ここで育てているブログペットの木、五本目がなかなか成長してくれません。
栄養源のエコネタをちょっとUPしますね。
「エコアクション」。調べてみたら何だか難しそうなモノもありますが、要するに、エコになるような活動のコトで、日常的の「大事に使おう」とか「まだ使えるから捨てない」とか「無駄使いしない」とかがすでに立派なエコアクション。
植林活動のグリムスもエコアクション。

それから…。自然に還らないモノは作り出さないのもエコアクションなんじゃないでしょうか。
安全な廃棄処分方法も分からないまま、作り出してしまったデスモンスター、原子力発電システム。
エコアクションの対極だと思います。
だめだよ、生物にも地球にも優しくないシステムなんて。
世界でたった一つ、原子爆弾の猛威を味わった国なのに。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

11/25 追記
エコネタUPでゲストが来てくれました♪
ecoa.jpg

web拍手 by FC2
関連記事

はやぶさ君の冒険日誌
小野瀬直美/著 寺薗淳也/監修 毎日新聞社(超個人的推奨度数★★★★★

買いました。JAXAのHP版にずいぶん加筆されていて、いろいろ詳しくも楽しそうで、盛りだくさんな一冊になっています。子供にももちろんばっちり。

JAXAサイト内の「はやぶさ帰還特設サイト」に「関係者からのメッセージ」というページがありまして、はやぶさプロジェクトに係わった方々の思いが日変わりで掲載されています。
私も、はやぶさの帰還の瞬間が近づく日々、よく拝見していましたが、その中でも、はやぶさ運用スーパーバイザーでもあるサンプラ担当者の矢野創助教授が、帰還当日の朝にUPされたメッセージがとてもとても心に沁みました。

七年前。いよいよ12時間後に打ち上げが迫った、まだミューゼスCと呼ばれていたはやぶさに贈った言葉。

そのシーンを、映画「HAYABUSA」でも再現してくれていたのですが、鑑賞時の私は、似たようなシチュエーションだなぁと思っていても気付けず、帰宅してパンフレットに「モデル:矢野創助教授」と発見して、改めて感動!
(劇中では田嶋学という名前で、役者さんは山本耕史さんです)

本当に本当に素敵なメッセージです。カプセル回収隊でもあった矢野氏が、ウーメラ砂漠ではやぶさへの手紙という形で書かれています。
ぜひご一読下さい~。↓リンクしました★
*関係者からのメッセージ「約束」矢野創*


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆


web拍手 by FC2
関連記事

勤め先で、研修に来ていた中国人の青年と仲良くなって、彼が帰国した今もメールでやりとりをしています。
彼は日本語まったく使えないけれど英語ペラペラ。すごいんです本当に。頭下がります。
私は中国語も英語もだめだけど、まだ英語の方がちょっとは分かるのでコミュニケーションは英語。
彼がまだ日本に居た時は、英単語を並べて、後はボディランゲージっつーか、ジェスチャーゲームみたいな手段で凌いでいましたが、メールだとそれはできない。
高校時代、常に赤点スレスレだった私が、英語でメール!死にそうです。
彼から送られてくる立派な英文メールも、正しく理解するのに四苦八苦。
そもそも今だに小学校卒業記念の辞書しかないってのが、レベルの低さを物語ってるでしょ?
(…高校時代もその辞書で過ごしていたんだと、今改めて気付いた…orz)
彼とのメールを少しでも滑らかにするべく、勉強し直す事を決意。

↑ 東後幸生著 ベレ出版          ↑巽一朗著 ナツメ社
「隣で家庭教師の先生に教わって        頻繁に使われる表現をカジュアルと
いるような感覚で勉強できる」           スタンダードの2種類紹介!
表紙の、この人の良さそうなおっさんが      This is jsut what I wanted !
私のカテキョらしい。

時間が無い毎日で、どこまで習得できるでしょうか…;;;

そうそう、彼には「TVアニメーション」「メイドカフェ」「ドラゴンボール」は、通じなかったよ;



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆
web拍手 by FC2
関連記事


ベジブルカレンダー以来の、もんびりれ~参加です。
リレーお絵描きの第4パート・着色を担当させて頂きました。
なので、そう、私の絵柄ではないのです~。
すでに公開されていますが、
お話を「LLV」のmeiさんが書かれて、下絵を「いちごおとめ」のぺそ銀さんが描かれて、その下絵に「くもり晴れ時々清次」のパチさんがペン入れされて、そして私がアンカーで塗らせて頂いてます。
私はともかく、ベジブルの大御所様方のリレーです~~~!

デジ絵なんて、本当に何ヶ月ぶりって程、久しぶりで、操作とか忘れてたらどうしよう…しかも、私一人の絵じゃないし。と異様なプレッシャーでした。
必死に塗らせて頂いて、でもとても楽しかったです、へへへ。ああ、やっぱりお絵描きは楽しいな。ベジブル大好きだな。と、再確認できました。ぜひ、ご覧頂きたく!
もんびりれ~へGO!



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★

web拍手 by FC2
関連記事

ルパン
LUPIN III The fan-movie (Teaser in Italiano)by Gabriel Cash
ルパンⅢ大好き~なイタリア人が実写(1分半程の)を作って、まあ、良く似た役者さん揃えてて!
PCの前で一人爆笑してしまったのですが、これまたそっくりなとっつぁんが出て来て、はたと気付く。
「あれ、とっつぁんは日本人だよな?」
いやいやいやいや、ルパン以外、全員ジャパニーズだよな!
日本人離れな風貌のガンマン次元、あまりにナイスバディな不二子、欧米人並みな体格の銭形警部なので、ついイタリア人が演じててもすぐに変だと思わなかったんですが;
さすがに五右衛門だけは東洋人でしたが「日本人じゃないだろ!?」でしたねぇ~。かつらヒドイし、柔道着みたいな生地の着物だったし;;;

てな話を仕事場でしながら、勝手に日本人でキャスティングしてみました。
最初に不二子ちゃんを藤原紀香ちゃんにしてしまったので、後のメンバーもかなりの高齢・のっぽになっていってしまいました。五右衛門は豊悦、次元は堤真一(ガニマタがぴったりとEちゃん。でも私的には浅野忠信も良いかな…)とっつぁんは阿部(寛)ちゃん、主役のルパンはジローラモで(ちょっと小柄?)。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★



web拍手 by FC2
関連記事

8分がリピートな作戦、きついよねぇ
原題:SOURCE CODE  監督:ダンカン・ジョーンズ   脚本 ベン・リプリー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

乗客全員死亡の列車爆破事故。
テロ攻撃だと気付いた政府は、次のテロ攻撃を未然に防ぐために極秘ミッションを開始する。
爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出す。
任務に選ばれた、軍のエリート、スティーヴンスは、最後の8分間の世界へ何度も潜る。

何度も同じシチュエーションからスタートする世界だが、スティーヴンスの行動によって、展開は変わる。
変わらないのは8分後に爆発が起こる事。

こうして粗筋を書いていてもすぐに矛盾に気付けるのに、鑑賞中の私は最後の方まで、
ほとんど何も不思議に思わず楽しんで来てしまいました。
それはそれで「楽しめて良かったね」なんだけど「なんちゅうお粗末な設定だったんだ」と、ちょっと呆然。

人は死んでも、脳の何とか(忘れました)だけは8分間動いているそうで、
列車に乗っていたショーンという男性と主人公がシンクロばっちりだったってことで主人公が任務に選ばれたって事なんですが…。
そもそも、8分間の世界って、ショーンの記憶なわけで、ショーンが見た事や知ってる事しか、映像化できないんだよね?
ショーンの見てない爆弾の場所は分からないだろうし、ショーンが話したこと無い人とは話せないよね。
データがショーンにはないんだから。

