12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

コミスタ・キターーー!

2012/01/21
comist_convert_20120121182249.jpg
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!  コミックスタジオEX4.0!!!! 
ようこそ我が家へーーー! 超ウエルカムだYO!
嬉し過ぎてちょっと壊れてます;

これでこれで、原稿するのにスペース作らなくてもいいんだよね!?
あの、一番大嫌いな、一番場所取る、一番長丁場なトーン貼り作業が!
PCの前だけで、PCだけあれば出来るんだよね~~~~~~!!!!

 嬉しくって飛べそうだああああ!

我が家のプリンタちゃんはインクジェットなので、紙媒体入稿(M誌とか)の原稿には使えません。
最終的にどこでプリントアウトしようか悩み中ですが、ま、どうにかなるさ!
(コンビニでプリントアウトはやっぱり恥ずかしいですか? 若い子ならともかく、いい年したおばちゃんが超少女漫画をプリントしてたら引くよなぁ…;;;)

ずっと欲しくて、でも私には手が出せなかったソフトでした。
結婚●年記念に「好きな物を」と夫が言ってくれたのでコレにしました!
(あともう一個は美顔器( *´艸`)うしし)
ありがとうダーリーン! よろしくねコミスター!

しかし、今度のM誌には絶対に間に合わない。マニュアル本の厚さに確信したょ orz


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪

関連記事
web拍手 by FC2
18:59 ごちゃごちゃ | コメント(5) | トラックバック(0)

奇跡の惑星 第18話UP

2012/01/20

第18話「ブーナシティ」UPしました。
実はサイトをプチリニューアルしています。
前話までのあらすじも、一ページでスクロールして読めるようにしました。
少しは楽チンに以前の内容を知って頂けるのではないかと思っているのですが…。

TOP絵も頑張って描きました。(↑ジョーです)
しかし、暫く絵は休んでいたので、まぁ、描けないこと甚だしく!!!
脳内に浮かぶ構図やら色やらを、そのまんま描けたらどんなにいいだろう!

ミネルバを訪ねて電車を乗り継いで来たアルテミスでしたが、
彼女は極度の方向音痴の上に、共通語の発音に苦手な音があったのです………
二つとも、彼女自身は気付いていないあたり、不幸 ドラマチックです。


これから暫くは、月花の原稿に没頭します。
今年はたとえイラストだけででも参加するんだ!
M誌の締め切りが2/10なので3週間ほどありますが、
原稿出来る日は限られているので、今からやらんと…!

でも、奇跡もちょいちょい手出しちゃうと思います^^;
では少しでも楽しんで頂けます様に……。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★
関連記事
web拍手 by FC2
22:18 別棟・奇跡の惑星 創作小説 | コメント(0) | トラックバック(0)

「幼獣マメシバ」-映画感想-

2012/01/18
映画版 幼獣マメシバ [DVD]
TVドラマもあったようですが私が観たのは映画版でした。
この作品の存在を知らなかったので、観たくて観たわけではなく、溶連菌で出席停止の次男と一緒に、家でダラダラと観始めました。しかし!……良かったです。

半径3キロの生活圏内で35年間ニート人生を送って来た主人公「二郎」(一人っ子なのに二郎)
ところが、母親が家出、その間に父親の急死。
かくれんぼが大好きだった母親からは、毎日のように現在所のヒントが書かれた葉書が届く。
しかし、頑として探しに行かない二郎は、ひょんな事で生後二ヶ月くらいの柴犬に出会う。
それは、母が巧妙に寄越した「母探しの旅の相棒」の「一郎」だった。
頑なに自分以外の者との係わりを拒み続けていた二郎が、
この一郎と、そして優しくて忍耐強くて人の良い親戚の陽介と共に、
初めて半径3キロの外へと出て行く。

後半で気付いたのは、これはとてつもなくスケールのデカイ、母親からの愛なんだな!って。
母ちゃん(藤田弓子さん)は、二郎(佐藤二郎さん)が、心配で心配で心配で、なんとかしたくて…。
だって、筋金入りのニートで、他人は皆、自分を嫌ってると思っていて、一歩家の外に出ると悪口を言われている、睨まれてる、傷ついちゃうって、ずっとそんな風に閉じこもってる。なるべく記憶は消すようにしているから、思い出も持っていない。

「今あたし、子育てしてるの。それと同時に子離れもね」って言う台詞が母ちゃんにあった。まさにそのお話でした。
ラストも清清しく天晴れでした。でもとても胸に来るものがあってはらはらと泣けました。
映画版とTVドラマ版は若干展開が違うようですが、映画版、良かったですよ☆

柴犬…大好きなんです。子供時代に家に居たのも柴犬でした。
自分が死んだ時に、花(わんこの名前よ♪)に会えるのが大事な楽しみの一つです。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪

関連記事
web拍手 by FC2
16:53 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

『妖怪人間ベム』

2012/01/14
何十年もひっそりと生きて来た彼ら。初めて妖怪である事も丸ごと受け入れて仲良くしてくれる人間達と、意を決して写真を撮る三人。
好奇心旺盛なベロとポーカーフェイスのベムはさておき、ベラです! 魂を抜かれるからと写真を嫌がっていた(怖がっていた)彼女の表情に爆笑しました。と同時に泣けちゃったよ。可愛くて。可哀想で。

怒りが頂点に達すると人間の姿を保っていられない彼らの、妖怪の姿が不評のようでしたが(仮面ライダーに出て来る怪人みたいとか)人間バージョンでのドラマは良かったです。
泣けるエピもたくさんありました。

福ちゃんは健康的で可愛く、杏さんはあくまでも凛々しく格好良く、亀梨くんは初めて「良いなぁ」と思いました。
彼はコスプレ向きなのかな? 銀髪とか普通じゃない服装も似合ってたしね。
(最遊記で三蔵を演って貰いたい!と脱線してワクワクしたり)

いつの間にかベラに人間の知り合いが出来てて、しかもそれが男性だったと分かった瞬間、びっくりしたベロちゃんに「そんな驚くこたぁないだろう?」と言ったベラ。そこへ「そりゃ驚くだろう」と、冷静に言ったベムがすっごく可笑しくて、すっごくいいな!と思いました。
ベムとベラは恋仲じゃなくて、でも他人でもなくて、いざって時は命を投げ出しても助け合う、みたいな大事な大事な……なんだろうなぁ、ファミリー?(ワンピ風)

ラストは涙でしたね、やっぱりそっか、そう選ぶよね、彼らならって。
そうそう、三人並んでチケットを持って会場の前で待ってる姿も可愛かったなぁ、実現させてあげたかったなぁ、コンサート鑑賞。

毎回観れずに録り溜めて、年末休み中の食事時等に一気に観ました。
(最近はドラマはこんな風に消化しています、製作者に申し訳ないなぁと思いつつ…)
とても良いドラマでした!

※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪

関連記事
web拍手 by FC2
22:07 TVドラマ感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

『小説・秒速5センチメートル』

2012/01/10
小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス)

新海誠/著 メディアファクトリー  (超個人的推奨度★★★★☆


わざわざ「小説」とタイトルにあるのは、原作がアニメ映画で、監督ご自身がノベライズしたからです。

新海誠氏に興味を持ったのは、年末休みに我が家のチビ達が観ていたアニメ「星を追う子ども」がとても面白そうだったからです。(でも私はちらりと聞いてただけ。後日時間を作ってちゃんと観る予定です)

唯一、小説媒体になっていた作品がこれだったのでさっそく読んでみましたが、とても良かったです。

主人公「遠野貴樹」の、小・中学生時代と高校時代と社会人になってからの三部作になっていて、小・中学時代は本人からの視点で、高校時代は彼に思いを寄せる同級生の女の子からの視点、社会人時代は誰の視点でもなく書かれています。

恋する女子視点で書かれた第二部「コスモナウト」では、思いっきり女子高生に戻った気分でキャーキャー言いながら読めました。
第二部の舞台は種子島。ふふふ、そうです、種子島と言えば種子島宇宙センターですよね!
小説当時はまだJAXAではなくNASDAの頃。私的にはゾクゾクするエピがたくさん散りばめられてました。
「コスモナウト」cosmonautとはロシア語で宇宙飛行士のこと。
ああ、これ、映像(アニメ映画)で観たら、どんなんだろう!とワクワクしています。

青春の甘酸っぱさが堪能できるお話でした。ステキでした。でも切なかったです。
それが青春だ。

桜の花びらが落ちる速度は秒速5センチメートル。
雨粒の落ちる速度は秒速5メートル。
ロケットを積んだトレーラーが発射場まで進む速度は時速5キロメートル。

ロマンチック!

