二世帯同居して三度目のお誕生日に、またもや同じレアチーズケーキでお祝いしました。
去年の反省で、来年はちょっと変えたいみたいな事を言ってたのに。
生クリームで美しく縁取ろうと思ったりもしてたのだけれど、生クリームを本体に全量投入してしまったのでそれも叶わず。結局、苦し紛れのピンクマーブルで終了っすよ。
来年こそは……!(グァハハハハ! by鬼)


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆ web拍手 by FC2
関連記事

たいせつな光
fumika ㈱アリオラジャパン (超個人的推奨度数★★★★★


はやぶさ映画のトップバッターだった「HAYABUSA」の主題歌です。
贔屓目なしに聴いてもいい歌です。歌声も曲も歌詞もいい。
カラオケで歌うべく覚えようと、通勤の車の中で歌ってますが、真剣に歌詞を追っていると涙腺決壊してしまうんですね、ええ、もう、朝から。
花粉症で鼻かんでるんだと思って下さい、と対向車に願いつつ。

初めて歌詞を読んだ時に一番胸に突き刺さったのが
「信じてるよ それが奇跡でも」の部分。
はやぶさの旅に置き換えるとですね、
地上側は“はやぶさが地球に帰還する”という事を信じてるんですよね。
で、帰還するという事は、NASAなんか「できるわけない。夢物語だ」みたいに端から馬鹿にしてたくらい、成功の確率めちゃ低い難しい事なわけです。
もうまさしく神業とか、奇跡レベル。
奇跡を背負わされたはやぶさ。そして背負って抱えて、ちゃんと帰還したはやぶさ。
偉かったね、ほんとに偉かったね、ありがとうね、という気持ちでいっぱいになっちゃうんです。
もちろん、はやぶさと、運営チームの方々の努力の二人三脚あっての奇跡。

二番の歌詞ではそこが「信じてるよ どんな奇跡でも」となって、
帰還が延びたとか、サンプルが少なかったとか、彼自身は燃え尽きてしまったとか、帰還の有様を感じます。

そして!!!!
メロディーラインの変わるヤマですが!
「報われることのなかった キミと見た夢が 形 失っても」
これは、これは、はやぶさプロジェクトの中での事に当てはめるとしたら、
もうミネルヴァの事しかない!!!!!
この下りは、ミネルヴァとミネルヴァチームの事を思いながら、讃えながら、
大好きだよと念波をイトカワ上空にいる彼女に送りながら、歌います。

映画の感想を書いた時に、JAXAへの応援歌みたいだと書きましたが、今もそう思ってます。
エンドロール、今まで日本が打ち上げて来た宇宙機の写真がスライドショーされて行くの。
で、この歌詞でしょ。心底感動です。いい歌です、本当にいい歌です。
キーが高いので二つほど下げないと歌えません; 
ので、CDにせっかく入ってるカラオケ練習が使えないのが悲しいです……orz



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪



web拍手 by FC2
関連記事


以前にもご紹介致しました、手作り雑貨の cinnnamon さんが、立川市の伊勢丹に出店されたので、立川市在住の姉と楽しんで来ました。その戦利品でございます。
今回は、欲しい型のバッグの扱いがなかったので、ヘアアクセに集中。
チビ連れだったので、娘に本物のヘアアクセをプレゼントしてみました。(もちろん私と兼用でね)
いつもは百均店のプラスチックへアアクセオンリーなので、キラキラした本物アクセに興奮していました。

コーナーは、老いも若きも大勢の女性でひしめき、彼女の作品を手に取り「かわいい」「これいい」「迷っちゃう」鏡の前でとっかえひっかえ、彼女の作品は愛されてるんだなぁと自称古い友人の私はものすごく嬉しかったです。


c_otanosimi.jpg c_poti.jpg
↑こちら写真左はサイト上での福袋の中身。福袋といっても中身を確認できました。お気に入りはベージュのネックレス。大き目のスワロフスキーがふんだんに使用されているので、光の反射が大きくてとってもキレイなんです。それとお揃いのストラップ。キラキラキレイ!ベージュのアクセサリーを持ったのは初めてでしたが、シンプルな輝きってキレイなんですね~。癖になりそうです。
写真右は、出店に出向けずサイトを眺めてはうっとりしていた頃、我慢できずにぽちっと購入ボタンを押していたポーチ。これ、通帳管理に便利。マチが無いのに5冊も入ってます。手に取るたびに可愛くて心満たされてます。

今回の展示販売はいつもより小規模展開ですが、伊勢丹立川店6F丸善イベントスペース にて 3月27日(火)まで開催しています。
製作者ナナちゃんのブログもどうぞ♪



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪ web拍手 by FC2
関連記事


はやぶさ映画・第三弾も、とっくに公開されていますが、なかなか行けません。
母と行こうと、前売りを二枚買っておいたところへ、
夫がラジオのプレゼントに当たって、更に4枚やって来ました!
きゃ~~、2回、いや3回、行けちゃうかも!!!
背景のファイルは前売り券の特典・3Dファイルで、中央のはやぶさが本当に浮いてるYO!

先日、某TV番組で三浦友和さんが映画の話をちょっとしていて、
彼の役どころが、のぞみのプロジェクトマネジャーだったんですね!!!

のぞみを語るぜ!(あくまで素人話の域です;)
火星探査機「のぞみ」は、日本初の惑星探査機。
そして、はやぶさのお姉さん的存在です。ロケットも同じMVロケットだったしね♪
のぞみで試された色々な技術が、弟のはやぶさにも活かされてたそうです。

火星の軌道に乗れなかった彼女の運用が停止される話は、先のはやぶさ映画二本ともにありました。
はやぶさのプロジェクトマネジャーが、のぞみにも係わっていらしたからです。

のぞみは火星の回りを飛びながら、火星を観測する衛星でした。
はやぶさ同様いくつかのアクシデントを乗り越えましたが、どうしても火星周回軌道に乗れず、さらには火星に落下してしまう可能性も残ってしまいました。
のぞみは地球の大気に汚染されていますし、科学燃料も抱えています。
火星の生態系を変えてしまうかもしれないので、万が一にも火星に落下してはいけません。


のぞみチームは苦渋の決断をし、火星から遠ざかる指令を彼女に送ります。
はやぶさが打ち上げられた年のその年末・12月9日の夜でした。
そして五日後の12月14日に、のぞみは火星の表面からわずか1000km上空にいながら通過し、
さらに二日後の12月16日には火星の重力圏を脱出して行きました。

こうしてのぞみは、火星の軌道に近い太陽を中心とする軌道上を永久に飛び続ける人工惑星となりました。

のぞみの残した若干の科学的成果と、惑星探査技術の成果が、はやぶさに受け継がれたわけですが、
火星探査という彼女本来の目的では成功することが出来なかった不憫な子です。

重力のある星の周回軌道投入は、のぞみ、あかつき、両者ともいまだ成功していない、本当に難しいミッションだそうです。


はやぶさ映画だけれども、のぞみのコトたくさん触れられる映画のようですね。
早く観に行かなくちゃ!!!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★


3/24追記:↓のぞみ。ちょっとずんぐりでキュート。
nozomi.jpg JAXA




web拍手 by FC2
関連記事

ローゼリア王国物語 (NextcomicsF) 1巻

ローゼリア王国物語姫君と優しい暗殺者 (NextcomicsF) 2巻「姫君と優しい暗殺者」

ローゼリア王国物語姫君と美しき求婚者達 (NextcomicsF) 3巻「姫君と美しき求婚者達」

さちみりほ/著  宙出版  (超個人的推奨度数★★★★★

まるで“大人の本格塗り絵”のような豪華さです。
大好きな作家・さちみりほさん の連載中のコミックスです。


ローゼリアという小国家の王女様は、頭脳明晰容姿端麗と噂に名高いけれど、実は正反対。頭脳ははもちろん、容姿にいたっては特殊メイクに近い程のメイク技術で美女に化けている。
と言うか、化けさせられている……。

彼女の父王がその人柄と政治で国民から親しまれ、国民のために尽くし抜いて過労死。
17歳の一人娘が王座に着いたのだけれど、家臣全員で姫を守ろうとそれはそれは涙ぐましくも面白い努力をしているのである!

ぽよよんとして、お人よしで、ドジで、欲の無い若き女王が、他国から軽んじられて攻め込まれないように!

彼女をとりまく重臣達がイケメン揃いなんです!!!!
オーランド公爵家の三兄弟なんですがね、
長官職を弟に譲り、凄腕のメイク技術を日夜振るうオネエ系の長男・シリウス。
唯一正統派な政務長官、見目麗しく優しく強い、絶対的な姫の騎士である次男・ルミナス。
天然ボケは姫と良い勝負、おっとりのんびり好き放題なおバカ中将の三男・オルビス。
そして、隣国に雇われて姫を暗殺しに近づいて来た、天才短剣手・風のエルナン。

可笑しいんですよ、この人達の会話とかほんとうに!
絵がこんなに真面目でキレイなのに、会話が可笑しい!!!

そしてゲラゲラ笑って油断していると、胸を揺さぶられ泣かされる。
亡き父王が、王冠の宝石をこっそりガラスに代えたり、服を木綿にしたりして、爪の先に火を灯すように予算を捻出して国民の医療費を賄ったり、橋を作ったり……。
国民から愛された王様。その一人娘も、無条件に愛する国民。

その国民を絶対に守ろうと頑張る女王。
もちろんドジだし、頼りないんだけれど、そこはイケメンズがバックアップ。
女王も、天然ちゃんだけれど、王の素質は持っているので、いざと言うときには立派なんです!
そこがまた、暗殺者だったエルナンの心を溶かして行き、
溶かすだけに留まらず、惚れて行ってしまうという、少女漫画の王道です。

3巻裏表紙は、おバカ三男オルビスと、隣国の王女のツーショットなんですが、
この王女、小さい頃から隣国の姫(ヒロイン)と比べられて来て、彼女にとってヒロインは憎き目の上のたんこぶなんです。
でも本当はこの王女の方が美人でおつむの出来も良いわけで。
いつもキーキー嫉妬している美人のこの王女と、あの天然オルビスがまさかの……????
とってもおいしいサブストーリーでした!

コミックスカバーを外すと、なんと4コマ漫画があります!!!
これに気付いた時には感動しました!!!
CDについてる秘密のサービス曲みたい。

4巻が楽しみです!そろそろだと思うんだけどなぁ。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆




web拍手 by FC2
関連記事

昨日のプチオンリ、お立ち寄りくださった方々、お買い上げくださった方々、ありがとうございました。

わたくし今日は軟禁生活最終日です。
ずいぶん家に居たというのに、案外何も出来ないものでちょっとがっかり。
頑張ったのは、まぁ、看病と、あとは「サイヤの日」を初めて描いたことですかね。

今、リビングの半分を占めてる部分が私の原稿作業スペースなんですが、もうぐちゃぐちゃでひどいんです。
20120319.jpg
友人姫ちゃんに「せっかく家を建てたんだから、あなたの書斎を作るべきだった」と真顔で言われた事ありました。
うん、私もすっごいそう思ったよ!
でもさ、二世帯住宅でさ、子供部屋三つ必要でさ、私じゃなくて旦那のだったとしても、無理だよ~;

ぐちゃぐちゃなわけは、原稿と生活が一緒になっているから。と推測する。
リビングにあるダイニングテーブル(写真手前)が原稿机なんですが、
ここが日々、手紙やら何やらで埋まって行く……。
大人になってびっくりしたコトの一つが、この、毎日来る「プリント・書類・郵便物」だよ!
本当に腹立たしい!!!処分も大変なんだから!!!
こうしてライトボックスは雑多な物達に被われて見えない(手前にあるんだけど)。
原稿しようと思うと、まずここの片づけから始めるわけで、賽の河原状態なんです。

ふふふふ。ふふふふふふふ。
もう私は決めたのさ。ここを大改造してやるってね。
PCがそろそろ寿命で、最近はやたらとボケ症状が出てます。
ちゃんと新しいの買いましたが、まだ箱の中で一と月以上;;;
これを出したら、大々的に模様替えさ~~~!
原稿だってデジタルになるんだも~~ん!(一部)
写真左にそびえるトーンボックスが不用になるんだもんね!

新・作業コーナー完成をばっちり撮って、UPしますぜ!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます!!!

web拍手 by FC2
関連記事


ドラゴンボール ノーマルカップリング プチオンリー!
ハルコミ内にて絶賛開催です!
あああ~~~行きたいなぁ~;;;;
行かれる皆様、楽しんで来て下さいね!
売り子お嬢さん、頑張って下さい!

久しぶりに、つか、一年以上ぶりに別館のTOP絵を更新しました。
腐りそうなペースですみません…;
私は腐女子じゃない。と言ってるくせにリアルに腐なサイト主となりつつ;



ご報告にごさります。娘の熱は、平熱に下がりました。
ご心配下さった方々、ありがとうございました;;;



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪

web拍手 by FC2
関連記事

明日、3月18日はサイヤの日です!
そして「ドラゴンボール ノーマルカップリングプチオンリー」の日です!
東京ビッグサイト HARU COMIC CITY17 内で開催です。
私の本だけ、東3ホール エ 36a におります。
私的ベジブル神サークル様がずらりといらっしゃるという神々しいコーナーです。

顔出しすらできない私は、せめてサイトのTOP絵を新しくしようかな。
だってサイヤの日だもんね。
……でも私、ごっつい人苦手なんだよなぁ…ナッパとか…ラディッツとか…
麗しいところでトラちゃんだよねぇ…
何か描きます、ええ、何か!!!

小学1年生の娘がインフルエンザでしてね、木曜日の昼に学校へ引き取りに行って、39度代突入した熱がなかなか下がらなかったんですが、今朝からやっと37度代に。
しかし子供は案外高熱平気、すやすや寝てました。
大人なら唸ってるっちゅうの、体中痛むし。

てなわけでまだまだ軟禁生活なので、何か描きます。描け自分!

では、ご都合の付く方、もともとハルコミに行かれる方、東3ホール エ 36aへ寄って頂けたら嬉しいです。

本の表紙でっせ~
hpbd_mini.jpg


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★

web拍手 by FC2
関連記事

wd2012.jpg
ダイエッターとは思えない頂きっぷり。バレンタインのお返しです。
今の職場は9割が男性で、一年以上もいると、日々お世話になる人もできまして、そんな方々に日頃の感謝を込めて先月のXデーに動いたわけです。

と言っても、溶かしたチョコを恐竜型やハート型に流し込んだ、チビ共が保育園児だった頃の友チョコ用のレベル。
就業中にポッケに忍ばせ、チャンスを伺いながらささっと渡せるような小さな包み。
「気持ちですから、お返し無しでね」と念を押したのに、こんな華やかなホワイトデーになっちまいやした;

「本命のお返し。あ、ハートのメッセージカード、入れ忘れた」なんてジョーク付きだったり、
いつも喧嘩みたいな会話ばかりの人から「感謝」なんてレーベルのCD型チョコ頂いたり、
「何だかかえって気を遣わせてしまって、すみませんでしたね」と謝ると、
「いいえ、嬉しかったんで」と恥ずかしそうに微笑んでくれた人がいたり……。

贈り物を頂くのは嬉しいですね、お返しでも嬉しいです。
物を選ぶ(奥さんに渡されて用意する)時、渡すタイミングを狙っている時、その時々に受け取り主の事を考えているわけですもんね。嬉しいな!!

来年はもちょっとちゃんとした、せめてポッケに忍ばせる事はできないサイズの物を用意しようと、相棒E子ちゃんと誓ったのでした。
私は良い職場にいるんだなぁと、しみじみ思いました。感謝感謝。
お菓子メーカーに踊らされてるイベントではありますが、気持ちを交換するのに好都合。
いい年齢したおじさんとおばさん同士ですが、わくわくどきどき、なかなかいいもんじゃん。
と思います。


夫の会社は、いわゆる義理チョコは無しにしたらしくて、妻の私には「夫に代わってお返しを用意する」役割はありません。
「義理チョコ」かぁ…。
義理とは違うニュアンスなんだよなぁ、感謝の気持ちだからサンキューチョコだ。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪

トラックバックテーマ 第1394回「ホワイトデーのお返ししましたか?」参加記事) 
web拍手 by FC2
関連記事

オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス) オオカミ少女と黒王子 2 (マーガレットコミックス)
八田鮎子/著  集英社  (超個人的推奨度数★★★★★


2/18にも書きましたが、本屋さんで一目惚れした表紙のコミックスです。
2巻が発売されていた時に出会ったんですが、1巻から読みたくても品切れ!
この度やっと、ゲットできました(1巻はすでに4版物だった!)
絵がね、すんごくキレイでしょでしょ!?

タイトル通りに、この彼は黒王子です。ドS男です。

ヒロインは超見栄っ張りの女子高生。彼氏いない歴更新中なのに、超カッコイイ彼氏がいるような作り話しをしては自慢している日々。
しかしさすがに写真もないし、本人にも紹介しないしで(だってそんな彼、いないし)、とうとうバレル寸前。
そこで、街中で見かけたイケメンをちゃっかり撮って、翌日学校で写真を披露するが、なんとその彼は、同じ学校の、しかもけっこう人気の男の子だった。きゃ~~~~!!!
嘘つきなオオカミ少女の彼女と恋人契約を結んでくれた彼は、王子の様な微笑を持つ、でもドSな黒王子!
彼女の事を「俺の犬」と言い放つ。嘘がばれるよりは服従を選ぶ彼女。
この二人のドタバタラブコメです。

どうやら作者さんはS男がお好きのようで…。
しかも「丸い球が好き」と喋ってる中で「ドラゴンボール集めたい」みたいな事まで書いてあったので、もももも、もしかして我らが王子スキーなのでは!!!!!お仲間なのでは!!!!!!
と、勝手に興奮してしまいました。

私はS男と言うより俺様が好きなので、あんなふうに苛められちゃうと心が折れちゃうんですが、(あんなふうにっていうのはね、そりゃもう、あんなふうやらそんなふうやら、うふふ。や、まっとうな少女漫画すっよ)
読んでる分には痛くないので、もう続きが楽しみです!!!!

ねえねえ、「落ち込んでる」のを「落ちてる」、「ひとりぼっち」を「ぼっち」って言うのね?
おばさん、知らなかったわ……;;;


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★


web拍手 by FC2
関連記事

※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

もう明晩が最終回になってしまいました。
とある結婚式場の一日をどたばたと追いかけるドラマです。
お日柄も良く、何組ものカップルが挙式・披露宴に臨んでいますが、
どのカップルにも、一悶着あってですね…。


その中でも私が楽しみにしていた騒動は、美人双子姉妹(谷村美月・二役)エピです。
派手でモテモテな青春を歩んで来た姉。
しかし、地味でモテナイ青春を送って来た妹の方が先に、運命の人と巡り会えて晴れの日を迎えた。

もちろん姉は面白くない。
同じ顔をしているんだから、性格が明るい私の方がイイオンナに決まってるのに、この男は何で私を選ばないのか!とご立腹なわけです。
そこでささいな嘘を妹に付く。
「彼と偶然街中で会った時、あんたのフリをしたら、彼、見抜けなかったわよ」と。

妹の中での「人生の伴侶」たる条件は、絶対に私を見分けられること。
そこで妹は、花嫁役を姉に演じさせ、彼が気付いてくれるか賭けをするんです。

何とゆーもったいない事を!!!女王様でいられる特別な日に!!!
ウエディングドレスとか、着たいでしょうに!!!
しかし、指輪の交換も誓いのキスも粛々と進み、披露宴も始まってしまい…
彼が最後まで気付けなかったら、結婚は止めると決めた妹。
このまま彼を奪ってしまいたい姉。


謎解きの部分はもう終わってしまいましたが、ネタバレになるので自粛します。

他のカップルは、[重婚男][コブつきのメルヘン趣味なママが超年下と再婚する(お色直しは白雪姫コス)][ヤクザの一人娘が親父さんの反対を押し切って挙式][すでに嫁姑戦争が始まっている出来ちゃった結婚ペア]

どのペアも面白くて楽しませて頂いてますが、どうしても残念なのが、スタッフの人数が少な過ぎて、リアリティゼロなところです。一般的に、同時刻に担当するのは一組じゃないのかな。
でも、メインスタッフ全員が全ての挙式披露宴の担当者みたいに係わって来てて、どのペアの進行もいちいち中断してる。
貸し切りならまだしも、会場入りしたら披露宴終了まで分刻みで進むもの。
もう異様にテンポが悪く、臨場感ゼロで、ちっとも当日感が出てない。リハーサルみたいな感じ。

それさえどうにかしてくれてれば、最高に面白いドラマだったのに。


でも最後まで観ちゃう。
結局今期のドラマは、これとハングリーとステップファザーステップの三本になってました。
来期は無しっぽいです。そそられん。原稿しろってことかな(^^;)

原作


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪
web拍手 by FC2
関連記事

今日の午後2時46分、皆さんは何をされていましたか?
私は新しい年度の地区PTA役員なので、自治会館の小部屋で第1回役員会をしていました。
このへん、思いっきり愚痴りたいところですが、それはまたの機会にして。

震災から一年経ったのに、いまだ不便な生活を余儀なくされている方々が大勢いらっしゃいますよね。
その方たちが、あって当り前の快適な日々に近づけるよう様、願って止みません。

幸いにも被災していない、快適な生活の中にいられる私達が出来る事は、たくさんあります。
小さな事でも、たくさん集まれば大きな事になります。

手軽に活動できますようにと、この日記の柱に支援チームのリンクコーナーを設けました。

仕事があるしなぁ、三人の育児中だしなぁ、子供三人分の役員もやってるしなぁとか考えると、直接現地へ手伝いに行くことはどうしても私には出来ません。
でも、出来る事は他にあるし、それも必要とされているので、それらを細々でも続けようと思う次第です。

さて私は雑巾作りよ。新年度を迎えるにあたって、幼稚園・保育園・小中学校で必要なんだって。そう、子供の新学期にはやたらとぞうきんが必要なのよorz
でも、ミシンさえ出してしまえばあとはカンタン!自分の子供のついでに、ダダダーーーーっと直線縫いだわよ!
新品なら会社名の入ったタオルで作ってもOKだそうです。
もうすぐ桜が咲く。入学式だね。そして新学期。
今月中には届けたいです。


こんなに狭い国だけれど、被災者と非被災者の生活はまったく違う。
私も、阪神淡路大震災の時は、若かったって事もあったけど、遠い地方のコトで、今回のように身近に感じる事が出来ずに、募金ぐらいで、支援の感心はものすごく低かった……。
でも今は気付けたから。出来る事からするよ。少しでも。
皆も一緒にやろ~よ~ b(^o^)/



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
web拍手 by FC2
関連記事

COSMIC RESCUE -The Moonlight Generations- ( 通常版 ) [DVD]
監督:佐藤信介  脚本:岡田俊平/佐藤信介  製作:ジェイ・ストーム

昨年観ていたのに、UPし忘れていました。
ジャニーズ・V6のカミセントリオ主演映画ですが、マジで良かったですよ!
私は先に「COSMIC RESCUE」という同名の歌を知って、それでこの映画も興味を持った次第です。
歌ね、主題歌だったんだけど、とっても合ってて良かった。
改めて映画のエンドロールで聴くと、意味も深くジン!キュン!としました。

コスミック・レスキュー(CR)とは、宇宙船事故の人命救助を行う部隊。
伝説的な活躍をしてきた南條俊(剛ちゃん)をリーダーとする第89師団。
その南條とメカニックの江口亮(三宅くん)に憧れてCRに入った澤田東(岡田くん)は、
何故か地味なデブリ回収ばかりをしている南條をじれったく思っていた。
そんなある日、澤田は座礁船からの救助信号をキャッチして……。

剛ちゃんの抑えた演技が秀逸でした。ずっと心に錘を抱えて生きるリーダー。
そんなリーダーを理解し、ひょうひょうとしながらも実はしっかりサポートしていた江口というメカニックの役割がきっちり伝わった三宅くんもとても魅力的だった。カッコカワイかった。
そして、若気の至りで突っ走るトラブルメーカー的な役回りの岡田くんも好奇心の塊のようで良かったです。

たくさんの伏線仕掛けがあちこちにあって、大なり小なりの爆発がとても楽しめました。そーゆーの大好き!
なんと言っても、クライマックスラストに一番デカイ仕掛け爆発「ああ、ここで!!!」がありまして。
ええ、私が絶対に勝てない攻められ方でございます。


若過ぎる堀北真希ちゃんが出ていて、その幼さにびっくり。


ただね、ちょっとこれは違うんじゃ…と思った演出の感想を畳みます。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆★☆

続きを読む web拍手 by FC2
関連記事

ねえ!!
ルパン、実写版マジなんだってね??? どっしぇ~~~~!!!(古)
もうビックリよ! さらにキャスティング知ってガクゼンよ!

ルパン……小栗旬 うっそ!!!、と思ったけど、落ち付いて来たら「まぁいいか」と。
次元………水嶋ヒロ ぎゃ~~~!ありえな~~~い!ちっが~~~~う!!!
五右ェ門…阿部寛 何で五右ェ門だけかなりの年上にしちゃうの~~~!!!
とっつあん…寺島進 小さいでしょ~??? とっつあんはでっかいんだよ~~!!!
不二子…沢尻エリカ …えと、ごめんね、私は彼女好きなので、オケです;

一番許せないのは、とっつあんです。
とっつあんこそ阿部寛でしょう!!!

あちこちのたくさんの書き込み(99%が「映画化やめて」内容)で、
いろいろなキャスティング案を見ました。大いに笑わせて頂きましたが、
以前、私がここでキャスティング発表したのと被る案もあって興奮しました。

で、最終的なわたくし的キャスティング。本キャストより年齢層高目です。
ルパン………大泉洋(目から鱗でした!)
次元…………浅野忠信(同意見有りでした♪)
五右ェ門……要潤(な~る~ほ~ど~!)
銭形警部……阿部寛(譲れない。同意見多数!)
不二子………鈴木砂羽(男優陣と年齢合うでしょ? あ、要君が年下になっちゃうか;)
753lupin3.jpg
ね? かなりいいでしょ?! 今からでもこのキャストに変わらないかな~;;;



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪



web拍手 by FC2
関連記事

男のガチ勝負が熱い!
監督;瀧本智行  脚本:西岡琢也  
原作:山根一眞『小惑星探査機 はやぶさの大冒険』
配給:東映  公式サイト

随分前に観ていましたが、やっと感想を書く覚悟が出来たので。
いや、それだけ心揺すぶられる作品なんですよ、私には(TT)

良かったです!良かったです!大事なので二回言いました。
はやぶさ映画のトップバッターだった『HAYABUSA』が完コピのドキュメント風なら、
二番バッターのこちらは、プロジェクトX風。などと巷では言われています。
ええ、まさしく。
一つのプロジェクトを達成して行くチーム内での、男と男のガチ勝負。

川口教授役が渡辺謙さんではイメージが違う!と、初めは思ってました。
だって眼力が強過ぎる。ガタイもデカ過ぎる。

でも、TVで流れ始めた予告の謙さんを観て「あれ、これはいけるかも?」と何様ぶって、
更には、宇宙機の試作品を作る下町の工場を取材した番組をたまたま観て猛烈に感動して、
これはもう、絶対に観なければ!!!と慌てて行った次第です。

はやぶさの旅そのものには、あんまり重点を置いておらず、あくまでも男たちの凌ぎ合いがメイン。
だって、地球に辿り着いたはやぶさが、カプセルを分離するするのも「いよいよ…!」的な盛り上げ方が全く無く、突然地味に分離されてびっくりよ。

『HAYABUSA』では描かれなかった部分を『はやぶさ 遥かなる帰還』で観る事が出来て、とても良かったです。

地球到着目前にしてとうとう全4基とも不調になってしまったイオンエンジン。
その奥の手・クロス運転。
エンジン開発者の藤中教授(モデル國中教授)と、
長年一緒に開発して来たメーカー側の森内氏(モデル堀内氏)が、
「こんな事もあろうかと」こっそり回路を繋げておいた切り札。
地上試運転をしていないクロス運転を実行するか否かで、
「もうこれに賭けるしかない」と言う教授に対して、
「全損の恐れがある勝負をするわけにはいかない」と譲らないメーカー代表氏。
そんな葛藤があったとは知らなかったし、
あのエンジンの開発がメーカーとの密接な二人三脚だった事も知らなかったでの、
ものすごくドキドキして見守りましたし、感動しました。

明々後日、3本目のはやぶさ映画が封切りますね。こちらも楽しみです。

しかし今回もロケットスキーの私は、やっぱり打ち上げシーンで我慢できませんでした。
宇宙空間に解き放たれたはやぶさが、ぱたんぱたんと腕を伸ばし始めるその遥か下方で、どんどん落下して行くロケット(のフェアリング)……。
健気だなぁ、立派だったよM-V5。



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★

web拍手 by FC2
関連記事

神々の午睡
あさのあつこ/著 学習研究社 (超個人的推奨度数★★★★☆


お薦めという紹介文をどこかで読んで、図書館で予約しました。
取りに行って、びっくり。表紙画が CLAMP じゃん!え、児童書?
イメージは、もちょっと地味な神話ファンタジーだと思っていたのに;;;

ところが!すごく面白かったです!!!つか、好みだった~~~!

六編からなる短編集で、恋愛物が二編、他は、愚かでザンネンな話、神と人間の絆みたいな胸キュンな話、頑張る人間の話、等々。

好みなわけだったのは、昔、散々愛読していたアニメディアというアニメ情報誌に連載されていた作品だったんですね。
私はそこから成長していないのか…とも思ったけど、いいの。好きなものは好き。
ドラマCDにもなっているそうで。私は漫画で読んでみたい。もちろんCLAMP画で!

死と嘆きを司る神グドミアノが、たいそう人気のようですが。
表紙画では女性かと思うような容姿で描かれてますな。
私はですね、シムチャッカとライシの恋物語「リュイとシムチャッカの話」と、
愛らしい顔に似合わない荒い言葉使いのピチュと、盗賊達との触れ合いが微笑ましくもきゅんとした「盗賊達の晩餐」、この二本がとっても印象深くて好きです。

文章が、雄大というか、悠久の流れを感じるんですよ~。神々の永遠の時の流れを。
なんちゃってポエム風感想ですみませんが、ゆた~りゆた~り…って感じなの。

あさのあつこ氏の作品を読んだのは、初めてでしたが、ほんとに面白かったです。
まだまだ読みたい作品がたくさんあるんだよなぁ~~~。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪


持ち運びに便利な文庫版も出てました。
4344420578神々の午睡 (幻冬舎文庫)
あさの あつこ
幻冬舎 2013-08-01

by G-Tools

web拍手 by FC2
関連記事


今日はひな祭りでしたね。しかし我が家は何となく喪中なのでお飾り無し…。
なので、お菓子で雰囲気だけ。お雛様、ごめんなさい。

ちょっと気分がくさくさしていたので、カラオケ行こうとへ家族を巻き込み憂さ晴らし。
チビどもの方が最新曲を知ってるんですよ。学校の音楽朝礼とか、いろいろな場面で覚えて行くらしい。
むむむ。若い脳はスポンジだぜ。たとえ意味が解かってなくても歌ってるし。

んで、これ↓いきものがかりの「歩いていこう」のカラオケの映像なんですが…
aruiteikou_.jpg
映画の予告編のような作品で、しかも、思わずうるっとしてしまうストーリーで。
あくまでもなんちゃって映画予告なので、映画本編は存在しないそうですが、観てみたいなぁ。

カラオケ映像では、台詞など一切無しなので(当然ですが)ひたすら画を見て想像するわけで、これがまた良かったんです。勝手に妄想してきゅんきゅんする。

んで、帰宅してからPCでPVを観てみたら、歌より台詞の方がメインでびっくり。
ますます本物の映画予告みたいで、歌を聴きたいファンの間では賛否両論らしいですね。

機会があったらぜひ、カラオケで観てみて下さい。
子役が可愛いんだよ~。泣かせるんだよ~~~。



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます♪ web拍手 by FC2
関連記事

タイタニックの犬 ラブ―氷の海に沈んだ夫人と愛犬の物語 (ドキュメンタル童話・犬シリーズ)
関 朝之/著 ハート出版  (超個人的推奨度数★★★★★

もう、タイトルや絵からして、どんなお話なのか察しがつくと思いますが、その通りです。

チビどもと図書館へ行き、チラ読みしていて堪え切れずに書棚の前で一気に落涙してしまいました。
表紙にすでに書いてあるので、ネタバレも何もありませんが、
「氷の海に沈んだ夫人と愛犬の物語」です。

いざ借りて来て、最初からちゃんと読み始めてみて驚いたのは、
本編に入る前の部分にあった「タイタニック号に乗っていた わたしのひいおじいちゃん」という章です。
「わたし」は、音楽家・細野晴臣氏の娘さんなのです。
細野氏といえば、私的にはY.M.O.ですが、彼のおじいさんがタイタニック号からの生還者だという事を、何かで読んで知っていました。当時、あらぬ誤解を受け、心無い誹謗中傷を受けられた事も。
その事についてはエピローグの方でそっと触れられています。

本編のエピソードや会話は、もちろん想像で書かれていますが、愛犬と一緒に氷の海に沈んだ夫人が存在したのは事実です。
乗客乗員総数の半数分しかない救命ボートには、動物、ましてや大型犬なんてとても乗せてもらえなかったのです。
夫人にとっては家族のラブ。数年前に夫が病死した後、ずっと支えて来てくれたかけがえのない存在。
僅かな葛藤の末に、ラブを残して自分だけボートに乗る事を夫人は放棄します。
夫人が選んだのは、ラブと一緒に死ぬ事ではなく、ラブと一緒に最期まで生きる事。
「死ぬ」のではなく「どう生き切るか」を考えた選択。
もう、なんかね、頭ガツーーーンって叩かれた様なね、ほんともう、言葉が見つかりません;

かの有名な映画でも表現していた、どんどん傾いて行く船のデッキ。
片手でラブを抱えながら手すりにぶら下がっている夫人が、とうとう運命を受け入れて、
手すりを離して両手でラブをしっかり抱き締めて、デッキを滑り落ちて行くんだけどね、、、
(いまだに号泣ナウ)
この辺の描写が、静かで温かくて、本当に心に沁みる文章です。

児童書ですが、大人にも超お薦めの本でした。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます…



web拍手 by FC2
関連記事