と、まあ、こんな疑問は置いといてですね、ただ8分間だけタイムスリップしてると考えれば、とても面白い作品でした。
監督は『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督!
彼の長編第2作となるSFサスペンスで、しかも主演は『プリンス・オブ・ペルシャ』(DVD買いましたよ、ぐふふ)のジェイク・ギレンホールとくれば、もう、観るしかない!ってんで今年ようやく三本目の映画でした。

とにかく、先にも述べた矛盾点だけ棚に上げとけば、切なさにきゅんきゅん、生きてる事の素晴らしさに涙する作品でした。
ネタバレを畳みます。

ミッションを淡々と指令するグッドウィン大尉(ヴェラ・ファーミガ)、クールビューティでめっちゃカッコ良かったなぁ~!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆

続きを読む web拍手 by FC2
関連記事

お久しぶりです。
先々月の事ですが、長男の通う高校の文化祭に行った時のこと。
校内に溢れる多様なクラスTシャツやクラブTシャツに目を奪われました。
赤い糸
目の前をこの背中が横切った時は目眩がしました。文化祭のテーマにも、何にもカスッテない、この主張。
男子だけの学校生活の中で、彼らがどんなに文化祭を待ちわびていたのかが、痛いほど突き刺さりました。
と同時に「どこのクラスだ、あほだなぁ~」と思わず苦笑。すまん。
祭り後、息子が出した汚れ物の中に、このポロシャツを見つけた時は唖然呆然。こいつの組だったとは…。
しかも、干して二度目の呆然。胸部分に…
dokusinn.jpg
しつこく糸が蝶々結びにされて、特の字に濁音が…。「どくしん…?」
そりゃおまえら、まだ全員独身に決まっとろーが!ベランダで噴出してしまいました。

私は高校生時代、よそ様の文化祭に行った事がなかったので、先々月に息子の高校の文化祭に行ったのが、母校以外の初めての文化祭でした。
男子校だからなのか、想定外のものすごい熱気でした。なんというか、一生懸命サービスしてる(多分、女子高生に)のが、いじらしい程に爆発していて。や、もちろん、老若男女問わず、笑顔で挨拶してくれて、連れてったチビどもにもそれはそれは優しく接してくれました。ゲームとかね、無料でバンバンさせてくれてね。いいお兄ちゃんたちばかりでした。
どれみふぁそ
これは吹奏楽部のTシャツ。なぜ「ソ」でおしまいなのか息子に訊いても「知らん」と。
描かれてるラッパ類(ユーフォとサックスとトラ…だよなぁ…?)を見る限り、デザイナーは金管に違いない。

*11/13追記…サックスは木管だそうで。咥える部分が木製のリードなのが木管楽器、金属製のマウスピース(通称マッピ)なのが金管楽器だと息子に直されました。20年以上、演奏会の司会をして来たのに知らなかった、恥ずかしい&ショックですorz 息子曰く「木管はね森の音、金管は街の音、そんなふうにも分けられるんだよ♪」…キザ~;;;;

あ、部内の友人に絶対音感の持ち主がいるんだって。彼は聞こえる音を、何でも音階で即座に言えるらしい。サイレンの音とか、物音とか!


団結力も高まるお揃いのシャツ。手軽に安く作れるとあって、今は学校行事の必需品なのでしょうか。
私なんかの時代は、扱ってるお店も少なく(つまり遠かったりする)ネットも普及しておらず(直接注文に行かねばならない)しかも高い(小遣い飛びそうな程)!ので、お揃いのTシャツやハッピなんて憧れでしたけどね~…しみじみ…。

そうそう、先月やってた体育祭も、息子のクラスは赤い糸の背中で走ったり跳んだりしてました…。
楽しそうだな、青春。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪


web拍手 by FC2
関連記事