余談ですが…長男がまだ中2の頃に、読書感想文用に読んでいたらしく。何かこっ恥ずかしかったです。自分の青春を見られたわけではないのだけれど、何かね^^; そんな風に感じる程、めっちゃ青春物でした。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆

関連記事
web拍手 by FC2
19:41 読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

グリムス5本目成人

2012/01/09
青い惑星の緑の陸地に立つ木。砂漠化でこの緑色がなくなりませんように。

年越しでブログペットの木が成人しました。今回は雪だるまみたいな子。
五本目ですが、成人するのに一年近くかかってしまいました。
それだけこの日記を放置してたって事です、反省。
半年ぐらいで成人させられたらいいのになぁ。

そう言えば、いつの間にかここのカウントが40000越えていました。
創作少女漫画なのかベジブル二次なのか、はたまたただの主婦日記なのか、うろうろと中途半端な日記に愛想を尽かさずお付き合い下さる皆様、本当にありがとうございます。
ああ、ありがたいなぁ、嬉しいなぁ、しみじみ…。
拍手とか、メッセージとかも、本当にありがとです。活力の元です。
ぽわぽわぽわぽわ……


1/10追記
エコキーワード「砂漠化」でゲストが来てくれました。
sabakuka_guest.jpg あなたはきっと、ミーアキャットよね?
関連記事
web拍手 by FC2
10:22 グリムス | コメント(0) | トラックバック(0)

2012 謹賀新年

2012/01/01
新年明けましておめでとうございます。
昨年中は、皆様におんぶに抱っこで、本当にお世話になりました。
更新ままならぬサイトや、ここへ来てくださった皆様、
ベジブル本をお買い求めくださった皆様、
メッセージをお寄せくださった皆様、
本当にありがとうございました。

そして!今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

他力本願な挨拶です、すみません。
一年の計は元旦にあり。
の前に、本当は昨夜のうちにせねばならなかった一年の振り返りをまだしていないので、そちらから…。
2011年は『働』でした。本当に本当にずっと働いていました。
主婦業もそっちのけで、漫画もサイトも酷い有様で。
何とか次の休日までを乗り切る綱渡りみたいな日々でした。
夫や子供たちにも、たくさん皺寄せしてしまいました、ごめん。

今年も職場は増員するわけでもなく、相変わらずの仕事量のようなので、
半日パートには戻れずフルタイムのままになりそうですが、
それでも休みを取れるようにして、もう少し仕事以外の時間を作って行くのが目標です。

昨年は、創作漫画サークル『MEMORY』に一度も参加できなかったので、
そちら(月花)もちゃんと描いて行きたいし、
ベジブルも、イベント参加などは考えていませんが本の第二弾を出してみたいし、
奇跡の惑星はいい加減に漫画を描き始めたい。
そして、丁寧に日々を過ごしたい(これはいつも思うこと)

それから!(欲張りだけど)
「日付が変わる前に就寝」を実行したい。健康第一なんだから!
これが一番難しいかもしれない、むむう。
ああ、映画も観たいな~~~!
昨年はたったの3本だったよ!!

新年早々、愚痴メモですみません;


今年一年、皆様にとって素晴らしい年になりますよう、心からお祈りしています。
そして、頑張ろう、日本!!!!出来ることからコツコツと支え合おう!!!
2012年賀
大晦日に紅白聞きながら作っていた年賀状です。まず絵を描いてから、顔写真を撮るべきでした。
顔の角度や表情がヘンです。ま、それもまた可笑しくていいかもですが。
偶然ぴったりしたのが、ミランクスの長男で、彼は眩しいとか文句言いながら顔を上げなかったんです、それが図らずもいちばんしっくりと。しかし、漫画の頭はでかいんですね~。しみじみ。私のブルマがカッパだと言わないでね。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪

関連記事
web拍手 by FC2
13:03 主婦日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |