04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『タイタンの戦い』-映画感想-

2010/05/31
titans.jpg
監督: ルイ・レテリエ  脚本:トラヴィス・ビーチャム/フィル・ヘイ/マット・マンフレディ
配給:わーなー・ブラザーズ  公式サイト

公開終了間際に滑り込みで観て来ました。3Dがかかってなかったので、仕方なく2Dで観ましたが、「あぁ、この剣、飛んで来てるんだろうな」と思ったシーンがたくさんあって悔しかったです。

ギリシャ神話を知っていると、オリンポスの12神が勢揃いしているシーンなどリッチな気分になれます。いやぁ、神々の神々しさ(かみがみのこうごうしさ)ったら、鎧や服が光り輝いちゃってて眩しいったら! 実際に見えたら、こんな感じなのかもね、と妙に納得。(ありえんが)

ペルセウスと行動を共にする勇敢な兵士達、彼らのキャラエピソードが極少もしくは無しで、これがとっても残念でした! 怪物との戦いシーンを多少縮めてでも、もう少し彼らのヒューマンドラマを観たかった…。だって皆、何かしら魅力あるキャラ達だったからさぁ。自称「戦い(対魔物だっけ?)のプロ」の二人組ぐらいに、他のキャラ達にも光を当てて欲しかったっす。地味だったけど、心優しく最後まで付き合ってくれた若者二人とかさ、どんな立場でどんな思いを抱えて、この旅に同行してたの? 隊長・ドラコとか、副隊長っぽいおじさんとか(もう名前すら知らないぜ)もっともっとペルセウスと絡んで欲しかった。

この辺の不満が、不完全燃焼な思いへと変わってしまいました。
サム・ワーシントンは凛々しく、好青年で、とっても良かったのですが。
ジェマ・アータートン、本当は色白だったの? プリンス・オブ・ペルシャのタミーナ王女は砂漠の姫だったからわざわざ色黒にしていたって事だったのかしら? 彼女の謎の美女と言う役どころも、正体が判ってからも別になんかね…

主人公と行動を共にする事になるサブキャラ達の魅力的な動かし方が、プリンス・オブ・ペルシャはものすごく優れていたんだなぁと、改めて感心しました。タイタンの戦いは、これがとっても残念でした。
でも、CGとか迫力あって素晴らしかったです。映画館で観れて良かった。
ペルセウスも、ペルシャのダスタン王子も、家族愛にこだわる心優しき青年でした。素敵☆

今月は大作ばかり3作も観られて幸せでした~♪

拍手・コメント、ありがとうございます!


関連記事
web拍手 by FC2
15:18 映画感想 | コメント(2) | トラックバック(0)

5/30・改

2010/05/30

今日は王子不在でつまらんかったです。多分来週もかな。ちぇ。
トラちゃんの前髪って、アニメでは肌色だったんだけど、毛束なのに肌色って変じゃないですかね? 赤子の毛は薄いからって事なの? 個人的に藤色の髪が大好きなので、無理やり着色しました。初トラちゃん、顔の大きさが母ちゃんと同じになってしまった、巨顔でごめんね。藤色の髪の巨顔ったらイワさんじゃんね。デスウインク&ヘルウインク大好き。

二日たった今も、プリンス・オブ・ペルシャの興奮が冷めません。ダスタン王子を演じたジェイク・ギレンホールは、今までは草食系男子の役ばかりだったそうで、あんなに行動的でマッチョな役は斬新なキャスティングだったそうな。そなるほど、あの甘えっ子みたいな表情、あれはまさにそんな経緯が滲み出た表情だったのね!と、ものすっごく納得してしまいました。

頭脳戦だけでなく肉体的にも最強の男が、精神面でちょっと弱いトコあったりするのが私はツボのようです。だからベジータも好きなんだな。悟空はさ、精神面も強いからさ(もしかして傷付く事無いほど鈍感?)誰かに甘えるなんて状況皆無だと思うのね。でも王子はナイーブでデリケートだから、ブルマが支えてあげてないと。陰に日向に。ツボだ!

拍手、コメント、いつもありがとうございます~!
関連記事
web拍手 by FC2
22:53 別館・ベジブル二次創作 | コメント(0) | トラックバック(0)

『プリンス・オブ・ペルシャ』-映画感想-

2010/05/29
popt.jpg
監督:マイク・ニューウェル  脚本:ボアズ・イェーキン/ダグ・ミロ/カルロ・バーナード
原案:ジョーダン・メクナー  配給:ウォルト・ディズニー・ピクカーズ

すっごい良かった! 私の中で今年No.1です!
何が良いって、主人公のダスタン王子がです!
映画の冒頭、彼はまだ10代半ばの(前半?)の少年で、
ペルシャの首都のスラム街で逞しく生きてるんですが、
俊敏さや勇気・仲間を思いやる優しさ等を、通りかかった王に見込まれ、
養子として王宮に迎えられるんです。

で、本編「その15年後…」。にしては、ずいぶん老けているように私には見えました。
ヒゲもじゃだし、胸毛もあるし。今こうして冷静に考えれば、歳相応だと判断できるんですが、
鑑賞中はひたすら老けてると思ってました。

んが!ここからです!カーン!
戦略に長けてて、不死身みたいに強い彼が、
自分を愛してくれてる父王の側でお喋りする時の子供みたいな甘えた顔! とか、
ちっともお淑やかじゃないヒロインの女王のコトが、
だんだん気になり始めて困っちゃった顔! とか、とか、とか…!

とにかく、ヒゲもじゃ胸毛なくせに、少年みたいな表情をする! あぁ!

でも映画を観た女性が私のように「あぁ!」となるように作られているそうで、
私は製作者の意図通りに感じたと言う事ですね。相変わらずお安いです。

仲良くない二人が仕方なく行動を共にしている内に、あららら…? このパターンは大好きだーーー!

SF映画の金字塔でも、主役のお姫様とバッチイ用心棒が喧嘩しながら魅かれ合ってました。(若き主人公を差し置いて) 絶体絶命の刹那の「愛してるわ」「知ってる」この台詞はあまりにも有名ですよね!きゃー!

とにかく、冒険・ファンタジー・家族愛・恋愛・笑い。全てがたっぷり詰まった、大満足の映画でした! お薦めです!
ネタバレになってしまう部分を畳みます。

拍手、コメント、ありがとうございまっす!



>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
00:01 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

『アリス・イン・ワンダーランド』-映画感想-

2010/05/28
alice__20140205190353eee.jpg
監督:ティム・バートン  脚本:リンダ・ウールヴァートン
原作:ルイス・キャロル  配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

吹替3Dで観ました。綺麗でした。豪華でした。
そしてアリスが、好奇心旺盛で、勇気とユーモアを失わずに成長していたので嬉しかったです。
ネタバレになるので少々下します。







*************************************

彼女が女性ながらに貿易の仕事に才能を開花させるラストが本当に素晴らしかったです!
大海原を行く巨大商船に乗って潮風に吹かれる彼女の、なんて立派な姿。
私はすっかり母親の気分になってしまって、涙ぐんでしまいました。
遥か遠くの大陸を見つめているのだろうけれど、ワンダーランドの事を忘れたわけじゃない。
綺麗な蝶々になった芋虫のキャタピラの事もちゃんと判るし。
アリスの良き理解者だった父親の仕事仲間がこれまた良いおじさんで
「義理の娘にはなってもらえそうに無いが、良き仕事の相棒にはなってくれそうだ」なんて、本当に粋な台詞。
こんなカッコイイ人の妻子がなんであんなかね? 
ジョニーのマッドハッター、昔の美しい風貌に戻るかと期待してたけど、
赤の女王が滅んでもチリチリヨレヨレヘアでちょっとがっかり。ダンスは変過ぎだし。
でも、アリスに「帰らないで」と言ってしまうところはきゅんとしました。

*******************************



と、良かった話はここまでで。
酷いよ!は、アリスと白の女王の吹き替えです!下手過ぎる…。なんでプロの声優さんを使わないの?
女優さんを使ってその人が上手ならいいよ。でも下手だったじゃん。
感情を沿わすのがすっごく大変だったんだけど!
アリスは小娘だから百歩譲って我慢するとして、白の女王は絶対ダメ。深キョン、嫌いじゃないけど下手過ぎる。
彼女に声だけの表現は無理なんだよ。
深キョン使用で宣伝効果が多少あった位で、作品のレベルは物凄く落としたよ。
深キョンも引き受けるなら勉強して欲しい……ごめんなさい、でも本当に酷かったので…。

3D映画の欠点は吹き替えになってしまうトコです(字幕では酔ってしまうので…)


拍手・コメント、ありがとうございます~☆

関連記事
web拍手 by FC2
17:42 映画感想 | コメント(2) | トラックバック(0)

すっごい雲!

2010/05/27

夕方、北東の空。夏はまだまだ先なのに、あんまりすごい雲だったのでパチリ。
これが霧状の物体とは、とても信じられない程の盛り盛りっぷり。
綿だよ、綿! 手が届いたなら、しっかり手ごたえありそうな質感。
乗れるぜハイジ! と思いました。
関連記事
web拍手 by FC2
20:10 無限に広がる大宇宙 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

2010/05/27

今期、しっかり観れているドラマです。↑何か昼メロみたいな絵になってしまいましたが違います!違うんです!もっと重く美しいシーンなんです!(何気に昼メロに失礼)
5/25放送のこのシーンは泣けました!絵では全く再現できてませんが、白石美帆演じる看護師長の表情に、リピートして観ては泣きました。
ネタバレなので、反転文字にしました。→ジェネラルを信じて不正に加担し続けた彼女。でも、新しい職場にジェネラルは独りで行く考えだと知って、初めて、おそらく初めて、泣き言みたいな台詞を吐いてしまう。…可愛かったなぁ…。いつもキリリとしていて、感情に流されたりしない彼女の、精一杯の泣き言。胸の中はぐっちゃんぐっちゃんだろうに、取り乱す事無く静かに訴える姿は本当にいじらしかった。そこへ持って来てそっと流れ出すエンディングテーマ。この聖子ちゃんの歌もいいよね!今回は「この歌って、彼女のための歌詞みたい!」と、更に涙を誘いましたん…。
救命病棟24時Ⅱには敵わないけど、でもこのジェネラル・ルージュの凱旋は私の中でNo.2だ!
やっぱりジェネラルがカッコいいしね。


※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

拍手・コメント、いつもいつもありがとうございます★

関連記事
web拍手 by FC2
06:59 TVドラマ感想 | コメント(1) | トラックバック(0)

5/23・改

2010/05/24

ブリーフ博士に300Gの重力室を作れと言ってる彼は、我侭炸裂の超駄々っ子ですよね。スーパーのお菓子売り場で、デパートのおもちゃ売り場で、欲しい物を強請る子供。あまりのやんちゃっぷりがとっても微笑ましかったです!

しかし、展開速っ! ブルマとの接近エピも程良く短縮されていてすっきり観れて喜ばしい限りです。ヤムチャの心理も充分伝わるし。(切なーい。ヤムチャファンには、心の痛い回でしたね)
ピッコロと孫父子の特訓の最中に「あっと言う間に3年が経った」と言われ、このナレーションの間に私達ベジブル二次萌え達の、大事な大事な全てが起こったのだと!一人ドキドキしてしまいました。キャーーーー!
ピッコロ、POST BOY なんてTシャツを着て、悟空と教習所に行かせられなくて、本当に良かったね!

拍手、コメント、いつもありがとうございます。感謝しています(*^^*)

関連記事
web拍手 by FC2
00:04 別館・ベジブル二次創作 | コメント(4) | トラックバック(0)

『ダレン・シャンⅠ 奇怪なサーカス』

2010/05/21
ダレン・シャン―奇怪なサーカス
ダレン シャン/著  田口 智子/訳  小学館 (超個人的推奨度数★★★★☆


映画を観て、主人公を教育して行くバンパイアに骨抜きにされた記事を熱く3/30にupした私ですが、
やっと原作をゲット、読みました。
が、映画の半分にも満たない内容だったので、映画は次作のⅡも一緒になっていたようです。

陽気なミュージシャン志望のヘビ少年やキュートなモンキーガールは、
まだちっとも活躍して無かったですし。

おっさんバンパイアのラーテン・クレプスリーは、
原作ではヒョロガリ体形で映画の彼とはイメージが違っていましたが、
それでも脳内ではあの彼を動かしながら読み進めました。

読んでみて、映画はとても良くエピソードを端折り、ちょっと変え、繋げていたと感心しました。
原作を読んでも、映画は全く色あせなかったです!
(つかクレプスリーの魅力は映画でないと味わえない…;;;)

図書館に返しに行った時に次を借りようとしたらⅡからズラリと貸し出し中で、
とりあえずⅩがあったので、後書きをチラ読みした。
んが!今この時点では知りたくない事をたった1行で知ってしまいまして打ちひしがれています…馬鹿な私…orz
そんなに先の巻の後書きなんて読むんじゃなかった。遅いけど。これからは気を付けよう…しくしく。


拍手・コメント、ありがとうございます!



関連記事
web拍手 by FC2
14:47 読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

『天使の靴』

2010/05/20
天使の靴
ドナ・ヴァンリアー/著 木村恵子/訳 ポプラ社  (超個人的推奨度数★★★★★

「大切な人を、大切にするのは難しいことですか?
 妻から別れを切り出された夫。彼はクリスマスの夜、ある少年と出会う…。
 小さな出会いが人生を変える。
 少年の無垢で純粋な愛に、心温まるハートフル・ストーリー!」

↑新聞の広告欄での紹介文ですが、これに惹かれて読みました。

家族のために、ただひたすら働いて来た男。
高級住宅街に住み高級車を所有する豊かな生活こそが最大の幸せなのだと信じている男は、最愛の妻達が寂しがっているとは夢にも思わない。


もう一組の家族は、自分達で改装したガタガタの中古住宅に暮らし、
生活は一杯一杯だけれどいつも家族一緒で、真面目に正直に生きている。


別々に語られる二組の家族の話が、クリスマスの夜に交わる…。

離婚を切り出された男の話は、男の独白形式で進むのに、
もう一方の家族の話は、物語風に進むのが、上手く説明できませんが妙に納得でした。


印象的で何度も反芻してしまった台詞があります。
慎ましやかな生活を送っている夫婦の会話ですが、いつもやりくり頑張っている妻に、夫が申し訳ないみたいに言うと、彼女は微笑んで、『欲しいもの』すべてが『必要なもの』ではない、自分たちは必要なものはすべて持っていると答えるんです! さらにガレージセールばかりで買い物をしている妻に「たまには百貨店や専門店で買い物したいだろう…」みたいに言うんですね。すると彼女は、そんなことはどうだっていいことだ、健康で幸せである事、それ以外は余分なことだときっぱり。
何て潔いんだろう、何て強いんだろう、何て素敵な女性だろう。

そう思ってはいても、つい贅沢品に心奪われがちな自分を反省です。
心奪われる物すべてが、必要な物ではない。
何処の店で買った物だろうと、ノーブランドだろうと、そんな事はどうだっていい事。

今の、使い捨ての時代が、何だかとても悲しくなって来ます。
彼女のように、少しでも凛と生活したいと心から思いました。

ラストがとてもとても素敵でした。良かったね、マギー。


文庫版も出てました。
天使の靴 (ポプラ文庫)

拍手・コメント、いつもありがとうございます…。




関連記事
web拍手 by FC2
19:09 読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

5/16・改

2010/05/19

「何をブツブツ言ってやがるんだ!」

5/16の改は、もうこのシーンに尽きます。ピッコロの驚き様に、家族総出で笑いました。本当に汗かいてたし。

トラちゃんが帰る時、上空からベジータを見下ろしながらの名台詞「父さん…。母さんの言うとおり、強く、プライドが高く厳しく、そして…寂しそうな人でしたね…」ジーン…。
しかし、トラちゃんを見上げているベジータは、ドッピンクのシャツに真っ黄色のパンツで超ラテン系。……寂しそうに…見えーん!

しかし、トラちゃんを見る度に、ベジブルの愛を感じます。だってねぇ、ベジータにそっくりな顔なのに、ブルマみたいな髪質と色合い。本当にこの二人の子供なんだなぁと。本当に本当にこの二人が子供作ったんだなぁと。本当に本当に本当にこの二人ったら、これ以上の妄想は自粛。危ねぇ…;

テンポもなかり良さげなので(そりゃそうよね、時間無いもんね)ますます楽しみです。
あ、エンディングは絵に夢中で歌なんて気にかけてません。が、なんだかGTみたいな雰囲気だなぁ。ヤブレカブレ、良かったのに。ちぇ。

拍手・コメント、ありがとうございます。サイトやブログをお持ちの方への拍手レスはお伺いしてます。
関連記事
web拍手 by FC2
20:45 別館・ベジブル二次創作 | コメント(1) | トラックバック(0)

月花・頂き物!

2010/05/13

友人のお嬢様が、月花の絵を下さいました!
絵のお上手な花の女子高生! それはもうバッチリ今風の絵でジライルとユマリアを描いて下さいました! 「今の若い子はデジ絵上手なのよ」と友人は言いますが、それだけじゃない、いくらCG技術があっても、根本的な部分で絵が描けてないと、こんな風には描けないと思うデスよ!コンピューターは道具でしかないのですから!

なんて偉そうに薀蓄垂れてしまいましたが、ぜひ本館ギャラリーで実物を観てみて下さい♪

そっかぁ~、体の線はこーゆーラインなのかぁ…、お目々はこーゆー大きさなのかぁ…、髪型はこーゆー感じに描くのかぁ…etc ガン観してしまいました。
私には…描けん…くぅぅ…私が今更女子高生にはなれないのと同じ、仕方ないッス。
でも、自分が描けない分、本当に夢のようなありがたいイラストです。
本当にありがとうございました!

拍手・コメントを下さる方々も、本当にありがとうございます!

5/14 追記
ユーザー名 00@ぜろまる で、pixiv にたくさん絵を置いてあります。ポケモンがお好きなようです。宜しかったらぜひ覗いてみて下さい。
関連記事
web拍手 by FC2
23:09 本館・創作少女漫画  | コメント(3) | トラックバック(0)

『お稲荷さんが通る』

2010/05/12

叶 泉/著   産業編集センター (超個人的推奨度数★☆☆☆☆

第9回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。

舞台は、かつての日本の京都。今は中国日本省特別区。
日本人は最下層民族。中国民族(大陸人)から蔑まれながら、
高層スラムで一人逞しく生きる18歳の主人公『桐之宮稲荷』は、顎に「自称神様」が憑依している。
神様に出て行って欲しい稲荷と神様のドタバタと、物の怪達の戦いとかあったりして、ファンタジーな面白い話なんだけど…だけど。

おおお…と盛り上がるまでが、私には長かった…。
それと、稲荷ちゃんの行動が妙に無駄が多いように感じてしまった。
稲荷ちゃんの職業が娼婦なのにびっくり(本の折り返しにしっかり書いてあった;;;)。
その仕事っぷりのページもそんなにいらないよ…とも思い…

稲荷ちゃんの片思いの恋、相手の友人の下品な部分の方が稲荷ちゃんのドキドキしてる乙女部分より多く書かれてるってのはさぁ…、あぁ、作者はこーゆー部分が書きたいのかぁ…と急に興味は冷めて読むの止めようかと思いました。
でもやっと話が動き出したので、最後まで読んだら、山場は面白かったです。

最初からこの路線で書かれてればなぁ。

と、私は思った次第です。受賞作だって合う合わないはやはりあるんですね。
何様感想ですみません。


拍手・コメント、いつもいつもありがとうございます☆



関連記事
web拍手 by FC2
18:34 読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

エコバッグ

2010/05/11

私のエコバッグです。両脇のファスナーでマチが広がり、スーパーなどの買い物籠にジャストフィット。な筈だったんですが、度重なる洗濯と酷使のせいか、若干縮んだようで、籠に被せるのに苦労します。保冷機能はないのですが、とにかくたっぷり入るので重宝してます。このバッグを購入したのが「ベ●ク」だったので、このバッグは「ベル●」と呼んでいます。「買い物行くから●ルク取って」と言うように呼びます。エコバッグの利点は、レジでそのままエコバッグに詰めてって貰えるので、清算した時点でもう帰れるトコロですね。時間の節約&マイバッグ持参ポイントも付いてお得感を味わえます!

この日記で育てているグリムスの木に、特別な動物を招待するために、エコ記事をupしました。私欲に走った記事ですみませんでした。

拍手・コメント、ありがとうございます!

5/12 追記
わーい来ました! 猿(多分)の親子!
3-20100512_saruoyako.jpg
これからもぽつぽつと招待に挑戦したいです。
関連記事
web拍手 by FC2
23:15 グリムス | コメント(2) | トラックバック(0)

M誌18号・脱稿

2010/05/10

無事に脱稿できました。結局4コマ3本と、見開きのフリートーク(つか、ほとんどイラスト)の、たった4ページになりました。小さなイラスト1枚ぐらい追加…なんて淡い希望も消えまして。
何か、久しぶりに原稿用紙で漫画を描きました。ら、やっぱりトーン作業がすごいストレスでした!
でも影とかきっちり入ってる方が好き。この矛盾を解消するにはデジ漫画しかない!とつくづく思います。
なんちゃってSFでデジ漫画修業するか!とグラグラ心揺れております…。
とりあえず、お風呂入って寝ます…おやすみなさい…。

拍手・コメントありがとうございます~♪
関連記事
web拍手 by FC2
23:52 本館・創作少女漫画  | コメント(0) | トラックバック(0)

365お題『青』

2010/05/08

ネタだけ温めていたお題をえいやっと。もっと青達が際立ってくれたら…くぅぅっ。
デジ熱が残ってるうちに描けて良かったです。
この週末はサークルM誌用にちょこちょこと4コマを描きます。
それが終わったら、デジ絵修業を今月一杯する予定です。
本館・別館のTOP絵でしょ、キリリク2枚でしょ、拍手御礼絵。描くぞーーー!

拍手・コメント、ありがとうございます★
関連記事
web拍手 by FC2
02:07 別館・ベジブル二次創作 | コメント(0) | トラックバック(0)

『さよならのためだけに』

2010/05/07
さよならのためだけに
我孫子 武丸/著  徳間書店  (超個人的推奨度数★★★☆☆
独創的相性判定でピッタリの相手を見つけてくれる結婚仲介業社の紹介で、
特Aの組み合わせで結婚した主人公達が、ハネムーンから戻るなり離婚を決める。
まったくそりが合わなかったから。

でも、何故か簡単に離婚できない。
離婚を阻んでいるのは、少子晩婚化に悩む国家だった。

かくして、二人は大嫌いな相手とタッグを組んで、離婚を勝ち取るべく国家に挑んで行く…!
 
近未来SFチックなお話だとは思っていなかったので、思いがけずにスリルも味わえました。
主人公・二人の語りで進んで行くので、一つの出来事も、彼氏側と彼女側から読めて、
感じ方や考え方の男女の違いが楽しめて面白いです。

ヒロインは気が強いけれども自分の意思をしっかり持った先進的な女性。
それに比べてヒーローは、一般的な枠からはみ出る事を嫌い、
彼女が悩んでいる事すら理解できない、後進的な男性。
合うはずがない。
なのになんで特Aの組み合わせなの?どこが?ってこの謎は結構早くに解かるんですが、
解かってからも面白く読めました!恋愛物だったしね。(重要ポイント) 

サラサラサラ~と読めます。お勧めします。
作者の我孫子武丸さんはゲームの脚本も書かれているそうです。



拍手・コメント、いつもありがとうございます♪




関連記事
web拍手 by FC2
08:26 読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

観たーーーーい!

2010/05/06
今、観たいのに観れないでいる映画!
月に囚われた男』かけてる映画館、一番近くて恵比寿!行けない!
タイタンの戦い』3Dはちょっと遠くの市じゃないとやってない!
アリス・イン・ワンダーランド』『のだめカンタービレ』時間が合わん!

録画したまま、ちっとも観れてないドラマ!
IRIS-アイリス-』私にしては珍しく韓流なのに興味が湧いて。観る気満々なので早く観たいのに!
同窓会~ラブ・アゲイン症候群』三上博史が観たくて録ってるんだけど、黒木瞳と斉藤由貴が同級生と言うのは絶対無理がある!って怒りから観れずにいるのかも…
素直になれなくて』違うドラマで友人同士だった役者さんが恋人同士に…ってのがあまり好きではないし、暗そうな話じゃない?観ないで消しちゃうかも…
ヤンキー君とメガネちゃん』観る気は満々なのに…!設定からして好みだし。やっぱり原作が漫画なのは魅かれやすいのかな。

けっこう観れてるドラマ
げげげの女房』松下奈緒ちゃんは『おひとりさま』の時は何か痛々しい役処で可愛さが死んでたけど、これはいい!可愛い!
ジェネラル・ルージュの凱旋』バチスタはもう無関係だよね?いつの間にか普通の救命物語になってませんかね?
ギャラクティカ2』オリジナルからして大ファン!スターバック命でした。まさか女性になっているとは…!

アニメは…プリキュアワンピースしか観れてないです。日曜日の朝だけって感じです。
平日は、たまごっち、毎日かあさん、イナズマ・イレブン、ポケモン、ナルト、クレヨンしんちゃんをかろうじて音だけ聴いてる感じ。(ドラえもんに至っては音すら聴かない)

いよいよ、月9でキムタクのドラマが始まりますが、『月の恋人』なんてタイトルは最高!中身はどうなんでしょう。珍しくキムタクがヒールらしいけど。ヒロインがなぁ…日本人じゃないのはさておき、幼過ぎやしないか?もっと大人の恋愛話が観たいんだけど…。まぁ、とにかく観なくちゃ分からないので観ます。

世界への旅行番組が好きです。いろんな都市を観ながら、いろんな妄想します。もちろん漫画のです。この町をあの二人に歩かせたい!とか、住まわせたい!とか…。なかなか作品中に反映できませんが、でも脳内の引き出しは増やしておくに越したこと無いので。

脳内の引き出しと言えば、最近ようやく活字を読む気力が復活してきて、気になってた本を図書館で借りては読んでます。無くてもリクエストすると、購入してくれて新品を読めたりします。ありがたいです!引き出し増設計画です。

拍手・コメント、いつもありがとうございます!
関連記事
web拍手 by FC2
21:42 ごちゃごちゃ | コメント(0) | トラックバック(0)

苺ジュース&ゼリー

2010/05/05
連続記事up、8日で途切れてしまった。残念。
昨日はコミティアでした。サークル仲間がファンタジージャンルで参加してました。
私も去年・一昨年とこの春ティアに参加してましたが、今年は家族サービス。といっても、GW明けてすぐ(もう明日だ!)に、次男の家庭訪問があるので大掃除してます。中学校は親が行く教育相談会とか二者・三者面談だけで楽ちんなのに、小学校は家庭訪問で先生が家にお越しになるんだったよorz
でも…これでやっと、リビングに居座っていた引越し屋のダンボールをどかせました。…どかしただけ…他の場所に…

先日作った苺シロップを、炭酸水で割った苺ソーダと寒天に混ぜた硬めのゼリー。
どっちもちょっと甘ったるい。今度シロップを作る時は、レシピより砂糖の量は減らそう!
夏のかき氷にかけよう…なんて思っていたけど、もうなくなっちゃったorz
一籠いくらの安い露地物に巡り会えたら、また挑戦したいんだけどなぁ。

拍手・コメント、本当にいつもサンキュウです★
関連記事
web拍手 by FC2
11:44 手作りの記録 | コメント(2) | トラックバック(0)

捧げ物・ベジブル

2010/05/03
ribuki_mini.jpg
捧げ物ではありますが、別館にもupさせて頂きました。画質保持のためかなり大きいサイズのままです。
3ヶ月近くも引っ張ってしまったのに、お題からちょっとずれてしまい申し訳なく思っています。。
桜の季節を迎えようとしている時期に考えていたのは、桜の枝をぬって、上から見下ろす二人だったのですが、どうしても上手く描けなかったので断念。逆に、地面からあおりで二人の頭上に桜の枝を…も技量不足で断念。で、森林浴デートは諦めて、街中デートに変更するも、シチュエーションが浮かばずリアルでも桜は咲いて散り…。
イラストってたった1枚で表現なので、潔い判断力が必要なんじゃないかと思ってます。

描き易いように描くと、細面で八頭身の少女漫画チックなベジータになってしまうので、ベース型の輪郭でマッチョにするのを心がけてます(これでも…orz)。心がけるあまりに、ついついトッチャン坊やみたいなシルエットになってしまう。ああ、本当に難しいです…。

拍手・コメント、いつもいつもありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2
23:45 別館・ベジブル二次創作 | コメント(0) | トラックバック(0)

5/2・改

2010/05/02
今日の王子は良かったです! Zでは噴出してしまった「ちょっとー」、これが見事な台詞に変わっていましたね!
つか、本来の王子の口調はこうなんですから! Zでは「地球の女ー! 聞こえてるんだろうー?」と怒鳴り具合もソフトだった王子。今日は、高飛車に叩き付ける様に、イライラと怒鳴り散らしておいででした。それはもう、すごい迫力で。それにすら怯まないブルマは、ますますいい女度が上がるってなもんで。Zで喋っていた「強がってたって、どうせお金ないんでしょう?」などと超失礼な台詞もカットされてて良かったです。
どちらにしろ、このシーンは丸ごと原作にはないシーンですから、極力カットして欲しいです。

先週、案の定勘違いしてました、痛いパーティーシーンはここではなかったです。でも、じゃあどこだっけ?と思い出せない。確かナメック星人が大勢居たような気がしてたので、彼らがまだCCに居候してた頃だと勘違いしてました。いつだったけなぁ…。
for_ribuki_sitagaki.jpg
ようやく捧げ物を着色まで漕ぎ付けました。最初の案から激しくシチュは変わり…上から見下ろす絵がどうしても描けずに断念した構図が数枚…。技が欲しいなぁ、脳内イメージをそのまんま描ける技が…。

拍手・コメント、メールもありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2
22:45 別館・ベジブル二次創作 | コメント(2) | トラックバック(0)

『第9地区』-映画感想-

2010/05/01
dai9chiku.jpg
監督:ニール・ブロムカンプ 脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル
配給:ワーナー・ブラザーズ/ギャガ  公式サイト

雑誌にあった紹介記事を読んで、観たくて観たくて!
この巨大宇宙船に乗っていた大勢の宇宙人は餓死寸前の宇宙難民。
難民キャンプ地・第9地区に、エビ(姿が似ているかららしいが、似てないと思う…)と蔑まれながら28年間暮らして来たエイリアン達を、犯罪が多発して来たという理由で強制収容所へ移転させようとする人類。

このエイリアン隔離政策が、実はリアルなアパルトヘイト問題と重ねてあると知って観ていると、心底胸が痛む。
エイリアン達が迫害されている黒人達にしか見えない。
南アフリカ出身の監督ならではと唸らずにはいられない。(偉そうですみません)

設定・メッセージ・アクション・迫力・スピード感! 本当に素晴らしい映画! 観て良かった!

ラストも…良かったよ! 大好き!

拍手・コメントありがとうございます(*^^*)


関連記事
web拍手 by FC2
00:01 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |