123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-08-15 (Tue)
無事に脱稿もしましたし、世間はお盆休み突入で子供らの部活もないので、
渋滞と人ごみをなるべく避け近場へ行楽に出かけました。

秩父へ向かい、結果、橋立鍾乳洞~浦山ダム~武甲温泉 という行程になりました。

まず鍾乳洞。

入場券にある写真は、鍾乳洞入り口前にある、秩父霊場34ヶ所巡りの札所28番・石龍山橋立堂です。
鍾乳洞内を無事に回れるよう参拝しやした。

私は鍾乳洞スキー(と言ってもまだ3ヶ所しか潜っていませんが)、子供たちに地下のひんやりとした空気と悠久の時を感じてほしくて、鍾乳洞初体験に連れ出したんですが………
いやはやこの橋立鍾乳洞は縦型で、ほとんどアスレチック要素しかありませんでした…www

入り口は看板さす方へ20mほど石段を下ります。す
ひんやり涼しかったのは入った直後だけ、中腰で進む洞窟内ですぐに汗ばみ、上着とか全く不要でした。
この中を約30m上るんですよ!坂や石段、ハシゴを上ってね!
出て来る人たちの息が切れてたわけですよ。
鍾乳石とか柱とかあることはあるけど、眺めるような広さは無いしね、う~ん、お安いからそれなり?でした。中学生以上200円!
撮影禁止だったので写真なっしんです。



そのすぐ近くにそびえていたダムに気付き、寄り道しました。
浦山ダムです。

ダムから遠く離れた地域に住んでいる私は、ダムの知識もなければ、ダムの存在を深く考えたことすらありませんでしたが、

自分の生活していた場所が湖の中に沈まなくてはならないとは、どんな事なのか…



車を停めて、ダムの内部に入ることができます。

中に入って階段で地下1階まで下り、
そこからエレベーターで約1分で156mのダムの上へ行けます。
そこから放流側と貯水湖(秩父さくら湖)側の景色が眺められます。
資料館などもありダムのことを学べます。
ダムには構造上の種類があることなど、そう言えばそうだったわね!と気付くことたくさん。てへぺろ。


また、エレベーターで地下1階まで下り、地上1階までの階段を上がる帰路。

壁には地域の文化などを紹介したパネルが飾ってあり、
湖に沈んでしまった滝や吊り橋の写真がありました。



秩父・道の駅で食したソフトクリーム黒ごまミックスはたいへん美味でした。

「あの花」と「ここさけ」がすごかったです…
次男はあの花グッズを買っていました(´⊙ω⊙`)




この後、有名な秩父の武甲温泉へ。

天然 単純硫黄温泉で、露天風呂は2つとサイトにありましたが、どう見渡してもひとつだけで、熱めでした。
内湯は大きいのがひとつで部分的にジェットになっていて、他は小さな炭酸風呂と、小さめの水風呂。サウナ。
外にも洗い場があって、夏はイイ!
更衣室から出られるウッドデッキもあって、火照った体を冷ますのにちょうど良く(まあ、灰皿があったので喫煙所なわけですが)裸足の足裏に木の感触がめちゃくちゃ気持ち良かったです。
昔ながらの大広間は自由に休めて、一眠りしているヤングなグループもいました。いいですねぇ。
荒川一座の舞台は、この日はなかったです(´ω`)

残念なのは、ふわ雪のかき氷(阿左美冷蔵さんの氷を使ったかき氷)が食べられなかったこと。
いつかリベンジを心に誓う。

近場でありながら、楽しい一日でした。





関連記事
web拍手 | 主婦日記 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する