2009_02
27
(Fri)20:42

「きみにしか聞こえない」-映画感想-

kiminisikakikoenai.jpg
監督:荻島達也  脚本:金杉弘子   原作:乙一   配給:ザナドゥー   公式サイト


療養中、回復期にDVDで観ました。設定は、もろに『イルマーレ』でした。
耳の不自由な青年と、内気で孤独な少女が、心の声で電話し合うのですが…

おもちゃの携帯は必要だったのでしょうか?公園に落ちていたおもちゃの携帯を拾った少女は、それを家に持ち帰ってしまうのです。
「え?」と違和感ありました。
原作ではこのエピソードないようなんですが、必要あったんでしょうか????
心の声で会話できるきっかけなんだろうけれど、落し物をパクル…という少女に、気持ち引いてしまいました…。

ファンタジー物は、その設定に主人公達が驚いたり疑ったり、困惑をしたり…な状況を、自然に受け入れられるように運ぶのが命だと私は思うのです。
…なかったなぁ…。
コンビニで今出版されてる週刊誌をお互いチェックして納得しちゃってただけで。
もったいないと思うんだけど。こんなすごい状況をもっともっと盛り上げて楽しんで欲しい。
「ちょっと変わった秘密を二人で共有してる」だけじゃなくて。

まず、心の電話なんてできたら、その人に会って確かめたいって思うよ。
なんでそれがすんごい後なの。
まずそう思って、でも「遠距離だからなかなか実現できない」でいいじゃない。
後半で、やっと実現できるってコトで更に盛り上がれるのに。
彼の世界が彼女の世界より1時間遅れてる…ってワケも、あれのためだけかぁ~と。
なかなか気付けない私ですら、途中で読めてしまいました。

久しぶりに何様発言してますが、りこちゃんは本当に美しい娘さんでした。
美人とは彼女のような人のコトかと。
小出くんも絵に描いたような爽やか青年、ぴったりでした。
八千草薫のおばあちゃんとのシーンは微笑ましく、切なく、泣けました。
難しいね、表現するって。とひしひし感じました。


拍手御礼
いつもポチッとありがとうございます!


関連記事
web拍手 by FC2

C.O.M.M.E.N.T

【みこ姐さん】へ
うわわ、ごめん、まだ観てない人もいるよね。
ああ、でも、これならネタバレしてないので…と思う、思いたい。すまん。
つか、早いトコ観たってや~。

2009/03/06 (Fri) 14:56 | なごみ #zax3RNBI | URL | 編集 | 返信

これってドリカムが主題歌を歌ってたやつかな?
私観てないんだけど、なるほどぉ~。

2009/02/28 (Sat) 10:44 | みこ姐 #iL.3UmOo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック