Latest Entries

『ALL YOU NEED IS KILL』-映画感想-

かっけー!
監督:ダグ・リーマン  原作:桜坂洋  
脚本:クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース
配給:ワーナー・ブラザース映画

キャッチコピーがすごいです。
「最強の敵から世界を救うのは…死んだ数だけ強くなる男」
「戦う。死ぬ。目覚める。戦う。死ぬ。目覚める。」
「強い女が男を変える」
「何回死んでも、彼女を守って、世界を救え!」

日本人の書いた小説をハリウッドが映画化しかもトム・クルーズ主演。
これはもうきっと私好みだろう!と思いましたが、大当たり。
本当に面白かったです。

主役は何度も生き返って戦う訳ですが…。
初めは「私は実戦には向いていない、軍の広報係です」と逃げ出す始末。
否応なく最前線に送り出された彼は、案の定敵(エイリアンですが)にやられて戦死するんですが、
ある理由によって、彼は何度死んでも、過去の同じ瞬間で目覚めます。
その生き返りというか、タイムスリップというか、∞ループに気付いた彼は、
唯一同じ境遇の女性戦士と共に少しずつ未来へと進みます。

まず、トムがだんだんとエリート戦士に成長していく様がカッコイイです。
でもそれは、気の遠くなるループを繰り返して来たわけで、
その過程を思うと絶望しそうになります。

きっと彼も何度ももう終わらせたいと絶望したに違いないですが、
自分では終わらせることが出来ないループ。
死んでも死んでも、絶対にあの瞬間で目覚めてしまう。
そしてまた一からやり直し。人間関係の築き直し、あの上陸戦のやり直し。

もう、本当に面白かったです。
残念ながら日本ではあまり長くかけて貰えなかったようですが、
DVDになったら絶対にコレクションしたい作品です。

予断ですが、ヒロインのエミリー・ブラントンさんは、ちょっとだけ私の大好きな元宝ジェンヌの蘭寿とむ様に似ておられました。

こちらが原作のSFライトノベライズです。
 
スーパーダッシュ文庫バージョン と JUMP j BOOKSバージョン(……エヴァ?)

そしてコミック化されたもの。
 
どうやら原作は若い日本人と少女兵士のようです。それを漫画化しているのでこの絵柄のようです。
全て集英社。 ※画像をクリックするとAmazonへ飛びます


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。


関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

守りたかったもの 第121話より

……ブルマ……
なんかひたすら、Zと先週の改と今日の改を見比べてしまいましたが…もちろん、王子渾身の瞬間をです…。
改はZを細かくカットしているだけじゃなく、前後させたりして繋げてもいるんですよね。
改だけ見てれば気付かない程度なんですが、順番が違うだけで効果が半減したり倍増したりと感じています。

先週の終わりで、自らの力の解放で生まれた光の中に浮かび上がった王子が、その全身をのけぞらせ力を出し切って真っ白に発光してゆくワンカットが、ものすごくツボです。
白く消えて行くのね…眩い塊になって、何物も寄せ付けない、何色も混ざる事の出来ない光。
王子の光。同じシーンをなぞっていても、今日の改にそれはなかったです。
なので先週のそのシーンをリピート。へへへ。かっけー。

全てを出し尽くした王子は石化して砕け散ってしまいますよね。
「え?石?人間は石にはならないでしょ」と若かりし頃は固い頭で思っていましたが、今は理解できます。
文字通り、命を燃やし切ったんですよね。
王子だった有機物は、愛する者のために持ち得るすべてを使い切って無機物になってしまたんですね……。

もう、ピッコロの「ベジータの気が完全に消えた」とか、悟空の「ベジータの気がねえ…!」とか、『消えた』『ない』という言葉がめっちゃ怖いです。

さて、ブルマの苦悩シーンがやっと出て来ましたね。
前回も「違うだろう!」と吠えた、あの呑気な表情と台詞の後です。
Zのブルマは事の重大さをちゃんと認識して武道会場で気絶していました(彼女にしてみればぶっちゃけ、被害者がたくさん出た事よりも、ベジータがそんな事をした事実こそが大問題だっちゅうの)が改の彼女にそれは無し。
会場で呑気に溜息を付いた後、いきなり今日の深刻具合です。う~ん。繋がらんよ。

そして…この、二人の絆の強さが現れている『ベジータの最期を感じるシーン』は、原作が一番ですね。
たったの2コマで緊迫感と愛が伝わりますもの。


ベジブル、最高だよね……


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆



関連記事

テーマ:ドラゴンボール - ジャンル:アニメ・コミック

web拍手 by FC2

『マレフィセント』-映画感想-


最終日の最終回に滑り込んで観て来ました。予告を観た時から、もう観たくて観たくて、でもチビどもが夏休みに突入でチャンスがなくて。

アンジーの圧倒的な美しさにやられっぱなしでした。
美しくて強くて哀しくて…でも温かくて、そして……

公式サイトで王様を「手段を選ばない強欲さ」みたいに紹介しているのをちらりと見てしまったので(いや、公式サイトなんだから知ってもいい情報だよね)、本編観てて展開が読めまくってしまいました。
「え!?」なところは一つもなく。
でも、いいです、大好きな展開で楽しめました。

イバラがはびこったり、糸車の針の呪いが発動したり、魔女側にドラゴンがいて戦ったり(アニメでは魔女が化けた)おなじみのアニメの展開と同じ道を辿って行くんだけど、その経緯が全く違ってて、切ないったらなかったです。

アンジー、素敵でした!
角、私も欲しい。でも形と色がどうしたって妖精より悪魔的だよね。
翼、リアルだったけど背中から生えてる感は残念ながら無かったな。飛行シーンもあの翼で飛んでるとは思えず。
なんでだろ、あんなにリアルだったのに。

そしてカラスの下僕!イケメン下部!いーよねー!ふふふ、マレフィセントとの関係もバランス良かったよ。

なのにヒロイン!
ディズニープリンセスの中でもクールビューティーな女性のはずのオーロラ。
キュートだけどビューティではなかったよね?
太い眉と丸い輪郭と鼻ぺちゃのせいだと思うよ。
一昨年のスノーホワイトの白雪姫とチェンジすればいいんじゃない?

ストーリーは子供には難しいかな。退屈しちゃうかな。でも私は楽しめました。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。

関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

『STAND BY ME ドラえもん』-映画感想-

しずかちゃん!!!
監督:八木竜一/山崎貴  原作:藤子・F・不二雄  脚本:山崎貴  配給:東宝

最初に…私は「ドラえもん」という作品を好きじゃないです…;;
理由はね、のび太のあんまりにもな情け無さと他力本願さと、
それを結局は甘やかし続けているドラえもん。です。

なのに何故わざわざ観たかと言いますと、我が家では私以外全員がドラえもん大好きな上に、
この作品は山崎貴監督作品だったからです。

まあ、相変わらずののび太&ドラえもんでしたが、
タケコプターでの夜空の飛行シーンと、未来の街の飛行シーン、
タイムマシンでの移動シーンなど、それはそれは素晴らしかったです。
2Dでしたが迫力満点さすが白組!

そして…!何より儲け物だったのは、可愛いしずかちゃん!
いやぁ~、本当に可愛かった!!!
普段「ねえねえ、なんでしずかちゃんはいつも男の子とばかり仲良くしてるの?女友達いないの?実は男好きなんじゃないの?」と斜に構えて見ているわたくしですが、このしずかちゃんはそんなの許せちゃうくらい可愛かった!

つくづく、こんなに可愛いしずかちゃんがのび太のお嫁さんになるなんて解せないわ…と思いましたが、青年のび太は少年のび太より常識人になっていて安心しました。妻夫木君のセリフ棒読み具合が逆にいい味出してるような気がしました。

今から14年後…世界はあんなにSFチックにはなっていないよね。
なってたら素敵だけど。
ただ、立ち並ぶ未来都市のビルの広告が「TOYOTA」と「Panasonic」ばっかりだったのが笑えました。他にも小ネタがちりばめられていて、見つけると楽しいです。
なんだかんだと楽しめました、てへぺろ。

↓初のCG映画を完全絵本化!
VISUAL STORY 小学館
※画像をクリックするとAmazonへ飛びます


余談ですが、山崎監督の経歴に「三丁目の夕日」や「永遠の0」と一緒になぜヤマトが出ないのでしょう?
監督、ヤマトは名作です、オリジナルヤマトファンの私も大好きな作品です!ぜひ連ねて下さい!!


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます。


関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

2014 LAST Super Moon


携帯カメラで撮ってもスーパーさは残せませんね;;;
でも、今夜のこのスーパーっぷりは次回は20年後だとか。
お義母さんと娘の、女三代で眺めました。娘は「兎の耳が見える」と言ってました。

今年の夏は自然災害に日本列島が襲われました。
「全ての人に幸せな日々を」
スーパーな月だから、きっと力もスーパー。

今年は3回もスーパームーンを見ることが出来ましたが、来年からは年1回になるようです。

まだ見ていない方は、夜空を仰いで見て下さい~。


拍手、メッセージ、お立ち寄り、ありがとうございます。

関連記事
web拍手 by FC2

『思い出のマーニー』-映画感想-

140702000037-1.jpg
監督:米林宏昌  原作:ジョーン・G・ロビンソン「思い出のマーニー」  
脚本:丹波圭子/安藤雅司/米林宏昌  配給:東宝

良かったです!!!
マーニーの不思議ちゃんオーラがとてもステキで可愛くて切なかった。
このポスターと言い、キャッチコピーと言い、何となく違う方面へ想像を掻き立てられていました。
でも、作品の最初の方から随所に散りばめられていた伏線の数々。
それはほとんどが絵で画面の中に入り込んでいたのですが、私はちゃんとそれに気づいておりましたとも!

何を言ってもネタバレになってしまうので畳みます。
とにかくストーリーが素晴らしかった。そして絵と、音楽と。

ただ、アンナの母、松嶋菜々子さんである必要が分らない…
絵とちぐはぐに若い声、若いセリフ回し。
声だけの演技のプロである声優を使わない、このこだわりがジブリの残念なところ。
合ってればいいんだけどさ。エボシ御前の田中裕子さんとか、モロの君の三輪彰浩さんとか、ハウルのキムタクとかソフィアの倍賞千恵子さんとか、各名作のおばあ様方とかね。

さてこちらが原作小説。
岩波少年文庫



2015年度カレンダー        ロマンアルバム(アニメージュ発行)         ビジュアルガイド(スタジオジブリ発行)


ジ・アート・オブ思い出のマーニー            絵コンテ全集         種田洋平展オフィシャルガイド


楽譜各種    ピアノピース      ミニアルバム「思い出のマーニー」    ミニアルバム サウンドトラックより

書籍のご紹介だけでもこんなに…しかも一部です。さすがジブリ……!!!
※画像をクリックするとAmazonへ飛びます


折り畳み記事ですが、スマホ版からだと畳まれていないんですね。
記事の頭を下げますけれど、ネタバレしているので充分ご注意くださいね!

では、拍手・メッセージ・お立ち寄り、いつもありがとうございますm(__)m

続きを読む »

関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

恩情 第120話より

もう…音楽が素敵過ぎる…セル編の時にパクリだ何だで問題があったようですが、ブウ編はどうなの?
まだブウ編のサントラは販売されてないようですが…セル編の時の音楽を使ってるんでしょうか?
何と言われようと私は改の音楽、大歓迎です、大好きです。
今回も殊、王子のシーンは、厳か&強靭な、なんつーかもー、あーーー!!!って音楽ばかりでしたよね。

死を覚悟した王子とピッコロのアイコンタクトがカッコ良すぎマスタ。(泣)

サイヤ人の王子でも、一児の父になると「おじちゃん」と呼ばれてしまう、そしてそれを許しているのがステキ。
そうそう、私はベジータが、カカロットの息子をちゃんと名前で認識していて呼ぶのが好きです。やっぱりこの辺もすっかり“悪くない生活”なんでしょうね。誰一人としてもう変なあだ名で呼んでいない。その変化こそ、彼が悪くない気分だった証拠ですもんね。

母子家庭だった悟天は「悟空や悟飯は死んじまったのか」というクリリンの言葉に「兄ちゃんは死ぬもんか!」と反応する、それが何とも言えないです。悟空はこの時点でも死んでますけど、悟天の心配はずっと一緒に暮らしていた悟飯兄ちゃんなんですね。可愛い…(TT)

今回は…もう私は何かを描くなんて余白はない程、完璧なシーンだったので絵は描けませんでした。
でも、あの瞬間、王子がこんな事思ってくれてらいいなぁと思いながら、ちょっとだけへなちょこ文章を書いてみました。
お付き合い下さると嬉しいです。


******************************

霞む視界の青空の向こうにピッコロが浮いている。
魔道士バビディを始末したようだ。
残るは魔人ブウだけとなった。
トランクスたちに不意打ちを食らい地平線の彼方でひっくり返っているが、最強で不死身の魔人はすぐに起き上がり、反撃に出て来るだろう。

何も言わずにこちらを向いて浮いているピッコロを見上げて、ベジータは静かに、しかし確実に意識をひとつに形作って行く。


――魔人を倒すのは、オレだ。
   オレの役目だ。
   倒し方は、分った。


最終戦を頭でシュミレーションしながら、胸の内に慣れ知った温かな塊がふわりとほころんだ。
もう二度と味わう事のできない温もり。


――非難の叫びを上げるだろうか。
   こんな戦い方で消えて行くオレをなじるだろうか。
   クソ生意気で、恐れ知らずの、勝気な口調。
   それとも、その赤い唇を震わせ、
   この星のような、この空のような青い瞳を揺らせてしまうだろうか………


強く決意した胸に小さな棘がチクリと刺さったような痛みを覚えたが、ベジータはこぶしを握って痛みを押しやった。


――いいや、しかし、おまえは一人ではない。


「トランクス…………
ブルマを……ママを大切にしろよ………」


――大丈夫、このオレ様の息子だ。サイヤ人の王家の血を引く立派な息子だ。
   おまえをしっかり守ってくれる。


突然の父親の抱擁に照れる息子をベジータはそっと抱き、幼いながらに鍛えられた頼もしい肉体と、小さな背中や可愛らしい体温をぎゅっと瞬時に味わった。

ベジータとブルマで生み出した、小さな生命。
かつてここにベジータが存在して、ブルマと家族を成していた証し。

これからの戦いは、それを守るためなのだ。
そして戦法はこれしか有り得ない。


――結局カカロットと決着をつけることは叶わなかったが、悪くない人生だった。
   そんな事よりもブルマ……オレはおまえを守る……守ってみせる…!
  
   さらばだ
   ブルマ…トランクス……そして…カカロット…… 


まるで世界中の色を奪ってしまうかのような閃光を背後から受けて、ピッコロとクリリンは振り向いた。
眩しい光の巨大なドームが、遥か後方の戦場に出現していた。
その光の源はベジータであると容易にわかる。
光はあっという間に天まで包み込むほど膨れ上がり、二人が今まで体験したことのない大きくて強い気が充満したと思った瞬間、大地と大気を激しく振動させて光は炸裂した。

かつて感じた事のない、巨大で強く、そして恩情に満ちた気は……その持ち主の放った光の終息とともに霧散して、もう地上のどこにも、宇宙のどこにも、欠片さえも、感じ取る事はできなかった。

                                         -終-
******************************


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆



関連記事

テーマ:ドラゴンボール - ジャンル:アニメ・コミック

web拍手 by FC2

『ルパン三世』実写2014-映画感想-

ルパンルパ~ン♪
監督:北村龍平  原作:モンキー・パンチ  脚本:水嶋力也  配給:東宝

このブログでも散々、勝手キャスティングをしたりしていましたが、
結局、希望外の配役(当然ですが)で実現してみると、それはそれで楽しめました。

どんな作品の実写化も、製作サイドは本気で製作してらっしゃると思いますが、
今回はその本気度に、私も同調できた…という事なのだと思います。

まず、あり得ないと思っていた小栗ルパンは、予告の段階で「素晴らしい!」と絶賛していました。
細さ、セリフ回し、表情、素晴らしかったです。衣装もね!
「ルパンだよ、ありゃルパンだ!」の一言です。
実際「ルパンってあんな青年なんだろうな」とリアルでした。
もみあげがない事にも、終盤まで気付かない程、他が完ぺきでした。

小栗さん曰く「自然とあの喋り方になっていた」そうですが、
そうですとも、ルパンはあの口調ですよね。

その点で非常に、非常に残念だったのがとっつぁんでした。
「ルパ~~~~ン」と叫んでいる時もただのおっさんだったし、
タイ警察相手に説明する時の低音の凄みもなく、ただのヨボヨボの日本人刑事だったし、
なんかもうね、浅野さんは大好きな俳優さんだけどね、とっつぁんじゃなかったよ。
やっぱり阿部ちゃんだったら…!!!!
普通の会話でもきっと、低音でばりばりととっつぁん節を回してくれたに違いない。
あああ、ばかばか!!!!

ルパンとは逆に、予告でがっかりしたのはメイサ不二子でしたが、
(「ごめんねルパン」のセリフ回しがとても健康的で元気でカラッとしてたから。
不二子は「ごめんねぇ~、ルパァン?」と、シナと彩と粘りと湿度がなくちゃね!?)
でもまぁ、映画の中で動くメイサ不二子は、モンキー・パンチ氏の漫画から飛び出して来たようなビジュアルで、
昭和の美女って感じがぷんぷんしてて、そこは不二子として成立しておりましたね。
パンチ氏も「不二子そのもの」と絶賛したらしいので間違いないです。
巷では、ボリュームが少ないと嘆いている男性が多いようですが、綺麗な谷間を拝めましたよ。
経産婦のボディーラインとは思えない、羨ましい。

玉鉄次元は、まあ、渋くて良かったんですが、目をあんなに見せてて良かったんですかね?
何となく次元の目は、見えたらラッキーみたいなもんだと思ってたので;

綾野五右ェ門は………あははは、ごめん。
日本人が日本人の役をやってるのに、なんであんなに作り物感が出ちゃうんだ!
ヅラのせいなんだろうな。ああ、ヅラって本当に難しいのね。
いかにもぼてっと被ってます的な、ぼそっと重そうな、およそ風になんて靡かなさそうな……。
それに五右ェ門にしてはチビでしたね。
私はルパンファミリーで一番五右ェ門が好きなんですが、彼が一番背が高いのよ!?
だからね、この時点で綾野君はNGなんだよ。
もっと切れ長の鋭い目つきのげっそりした感じの長身の俳優さん……ああ…。

お話は子供には難しいです。小学生のチビどもを引率して行きましたが…ヤツラ内容分ってない。
ところどころ、ストーリに関係のないギャグなどで笑っていたり、ただスリル満点の潜入シーンにドキドキしてたり、そんなもんでした。
そして、私知らなかったんですが、吹き替え版だったんですね!!!
アフレコシーンは、本当に気持ち悪かったです。
メイサ不二子とか、声だけになるととたんに演技力が落ちますし、話してる相手役は声優さんが演じてるので、その差が聞くに堪えません;
やっぱり、専門的な勉強をした声優さんの演技は確かですね!

これからご覧になるご予定の方、プレミアム上映(字幕版)があるならぜひそちらをお奨めします!
私ももう一度観直そうかと思いましたが、少しの期間限定上映でムリでした;
DVDになったらぜひ、英語を喋るルパンを観たいと思います!

ネタバレになりそうな吠えを三発、畳みます。

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます~。

映画「ルパン三世」オフィシャルブック
※画像をクリックするとAmazonへ飛びます

続きを読む »

関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

web拍手 by FC2

神々しい光 第119話より

カッコ良すぎる
ブウに対じした王子が覇気を解放するシーンが失神しそうな程神々しい…ぐすん。
なぜぐすんなのか…は、この時の王子の心にものすごく大きな強い愛があるからです TT
でも、上の絵を描く時、ブルマを入れようとは思わなかったんです、う~ん…。
ここは漢の背中を堪能する……でもこの背中に家族を背負っているのは間違いないので、
この背中は破壊王子であり、父であり夫である背中なのね。すてき。

Zと見比べてみましたが…改は細かくちょんちょん切って地味に尺を短くして喜ばしいですが、
それによって一話の「続く」の場所も変わって来ていて、
改の先週の終わり方は無いんです。
先週のあの神々しい純白の光と音楽に鳥肌立っていたので、それがZにはなくて残念でした。
がうえに、改めて「改」ありがとう!!!

先週私が引っ掛かっていた「カカロット…」という呟きは、Zだと呟く前に空を仰いだりするカットが入っていて、
やっぱり万感の思いを込めて振り向いての「カカロット…」でした。
うんもう。アニメはとにかく、ベジータのカカロットへの思いを画像化し過ぎな気がしてはらはらしちゃいます。
………ベジブラーにあるまじき想像をしやすいじゃないですか。

さて、いよいよですね…。王子を画面で拝めるのは再来週までかなぁ…

拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございます☆





関連記事

テーマ:ドラゴンボール - ジャンル:アニメ・コミック

web拍手 by FC2

«  | ホーム |  »

★お知らせ★

 

ベジブル二次創作は
超感想のブログも含め
活動休止しています
別館ベジブルサイトは閉じませんが
更新はお休みです
詳しくはこちらの記事をご覧下さい
長年に渡りのご支援
心から感謝しています
ありがとうございました

 

ブログ内キーワード検索

 

 

カテゴリ 一

最近のひとりごと♪

☆営業中☆

 

本館 オリジナル少女漫画サイト シトロン・パーティ

別棟 オリジナル恋愛小説サイト

別館 ドラゴンボール
ベジブル二次創作サイト ベジブル・パーティ
開店休業中です



 

イベント状況

 


★ありがとうございました!★





【DRAGON SOULS 2~龍魂~再臨!!】



 

すくすくユマリア

管理人

 

柚月なごみ(冬至)

Author:柚月なごみ(冬至)
★感情ダダ漏れのイヌ科
★漫画(恋愛要素必須)を
 読むのも描くのも大好き!
★ゲーム系は激しく初心者
ベジブル二次創作
うたの☆プリンスさま♪
  マイ・プリンスはレン!
  …と藍ちゃん、嶺二、那月
TIGER&BUNNY
  虎鉄LOVE (そして兎虎。×虎兎)
初代・宇宙戦艦ヤマトこそが
 敬愛する作品だと再認識;
(2199では篠玲限定萌)
★大3♂・中2♂・中1♀ 育児中
同人活動用TwitterID:
CITRONMOON753

****最近の悩み****
★読書時間が取れない
★Twitterでほぼ幽霊
★絵画の技量が減退の一途 
★体重が増加の一途 Help!

 

地味に活動しています

 









 

頂いたコメント&レス

 

 

小さくても出来ることを

 

支援したい被災地に届きます
*不要になった本・CD・DVD・ゲームを寄贈すると、その金額が寄付金になって被災地を支援できます



 

ご訪問者様

 



 

スタッフオンリー

 



 

メールはこちらで

 

フォームへ
クリックするとフォーム画面になります


 

絶賛応援中

 

うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret

 

同人誌自家通販

 管理人が運営している3サークルの
自家通販 受付フォームです
本の内容確認リンクを設置しました
どうぞご利用ください

発送はメール便ですが
それ以外にご希望があれば
お申し込み時にお書き添えください


CITRON MOON 発行
宇宙戦艦ヤマト2199篠玲本

『恋する惑星』





『Heartbeet Lullaby』




ご購入→CITRON MOON 通販
内容確認→当ブログ内のヤマトカテゴリで

***************************

VegeBul Party 発行

『Shooting Star』





『ラブストーリーは突然に』
青空カーペット様との合同誌
(未成年者はご購入できません)





『Happy Birthday』



ご購入→VegeBul Party 通販
内容確認→別館 同人誌紹介ぺ―ジ

***************************

Citron Party 発行

『月降りる花の森 3巻』



『月降りる花の森 2巻』



『月降りる花の森 1巻』


ご購入→Citron Party 通販
内容確認→本館Comicページ




 

■DBステキサイト様

■ステキサイト・ブログ様

■宇宙戦艦ヤマト素敵blog様

月別アーカイブ

 

 

QRコード

 

QR