08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2199 第26話

2013/09/30
デスラー400
2014年 完全新作 劇場公開!
「私は脱出していたじゃないか。死んではいないのだよ、テロンの諸君」


劇場で二回観たのに、総統閣下が脱出なさっているのに気づきませんでした。
先週のTV放送で確認した次第です。この瞬間から覚悟はしてました。

正直、複雑な気持ちです。
完全新作と謳っているので、本当に、まったく新しいストーリーなのでしょう。
その新しい展開で、2199で生き残った誰かが戦死してっちゃったらヤダ。
ヤマトらしくない展開だったらヤダ。
またあの下品なセクハラ制服を見なくちゃいけないのもヤダ。
でも、もちろん楽しみでもあります。また彼らの活躍が観られるんですから。
ヤマトファンでワイワイ騒げるのも嬉しいです。


さて、最終話、劇場で観た時は、二回とも新見さんと守の事でいっぱいだったけれど、
今日やっと、落ち着いて、古代君と雪に焦点を合わせて観られました。
いやぁ。やっぱり、古代君の奈落の底への落ちっぷりと、一転して天国気分は感動します。
雪の亡骸を抱いて告白するところは、一緒に泣きました。絵もキレイだしね~。
しかし欲を言えば、喜ぶ時にもっともっと激しく喜んで欲しかった……!
死んでしまった大事な人が、まさかの生き返りだよ?!
チューしたいのは分かるけど、落ち着くの早いなぁ~と、劇場の時から思ってました。
尺が足りなくて仕方なかったのかしらね。
でも、時間を掛けなきゃいかんシーンは、走っちゃイヤよ。
言葉で「好き」と言わないうちに、心が通い合っての初キスでしょ、もう高まるでしょ、
チューってした後に、顔を見つめ合って、ぎゅーってハグして欲しかったです!

そう、ハグよ。溢れ出る感情は、唇だけではターゲットが小さすぎて、
伝えきれない、受けきれない。
やはり、全身を使ったハグが!伝わりやすいのではないかと!!!
ハグ、最高の感情表現~~~~!と思いますが、いかがでしょうか。


ヤマトのあちこちから地球を見るシーンで、カップリングの進行度が分かる、と、どこかで読みましたが、篠原君と玲ちゃんは、まあ、一緒にいたし、合格ではないでしょうか。うふふ。
でもね、どうして第一艦橋になんているの?と、純粋に思ったのでした。
そりゃ、雪にセリフ言うためだけどさ。ラストシーンだから絵的にも第一艦橋だろうって事なんでしょうけどさ。
でも第一艦橋って、そんなに担当者以外の人がホイホイ入っちゃいかんのではなかろうか…と思ってしまいました。
だってイスカンダルの時は、格納庫あたりから航空隊で揃って見てたじゃない。


とうとうエンディングとして真っ赤なスカーフは聴かせて頂けませんでした…残念。


________________________________________________________________

追記*勘違いしていろいろ言っちゃったので訂正を上げておきます。すみません。

劇場版
 第一章「星が永遠を照らしてる」結城アイラ
 第二章「美しい地球を知る者よ」美郷あき
 第三章「真赤なスカーフ」ささき いさお
 第四章「記憶の光」KOKIA
 第五章「ヨーソロー」景山ヒロノブ
 第六章「R.I.P~友よ静かに眠れ~」JAM Project
 第七章「愛の星」水樹奈々

TV放送版
 第一期「愛詞」中島美嘉
 第二期「Best of my Love」安田レイ
 第三期「Distance」JUJU
________________________________________________________________

OPは消音して観てたら、2倍速で観てるみたいな速さで笑っちゃった。


上の初描きデスラーは、目がデカすぎるし、若すぎる…なぜ描画中に気づかないかなぁ…
襟の飾りも適当…いかんなぁ。資料は大切。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。



関連記事
web拍手 by FC2
01:49 宇宙戦艦ヤマト | コメント(2) | トラックバック(0)

奇跡の惑星 第34話・前編UP

2013/09/28

うわははは、TOP絵ですが、色を弄ったらガミラス星人みたいになってしまった;
ジョーもリリもテロン(地球)人です。

第34話「引力」の前編をUPしました。
えっとですね!ちゃんと全部書いたんですが、殊の外長くなってしまって、
でも同じ34話で一括りにしたかったので、34話と35話には分けずに、前後編での公開にしました。
何卒ご了承くださいまし。

前回「夢で逢えたら」で、とうとうリリへの気持ちを自覚して認めたジョー。
熱の下がったリリが早退して、翌日からはいつも通りに出勤している事などは、
ミネルバから聞くしか知り得ません。

だってリリは、自分が倒れてしまったことをジョーが知っているどころか、
一晩付き添ってくれていた事、まったく知らないんですからね。
なのでジョーに「大丈夫です、今日もちゃんと仕事に行けました」なんて連絡をよこすわけないのです。

でもジョーは、心配で心配で、一言でもいいから声が聞きたくて、
一瞬でもいいから顔が見たくて、もう、ジタバタの日々です。
でも、彼女の受けたショックを思うと、強引に動けず、ジタバタは増すばかり…哀れなりジョー。

そんなジョーのジタバタっぷりと、リリサイドを展開を楽しんで頂けたら…と願っております。


また、いつも拍手やメッセージなど、どうもありがとうございます。
とても励みになっています。

拍手メッセージへのお返事は、後日ここでさせて頂いています。
関連記事
web拍手 by FC2
20:56 別棟・奇跡の惑星 創作小説 | コメント(0) | トラックバック(0)

初恋の人

2013/09/23

松本零士ロードをばく進する私は、ちゃんとヤマトを経てハーロックにはまりました。
ヤマトのブラックタイガー隊長・加藤くんが心の夫でしたが、そこからちょっと大人になった私は、渋くて硬派な(女嫌いではないようです)大人の男・ハーロックにマジ恋!
今でも憧れている、永遠の胸キュンGAYです。

ほんとに渋いんだよな~。一度でいいから、彼が大爆笑する姿を見てみたいなぁ。
「にやり」とか「ふっ」とかじゃなくて、堪えきれなくて吹き出して大笑い…。
そんな幸せな瞬間を、あなたにも味わってほしいのよ、ハーロック…。
トチローがいれば、そんなふうにも笑えたのかなぁ。

とっくにあなたの年齢を超え、リア夫のいる私だけれど、
今でもあなたを見ると、どきがむねむねなのよ。

ハーロックへの萌え吠えも、これで一段落付いたので、明日からしばらくヤマト原稿に潜ります。
こちらは留守がちになりそうです。


ではでは…
拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2
23:42 ごちゃごちゃ | コメント(2) | トラックバック(0)

『キャプテンハーロック』

2013/09/22

「自由の旗の下に集いし仲間たちへ 
あなたをアルカディア号の新たな乗組員としてここに認めます」
ですと!いや~~~嬉しい!!!

映画は…良かったです。ハーロック様がカッコ良かったので。

ストーリーはアニメより難解で、マゾーンなる直物人間の宇宙人は出て来ません。
台羽くんもいません。代わりにいるのが三浦春馬くんが声を演じるヤマです。
蛍はカタカナ表記のケイとしていますが、どっからどう見ても日本人ではありませんでした。
ヤッタランは、男前がものすごくUPしていて、実はケイに惚れている設定で、しかしプラモは作りません。
トリさんもミーメもいます。トチローもちゃんと過去シーンで出て来ます!
でもドクターゼロやますさんは出て来ませんでした。

賛否両論の声優問題やアルカディア号のデザインは、私は絶賛派です。
ま、小栗旬くんが好きってのもありますが、やっぱりお芝居の出来る俳優さんなので安心して聴いていられましたし。「もっと重低音じゃなくちゃ」という意見も見ますが、ハーロックはそもそもそんなおっさんではない。アニメでは確かまだ20代だったと。

そして何だかやけに軟体化したアルカディア号ですが、理由もちゃんとありまして、その理由を抜きにしても、私はそんなに引っ掛からなかったです、あのデザイン。
主砲がぐるぐると船の胴体を回って「四方八方ドンと来い」なのも痺れました。
何と言っても、敵艦に体当たりをして強引に接舷、白兵戦に持って行くのがカッコ良い!
ああ、そうよね、彼らは海賊だもんねぇ!と興奮。

乗組員が白兵戦時に着る装甲服は、なんとな~くボトムズを連想したのは私だけ?

アニメ同様、ハーロックはプライベートルームでミーメと酒を飲んでますが、
一度でいいから、ラフな服装に着替えたハーロックが酒を楽しんでいる姿を拝んでみたかったです。永遠の希望です。

今回、まさかの泣かされ所は、ヤマ兄弟と幼馴染のナミの関係。良かったです、本当に良い盛り込み方でした。

パンフも良かったですよん。ページ数もたっぷりあるし、メカデザインも細かく乗ってるし。


しかし!!! ケイはもちろん、男性のヤマまで細過ぎだよ!!!
ヤマにまでくびれは必要なのだろうか? 私はそんな男性、魅力的に思えない。
ケイのウエストは、ぷちんと上下にちぎれそう、怖い…。

この作品、3Dでみたら真っ暗でよくわかんなかったろうなぁ…。
J・キャメロン監督が絶賛してたらしいですが、そ、そう?
顔のアップはとてもリアルで素晴らしかったけど、全体になって早く動いたりすると、やっぱりカクカク…なんかこう、背骨が無いっていうか、肉の重みが移動してないっていうか……モンスターズインク初めディズニー作品のようなデフォルメキャラはカクカク感は目立たないけど、実写かと見間違える程のリアルなキャラでは敏捷に動かすのは難しいのでは?
なんだかアクションゲームを大画面で観ているような…と思いましたが…。(辛口失礼)


さて…ここからは更にうう~んな感想。激しくネタバレですので、ご注意ください。

**********************************

●ダークマターとアルカディア号
この不思議なエネルギーのおかげで、アルカディア号はどんなに攻撃されても自動修復するので、修繕員とか不要です。まるで生物の皮膚のように内側から綺麗に復元していく様は……ううう~ん……。
初めはごく普通の戦艦だったのに、ダークマターのせいで姿を変えて行き現在のアルカディア号になったという設定だが、船首の髑髏から一直線に甲板を走る突起が何やら背骨に見えてくる。少々グロイ。

●ダークマターとハーロックの年齢
この無限エネルギーのせい(おかげ?)で、ハーロックは不老不死らしい。すでに百年は生きているそうだ。私のハーロック様が何だか妖怪になってしまったようで悲しかった。
しかもラスト、ダークマターを解放してしまったアルカディア号は、浦島太郎状態になるのかと思いきや…別にハーロックは白骨化しないどころか、寿命が尽きることもなく、いつも通りに喋っていた……。解らない!!!

●ダークマターとミーメ
宇宙で唯一、ダークマターを利用した機関を操れる種族の最後の一人。経緯があってハーロックとアルカディア号に身も心も捧げている酒が主食の異星人なのは変わらない。

ハーロックの個室で晩酌をする仲。
チープな恋愛感情を乗せる気はないけれど、でも、クライマックスでハーロックに「仕事を頼みたい(台詞うろ覚え)」と言われた彼女が、向き合うハーロックの頬にそっと手を伸ばして触れるのは……。

やっぱ、好きなんじゃないの?! と激しく疑ってしまいました。
好きでもいいじゃん、こんだけカッコ良くて強くて、命の恩人なんだし。

彼が頼んだ仕事は『ダークマター機関の解放=ミーメの消失』で、ハーロックの頬に触れた次の瞬間、宙に浮いた彼女はキラキラ光りながら消えてしまう。

じゃ、今のは別れの? 最後に触れて行ったの? 
と思ったら、ハーロックったら冷たい! 言葉も掛けず、触れ返しもせず……。
手ぐらいいいじゃん! 本当はハグして欲しいとこだけど、頬にある彼女の手を握ってやるぐらいしてよ! ああ、本当にもう、硬派過ぎよハーロック……と、軽く怒りと諦め(でも好き)を感じながら観ていたら……

ミーメ、空間から何事もなかったかのように現れて、ハーロックを引き継ぎそうな勢いのヤマの横に立っちゃって。
今度は若いヤマに乗り換え……? ハーロックの意思を継ぐ者に永遠に協力するって事なんでしょうけど、ううう~ん……。

********************************

とまぁ色々と吠えましたが、でもハーロック様は本当にカッコ良かったので、スタッフの方々、感謝します。
エンドロールが終わった最後のスクリーンに、松本零士氏の描いたハーロックが浮かぶの、これは嬉しかった!

最後に…上の写真の海賊認定カードにあるシリアルナンバーで当たるとゲットできるお宝の中に、一般人が当たったらどうしようかと思うコスプレ一式があります…。カツラからブーツまで本当に豪華なセット。
しかもジャストフィット身長がすごい。
ミーメ 180cm ハーロック 190cm ……限りなく活用度低し




拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
 
関連記事
web拍手 by FC2
12:13 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

篠玲ひゅーひゅー♪

2013/09/20
なんだかんだ言われてますし、相変わらず玲も肘鉄とかしてますが、
でもでもこのツーショットはどうよ!!!!!なシーンを見つけました!

過酷な任務中、意識を失う瞬間に玲の顔が浮かぶ篠原くん。
昏睡の彼に付き添う玲。病室を抜け出した彼を探し当てた玲。
そしてここっすよ、篠原くんは窓から甲板を見ていて、その視線の先には玲のコスモゼロのカタパルト。

「おまえ……あそこから飛び立ってんのな……」

それを見てたんかい! 玲のコト考えてたんかい!
しかも本人に言うって、これは告白ですか?!

この後、二人は、それぞれが大事に思っている山本明生さんのことについて会話して、
ちょっと沈黙したあと、窓外に広がる星の海を見つめながら

「私たち、大マゼランまで来たんだね」
「ああ、来たんだ」

(私はここで一度、萌え過ぎて倒れました)
もちろん、私たちとは、ヤマトクルー全員のことではありますが!
そんなこと、私も分かってますが!

こーゆーシーン(二人だけでちょっとしたプライベートな話をしちゃうとか、志の途中経過をしみじみ喜ぶとか)を体験しちゃうと、急に距離って縮まりますよね。
今まで、そんなに意識したことのない人でも、こんなふうなシチュを経験しちゃうと、
「ふ~ん、こーゆーやつだったんだ…」とか意識し始めちゃう。
何とも思ってない芸能人だったのに夢を見たのを機にファンになっちゃうのと似てるかしら?
うーん、夢よりは、確実な感情の変化かな。過ごした時間は現実だもんね。

さあ、玲! 篠さんの隣は安心できるとか温かいとか思うんだ!
そして、その場所を欲しがるんだ―――――!!!!

やっぱりこの二人はお似合いの、くっつくのが超自然な流れの、じれあま公式カップルでしょう!
じれあま……、あぁいい響き……。

今、萌え吠えた流れが入るかどうかは未定ですが、10/27初売り目指して薄い本頑張ってます!



拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

関連記事
web拍手 by FC2
11:11 宇宙戦艦ヤマト | コメント(2) | トラックバック(0)

満丸満月2013

2013/09/19
中秋の名月、真ん丸になる満丸時刻は20時13分。
今夜は晴天でしたので、よく見えました!
毎年ある十五夜ですが、完全にまんまるになるのは、毎年ではないそうです。
次回の真ん丸満月は八年後ですって。
その夜も晴れて、見られると良いなぁ。
関連記事
web拍手 by FC2
22:36 無限に広がる大宇宙 | コメント(0) | トラックバック(0)

E-1 & HISAKI

2013/09/16
9月14日(土)14時、イプシロンロケット試験機は内之浦宇宙空間観測所から見事に打ち上がりました。
20130914e.jpg
私はスポ少のお茶当番(T.T) iphoneのフリーズしがちな画面で何とかその瞬間を見届けることが出来ました。お茶当番相棒と一緒にグラウンドで。嬉しかったです。
上の発射シーンを、ロケットに付いてるカメラ目線で見ると↓
201309162.jpg

201309163.jpgこの迫力ある動画が、抜粋されて
動画サイトにありました。
ほんの数分です。
http://youtu.be/Zz-jZFILLrI


イプシロンは空を駆け抜けること1時間1分39秒、託されていた人工衛星を、約束した軌道へ届けました。


その48分後、衛星SPRINT-A の翼・太陽電池パドル(SAP)が正常に開かれた事が受信データで確認できると、いよいよ一人前の衛星として『ひさき』と命名されました。


名前の由来(JAXA公式発表)
①内之浦の地名である「火崎」(津代半島の先端部の岬)
★内之浦で最初に朝日が当たる場所であり、内之浦の新しい夜明けの象徴
★内之浦の漁師が漁の安全を祈願する場所であり、
               内之浦を旅立つ船の安全な航行の象徴
★突端であり、衛星形状のイメージとも合致

②観測対象が、太陽(ひ)の先(さき)

「ひ」の先ときいて「“ふ”か」と言うようなアホはうちの夫(怒)



「ひさき」は、宇宙望遠鏡だそうです!
両隣の金星や火星、ちょっと遠くの木星などを、地球を回りながら遠隔観測する人工衛星だそうですよ。
s_a1.jpg






















この直立不動の姿勢でイプシロンの頭に乗ってました。
両脇には翼が畳まれていて可愛いですね! それが宇宙空間で
展開すると、
s_a2.jpg
惑星分光観測衛星『ひさき』の誕生です。
任務は一年間(設計寿命)、来年には大仕事が待ってます。

頑張ってね、ひさき!

そしてイプシロン1号機…今は海の中、どうぞ安らかに。お疲れ様。

全画像JAXAより

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます★

関連記事
web拍手 by FC2
22:22 無限に広がる大宇宙 | コメント(1) | トラックバック(0)

飛べ!E-1!

2013/09/13
某2199で、雪がさらわれて、立場とか責任とかで動けなかった古代君が「自分にできることをするしかない、それは君を守ることだ」とやっと吹っ切れて、救出に向かう愛機コスモゼロのコクピットで「飛べ!ゼロ!」と言ったシーンがとっても素敵だったもんですから引用。説明長っ。

イプシロンの打ち上げが決まりました。明日、14日土曜日、時刻は前回と同じ13:45。
んが!私はスポ少野球の試合のお茶当番で、パブリックビューイングどころか、PCにかじりつくこともできません!!!うまいこといけたら、iphoneで動画を…難しいけど……

応援の気持ちを込めて、前回、地球観測センターで頂いてきた、イプシロンのペーパークラフトを作成。



曲面なので、あんがい糊付けが難しかったです。やっと完成。
我が家に新型ロケットが3機も!豪華~~~☆

201309132.jpg

 向かって左から わたし 次男  娘。
次男のは姿勢が目視で分かるほど傾いている!これでは打ち上がらん!
手前の赤い筒が、ま、赤ですから、発射炎だそうです。炎の筒を、本体底部のノズルに突っ込んで、イプシロンへの応援の気持ちを乗せて思い切り吹きます!

201309033.jpg

iphone、連写機能ないもんで、飛んだ瞬間は撮れませんでしたorz
明日もこんな風に、真っ青な空へ飛んでいくんだもんね!
頑張ってね、イプシロン! 任務達成の時がお別れの時で切ないけれど、それでもしっかり応援してるよ!


そして…関東地方は、いえ、埼玉県は……私のいるところは、曇りでありますように…。
もう日差しはいらな~い;;; 真っ黒だよ、シミだらけだよ~~~(><)

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

関連記事
web拍手 by FC2
17:45 無限に広がる大宇宙 | コメント(5) | トラックバック(0)

奇跡の惑星 33話 拍手レス

2013/09/12

ジョーと行ったツーリングで持ち帰った野の花、ウインターコスモスを
自分のカウンターにも一輪挿しに挿して飾るリリです。
何を思い出して頬を染めているのでしょうねぇ。にやにや。

リリの頭のシルエットが、どこかの戦艦の航空隊の紅一点みたいだな…とか
気付いても知らんぷりしていてください。

ヤマト本に本腰入れなきゃな時期ですが、奇跡の惑星も落とさないよん!
この二人も、今やっと、ようやくここまで来たか……!なところなので、気が抜けないっス。

いつも拍手やお立ち寄り、本当にありがとうございます。

ありがたいメッセージへのお返事を畳みました、遅くなってしまって申し訳ありませんでした;;;
>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
18:53 別棟・奇跡の惑星 創作小説 | コメント(0) | トラックバック(0)

篠原弘樹副隊長

2013/09/10

薄い篠玲本に向けて絶賛練習中。うう難しいぜ。似てくれない。もっとタレ目なんだ。
そして、黒目どこいった? なんでそんな存在感なくなってるの???
私は彼の髪を、ずっと渋い抹茶色だと思ってたんだけど(↑塗っちゃったよ)
パンフ見たら違ってた、じぇじぇ???
なんつーの、オリーブブラウン?ココアブラウン?
ま、とにかく茶は茶でも、抹茶じゃなかったわ。すまん、篠原君。
そうよね、こんな緑がかってちゃ、海草を連想しちゃうわよね。わかめ?とろろ?

彼はロンゲにまつ毛びっしりのたれ目で長身のハンサムキャラです。
おまけに、女性に対してもスマートで優しい。
そう、朴念仁の位置にいる主役とは全く違います。(ごめんね古代君)

当然モテオでしょうに、嫌味がありません。
設定資料集によると『外見や言動からは軽い感じに見えるが、芯は一本筋が通った青年』とあります。
この時点で女性は「きゅん!」ではないでしょうか!!(え?私だけ?)

荒くれ集団の航空隊員たちに、蹴られて凹んだロッカーの扉や、殴られて穴が開いた壁などを、「ま、いろいろあるよね。うっぷんも溜まるよな」と言いながら(セリフは妄想)修繕しているのは彼のようです(ここは多分、公式設定)
いい青年でしょう? ヤマト航空隊の副隊長で凄腕パイロット。
練習しまーす!!!


ちょっといたずらしたバージョンを畳みました。
宜しかったらどうぞ……


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
17:57 宇宙戦艦ヤマト | コメント(2) | トラックバック(0)

飯ビー絵とは…

2013/09/09

先月、コミケという空間で夢のような時間をご一緒した、飯ビー作家のきりんさん。
彼女がpixivで「お誕生日おめでとう企画」みたいなものを掲げてらしたので、こそっとお祝い。

萌えギャラリーの『捧げ物』にUPしました。
サイトに動きがあったのは久しぶりです…すみませんです……;;;


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2
02:30 別館・ベジブル二次創作 | コメント(0) | トラックバック(0)

考察・守と薫と真田さん

2013/09/05

パンフ・フルコンプ。パンフは超キレイです。観て眺めて美しく、更には資料としての価値も十分あります。
大人買いで収納ボックスもゲットしました。あーもーヤマトは本当に特別なんです。すべての始まりなんです。

 小学生だった夏休みにやっていた再放送。衝撃的にはまりました。それからは本当に来る日も来る日もヤマトの事ばかり考え、理解もできないのにアインシュタインの相対性理論や天文学の本を買ったり、とにかく絵を描きまくり、サントラを聴きまくり、当時はビデオレコーダーなんてなかったので、カセットテープに番組を録音して繰り返しそれを聞きました。セリフもSEも丸覚え、雪の声マネなんて得意でした。

 あの頃は、古代君と雪が憧れのカップルで(心の夫は加藤君でしたが)、それはそれは胸きゅんきゅんでした。

 さて、本日、二回目の2199最終章鑑賞になんとか成功。色々と落ち着いて観られました。
まず、あまり後列ではなく真ン中に席を取り、スクリーンを大きく感じて観てみましたら、絵の美しさに改めて驚きました。特に!コスモファルコン達のしなやかな動き!本当に素晴らしかった。

 そして、展開を全てを知ってから観てみると…。
最終章の古代君は良かったですよ、雪を失った虚無感や、泣き台詞は本当にぐっときました!良かったよ!

 ただ、歳をを取ったからなのか、私の中では主役はもう、古代君ではなくなってました。
2199だから…というのももちろんありますが、とにかく『守と新見さんと真田さん』、ここへスターシャが絡んでの恋模様と、もう一つはデスラーの悲恋。この二軸に尽きました。本当にもう涙涙涙。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。
畳みますが、カテゴリからいらっしゃると、畳まれておらずモロ出しの時があるようなので………



>>続きを読む・・・
関連記事
web拍手 by FC2
20:03 宇宙戦艦ヤマト | コメント(2) | トラックバック(0)

頑張れイプシロン!

2013/09/03

8月27日は、真っ青な夏空で本当に最高の打ち上げ日和でした。
私は、実母とチビどもを連れて、隣町の地球観測センターのパブリックビューイングで打ち上げを観ようと、お弁当持参でるんるん出かけました。
見慣れたH-2の打ち上げだと、10秒前にはものすごい炎がお尻から出て、白煙もブワ~ッと出るのですが、イプシロンはし~んとしてて「まぁ、新型は静かなのね…?」と見てました。この時すでに、自動停止していたんですね。
「ドキドキする!」と言って、私の手を握りながらカウントしていた次男が、ゼロ!と言っても不動のイプシロンを見て、きょとんと私を振り返りました。



8月30日のJAXA公式発表によりますと……

地上の「ロケットを見張る監視装置」は、いろいろな数値を厳しく設定。

で、今回、何がひっかかかってしまったかと言うと、

<ロケット側>自分の姿勢の計算開始時刻 より

<地上の監視装置側>データを受ける時刻 の設定が早かった。

その差0.07秒。

でも監視装置はその0.07秒の間に「ロケットからデータが来ないぞ? 異常発生だ!」と判断、「自動停止!」実施。という事らしいのです。



というわけで、原因は二つ、

①【異常データ→即座に自動停止】を厳しく設定していた。

②【ロケット→地上】の、時間のズレに配慮できていなかった。

さて、①に関しては、見事に合格ですよね!素晴らしいです!
なので、今後は②を修正すれば良いのです。




ただ、タイミングがとても残念でした。
夏休み、せっかく集まった大勢の子供たちに打ち上げを見せてあげたかった。
ロケットの爆音や白煙や地響きや、それらから受け取るはずだった様々な感動を味わわせてあげたかった。
「ロケットが打ち上がる」、非日常的な光景を、ドーンと見せてあげたかった。

初めての時には色々ある。大人は分る。待てる。

宇宙開発の未来を背負う子供たちに、見せてあげたかったなぁ…、しかし!
しかし子らよ、宇宙開発とは、こーゆーものなのだ!

頑張ってJAXA!応援してます!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

関連記事
web拍手 by FC2
19:17 無限に広がる大宇宙 | コメント(0) | トラックバック(0)

『風立ちぬ』-映画感想-

2013/09/02
風立ちぬ、今は秋~♪ウソ
監督・脚本・原作:宮崎駿  音楽:久石譲  配給:東宝  公式サイト

色々な特番やら予告やらですっかり気分も高まり、先に観た友人などの「良かったよ」との感想も勢いになり、子供には難しいかも…との躊躇も捨て、チビども連れて観てきましたが。

ごめんなさい。私には感動の波は来なかったです。
もう好みだから仕方ないですね。
私だって、一生懸命、理解しようと頑張ったんですが……。

それでも良かった事は、
二郎さんの上司、黒川さんはとっても素敵なキャラでした!大好きになりました。
黒川さんの奥さんも良かったですねぇ!黒川夫婦は良かったです。
同期でライバルの本庄さんも良かったです。素敵でした。奥方、観たかったです。
人の声で効果音を…というのは、飛行機の音は温かみがって、アナログな感じがとってもぴったりと思いました。
地鳴りとか、機関車の蒸気音とか、良かったです。


以下、愚痴になりますので、この作品が大好きな方はスルーして下さい。


*********************************

●私が一番感じたのは「作りたいように作った。分かる人だけ分かってくれればいい」…です。
もちろん、作りたいように作るのは当たり前なんですが……。あまりに強引じゃないでしょうか。
結果、とても不親切ではなかったでしょうか。
楽しみにしていただけに残念です。

●主役の二郎さんのセリフの棒読みに、百歩譲っても感情移入できなかったです。
イメージが固定されているプロの声優を使うのは嫌なのでしょうが、イメージの固定されていない声優さんだって大勢います。どうしても声優起用がお嫌なら、せめて演技心のある俳優さんにしてほしい。今まではそうしてらしたのに。「素人っぽさが生きてる仕上がり」と「素人の棒読み」は違います。素晴らしいセリフも伝わらない。セリフの内容を伝える訓練をしていない人には無理です。当たり前です。内容を受け取り楽しむために客はお金を払って行くのに、あれはひどいです。

●夢と現実の区別が付きにくい……どうせ夢なんでしょう?と思ってると現実だったり。特にチビ達には難解だったようです。「子供向けじゃないんだよ」という事ですか。

*ラスト、結局いつなのか、そしてジブリ作品の特徴・童顔の二郎さんが、セリフ回しで表現できてないので何歳ぐらいなのかがまったく分からず…。時代を生き抜いた重みも無く……。




*********************************



大泣きしているらしく、タオルを顔に押し当てて、席を立てない娘さんもいました。
受け取り方は千差万別ですね。
私の中では、ラピュタと千尋を抜く作品は、まだ出ませんなぁ……。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。



関連記事
web拍手 by FC2
23:10 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |