12345678910111213141516171819202122232425262728
2016-04-06 (Wed)
僕だけがいない街
ところどころ、ネタバレになっていると思うのでお気を付け下さい。
原作未読です。
時間跳躍物は大好きですが、ちょっとでも「ん?それは矛盾してない?」な箇所を見つけてしまうと一気に冷めてしまうので、予備知識のない分、一か八か的な気分で挑みました。
時間超え現象にも、タイムスリップ、タイムトリップ、タイムトラベル、タイムリープ、etc ありますが、この作品はタイムリバイバル〝再上映″だそうです。
何度も同じ時間が巻き戻る「リバイバル」--------。
同じ時間が繰り返される話のマイベストはトム・クルーズの『オール・ユー・ニード・イズ・キル』と、世にも奇妙な物語の『昨日公園』です。
しかし『オール・ユー…』は肉体ごと過去に飛ぶのに対して、
『僕だけが…』は時間を超えるのは精神だけ。
『オール…』『昨日…』は、戻って来てしまう場所(時間)がいつも同じでしたし、
『オール・ユー…』の方は、跳躍が発動するのも〝自分が死んでしまった瞬間″と、分かりやすく決まってました。

『僕だけが…』は、戻る場所もリバイバルが発動する条件も一見して決まりは無いように思いましたが、「主人公が〝悲劇だ″と感じる出来事が起こる時に発動し、主人公の納得の行く結果に辿り着くまでリバイバルは繰り返される」のかな。
主人公の人生に何ら関わりの無い交通事故さえも「知ってしまったからには見過ごせない、出来ることなら助けてあげたい」という好意だけでリバイバルは発動し、主人公は交通事故の被害を自分的に最小限にし、自分的に納得するまで時間の巻き戻しは起こってしまう。リバイバルはいつでも自由に操れるわけではなさそうでした。
今までも、彼は人知れずたくさんの〝悲劇″をなかった事にして来たようです。
あとは、全編に渡り、過去に戻った彼がやり直した事の結果でどう変わって行くのかをドキドキ楽しみました。

鑑賞後、案の定、残った疑問は「子供時代に戻る事は、その時代の自分の身体を乗っ取って動く事」だとすると、これから起こるはずの悲劇を未然に防ぎ現代へ意識が戻ってきた時、さっきまで意識を乗っ取られて動いていた子供の自分はどうなってるんだろう?という事です。
大人の自分に乗っ取られていた事を理解しているのだろうか?その時、本物の自分の意識はどうなっていたのか?
(前出しの『オール・ユー……』は、過去に戻ると、二度と現代へは戻れず(というか、現代の自分は死んでいるので)そこから後はずっとその時代で生きて行きます。〝その時代のもう一人の自分″の存在は無いのです)

〝過去をいじると未来(現在)が変わる″らしいので、過去から戻るたびに自分の現在の暮らしぶりが変わっている。自分がさっきまでいた10歳から後の19年間、どんな風に過ごして今になったのか知らないなんて、とても怖いし、残念ですよね。
病院のベッドで目ざめた時に枕元にいた大人の彼女、てっきり結婚したのかと思ってうるっとしかけたのに(°_°)
あんな思いをして助けた彼女だったのに、結婚には至らなかったんですね、リアルですね:::

子役が愛らしかったです!
おとくちゃんのCMで、すっかりファンになった鈴木梨央ちゃん!可愛い、お芝居も上手!
私が唯一落涙したのは、彼女の声で流れた作文でした。
主人公の小学生版の子役、中川翼くん、イケメンだなぁー!めちゃめちゃイケメン!お芝居も良かったよ!


さてさて、何様承知で超辛口で申しますと………。
中身(意識)は現在の29歳の大人、
セリフはまあ、小難しい単語使ったりすれば、見た目年齢と中身年齢の違和感は表現できる。
残念なのは仕草。やっぱり子供の可愛い仕草なの。ご飯を食べる時のお箸使いとか、教室で着席する時とか、大人のスマートさがなく、コロコロと可愛いわけです。あはは、仕方ないけどさ。

原作の漫画、アニメ、そしてこの実写映画、結末はいろいろあるのかな?
他のを知りませんが、映画のこの終わり方、私はイヤダ~~~~~~~~~!!!!!
納得も共感もできなかったので涙も出ませんでした……。好みの問題ですけどね。
それと、警察から追われる身になってしまったのって、あれ、無理ないですかね…
あの瞬間に「ヤバイ、オレが犯人だと疑われる」って何で思っちゃったの?
「部屋から飛び出して行った奴を追ってたんです」って言えば済んだんじゃないの?だめ?
重箱の隅ばかりでごめんなさい……;;;;何様発言でした。


関連記事
web拍手 | 映画感想 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する