首都の名前を取って「アマルナ・ブルー」と言うそうです。

若くして謎の死を遂げた少年王の再現ドラマで、今までたくさんのツタンカーメンを観てきましたが、今回のは強烈でした。髪型が。上部を平たくされた黒いカリフラワーのようでした。あぁもっと広がってたと思う。矢島美容室の貴さん級だったよ。
tutanchamun.png
過去一番びっくりしたのは右の形。まるで「片っぽだけヤマトタケルorHWのQ太郎」だよね。目を疑ったけど、これと同じ髪型を漫画で見たことあるので(「ナイルのほとりの物語」長岡良子/著)案外リアルなのかも。すっごいイヤだけど…。

ツタンカーメンのエピソードで大好きなのが、彼の黄金の玉座の背もたれに施された絵です。年上女房が彼の肩に香油を塗ってあげてるんだけど、その足元、一組のサンダルを片っぽずつ二人で履いてる…もう、どんだけラブラブだったんでしょう(姉弟だけど)。しかも、そんなシチュを玉座に使っちゃうなんて!
彼のお墓が発見された時に、棺の上に置かれていたヤグルマギクの花束も、もし本当に彼女の手向けたものなら、いっそう切ないですよね。

ずいぶんと更新できずにいましたが、花粉です!花粉にやられていました。喉に来て首と鎖骨の上のリンパがパンパンになって、気管支喘息まで勃発、空気薄くて久々に悶えました。ベジータの呪いかも…とちょっと後悔の日々でした。今年は花粉すごいと思います。皆様は大丈夫でしょうか…。

拍手・コメント、いつもありがとうございます。
そろそろM誌の次回締め切りに向けて活動開始します。頂いているリクエストなども描いて行きたいと思っています。あぁ、別館のTOP絵も…;;;;
関連記事
web拍手 by FC2
23:52 ごちゃごちゃ | コメント(0) | トラックバック(0)

『地球のウィルス』

2010/03/17
365_66wirusu.jpg

365のお題のNo.066です。初めてベジブル漫画を描きました。たった1ページのショートですが、半日かかりました。アホです。主線までアナログでして、あとはフォトショとsaiでしましたが、何も…!何も彼らの得意な機能を使えなかった!じっくり虎の巻を読みながら色々試したかったのですが、新しい技云々より、以前には出来ていたマスクをかけられなくなっているのが何故なのか!どうしても解からずに、塗ってははみ出しを消して…と地道な作業を繰り返し。マスクをかけようとすると、キャンバス全部が色着いてしまうの。どうして???ちゃんと線は閉じてるよ(ToT) もしかして、スキャンしたペン画だから、彩度を透明度に変える…とかいうのをいじらなくちゃいけなかったの???しくしく。全部アナログならせいぜい3時間だったよなぁ…でもやっぱり、仕上がりの効果がステキなんだよなぁ(超自分的に) 精進しよう…。別館『vege Bul Party』飛びます。
いよいよ明日はサイヤの日! 本当はこれに向けて何か描くべきだったんじゃないのかと、ものすごく思いますが、365のお題も、閃いた時に片付けていかんと先が長いので。
サイヤの日っつったら、やっぱ、地上げ屋三人衆とかかなぁ…と思い、待って、私にゃナッパなんて描けん!とびびり(ベジのマッチョだってやっとこんな感じなのに!)じゃあ、可愛いところでジュニア達でごまかすか!なんて姑息な事考えたり…。考えたりで、もう明日になっちゃうんだろうなぁ…。
サイヤの日なのに、TOPがバレンタインなんて甘々ですみません…。

拍手・コメント、ありがとうございます!
関連記事
web拍手 by FC2
16:48 別館・ベジブル二次創作 | コメント(5) | トラックバック(0)

「ごくせん3」

2010/03/16
今更ですが、ごくせんを楽しんでいます。昼間、第3シリーズってのを再放送していて。
生徒役の男の子達が可愛くてお洒落でたまりませーーーん!どんだけおばさんと思われようと構わない!この男の子達を鑑賞するために毎日録画しているといっても過言ではないです!中でもダントツ可愛いのが高木雄也クン演じる緒方大和だ!TVをつけてたまたま彼が写っていて「うわっ!ナニこの子、カワイイーーーー!」と釘付けになったのが、そもそもの始まり。あの、童話の中の王子様のようなふわふわの髪型がストライク!大きくないけど垂れてる目がこれまたストライク!どちらかと言うと無口なキャラで、でも、いざと言うときはカッコイイ言葉を吐き出す小っちゃいお口もストライク!きゃーーーー三振アウトよーーー!
と言うわけで、萌え絵を描きました。似てなくても萌えを感じて頂ければと…。
久しぶりにsaiを触りましたが、まったく主線が描けなかったのでアナログで。
彼メインのエピソードの回がこれからなんです。どんな話なんだろう。楽しみ~!チャラ系キャラの三浦春馬クン演じる風間廉とのコンビも美味しいんだよぉ~。そそるよぉ~。

※画像をクリックするとAmazonへ飛びます


お陰さまで、パソコン復活致しました。本当に良かったです。ご迷惑とご心配をおかけ致しましてすみませんでした。
拍手、コメントもありがとうございます。サイト・ブログマスター様へは、直接伺わせて頂きますね。

別館のTOP絵が、バレンタインのまま!でも、ぱぱっと描ける物でもないので手付けず、放置のままです。
そういえば、拍手の御礼絵が夏のままだったよな…本当に申し訳ないです。
描きたいモノいっぱいで、なかなか形にできませんが、末永くお付き合いの程、宜しくお願い致しますm(__)m
関連記事
web拍手 by FC2
19:46 TVドラマ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

三月雪…

2010/03/09
20100309174208
昨日、取り込み忘れた洗濯物が、ベランダで雪まみれに…。ごめんね、台布巾。仕事上がりに図書館に寄り、心行くまで堪能して、いざ外へ出てみたら、雪、積もってるし! すぐ止むだろうと思っていたので、びっくり。膨らみ始めた桃の蕾、寒いでしょうねぇ。
それにしてもアバター! 私の中では映画賞総なめよ!
先週半から、溶連菌と言う、恐ろしげな字面のウィルスにやられて高熱を出し、来る日も来る日も唸ってました。初めて悪寒対策に手袋まで使いました。ハイネックのカットソーに厚手のカーディガンを重ね着しても、寒くて寒くてホカロンを背中に貼りました。
溶連菌、大人はかからないそうです…。
溶連菌などに関わらなければ、今週末ライアーゲーム観に行けたのに! 早く観たいよー!

拍手・コメント、こんな状況でもありがとうございます!
関連記事
web拍手 by FC2
17:52 主婦日記 | コメント(5) | トラックバック(0)

お詫びとお知らせです

2010/03/02
騙し騙し使っていたパソコンが、いよいよ先週末からまったく機動できなくなり、入院させる事になりました。しばらく更新は携帯からになり、テキストのみになるかもしれません。
拍手コメントを下さったサイトマスター様へのお礼も、私の携帯はフレーム対応していないので、伺えないサイト様もあります事をお詫び致します。
そして、デジ絵修行が出来ない事が非常に辛いです!私信になりますが、りぶき様、リクエスト絵、進行出来ずすみませんです!サイトにも伺えず…本当にすみません。

拍手下さる方々も、本当にすみません。
関連記事
web拍手 by FC2
20:56 ごちゃごちゃ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |