12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-11-16 (Sat)
私が夢のイベント参加で興奮していた週末、仕事仲間の I 代ちゃんは、台風にもめげずに御友人と出雲大社へ行きました。
で後日、お土産だよ~んと頂いたのがが、このぜんざい餅です。いかにも出雲大社らしい、双白の水引きで閉じられた外袋。すでに私の心を鷲掴み。

事前チェックしてなかった土産物だったけれど、一目で「柚月にはたまらないだろう」と思ったそうで。ええ、I 代ちゃん、KOですわ;小豆と餅の組わせとは!
zennzaimoti2.jpg
少しの焦げがアクセントになっている餅肌はもちもちと。あんこはお上品な甘さ。
美味にございます~~~~~。(某大奥のお毒見風)
調べたらあちこちで紹介されてました。サイトはこちら→『坂根屋』さん
和菓子スキーには天国のようなお店です。

全国の神様が集まっている10月にお参りできた I 代ちゃん、御利益の程を気にしていましたが、
私も独身時代に一度、女友達と参拝に行ったことがあって、当時の彼氏とは別れたけれど、その後に現夫と巡り逢い結婚して幸せなので、結果オーライという事で御利益はあったと思うのよ。と、太鼓判を押しておきました。
(でも I 代ちゃん、遠くには嫁がないでね。寂しくなっちゃうから)
「愛はやがてすたる」とすでに悟ったような事を言いながらも縁結びの神様を参拝する…乙女心は複雑ね、I 代ちゃん。

神在月の出雲大社は、やはりとても神秘的な空気だったそうです…う~ん、素敵…。
八王子の高尾の御山も絶対に天狗がいそうな空気ですが、出雲の国も神がかりな空気の溢れる場所なんですね。


拍手・メッセージ・お立ち寄り、ありがとうございますです!!!

関連記事
web拍手 | 主婦日記 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する